米・世界最大級の自然の橋「レインボーブリッジ」へ!「レイクパウエル」ボートツアー

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

米・世界最大級の自然の橋「レインボーブリッジ」へ!「レイクパウエル」ボートツアー

米・世界最大級の自然の橋「レインボーブリッジ」へ!「レイクパウエル」ボートツアー

更新日:2018/08/06 18:25

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

米・ユタ州とアリゾナ州の州境に、レイクパウエルという巨大な湖があります。レイクパウエル周辺には、オレンジ色やピンク色のサンドストーンで出来た不思議な景観が広がっていますが、中でも必見なのが、世界最大級の自然の橋「レインボーブリッジ」です。今回は、レインボーブリッジを訪れるボートツアーとレイクパウエルの魅力をご紹介します。

不思議な地形が次から次へと現れる!片道2時間半の船旅

不思議な地形が次から次へと現れる!片道2時間半の船旅

写真:高田 真美

地図を見る

世界最大級の自然の橋「レインボーブリッジ (Rainbow Bridge)」へは、陸からのアクセスが困難なため、ユタ州とアリゾナ州の州境にまたがる湖「レイクパウエル (Lake Powell)」のワーウィープ・マリーナ (Wahweap Marina)から出航するボートツアーに参加して水路経由で訪れるのが一般的です。

ワーウィープ・マリーナからレインボーブリッジまでは、片道2時間半の船の旅。映画『猿の惑星』のロケ地としても知られるレイクパウエル周辺には、不思議な形をした丘や岩が聳え立っています。レインボーブリッジへと向かう船上からは、正に、地球上のものとは思えないような地形が次々と現れ、2時間半飽きることがありません。

目前に迫るパステルカラーのサンドストーンの壁!

目前に迫るパステルカラーのサンドストーンの壁!

写真:高田 真美

地図を見る

レインボーブリッジの近くまでやってくると、ボートは速度を落とし、狭い峡谷の中へと進んでいきます。峡谷の両岸に聳え立つのは、淡いピンク色とオレンジ色のパステルカラーでに彩られたサンドストーンの岩壁。大自然の静寂の中、目の前に迫る岩壁の間をすり抜けながら、レインボーブリッジへと向けてボートは進みます。

秘境感溢れるレインボーブリッジまでのハイキング

秘境感溢れるレインボーブリッジまでのハイキング

写真:高田 真美

地図を見る

約2時間半のクルーズを終えてレインボーブリッジの船着場に到着すると、そこからは徒歩でレインボーブリッジへと向かいます。船着場からレインボーブリッジまでは2キロ弱。きちんと整備された平坦なウォーキングトラックが続いていますので、簡単に歩くことができますが、晴れると日差しがかなり強くなりますので、必ず水を持って出かけるようにしましょう!

レインボーブリッジは、高さ約88メートル、幅84メートルという、世界最大級の自然に出来た岩の橋です。現在では米国の国定記念物に指定されており、多くの観光客が訪れる場所となっていますが、レインボーブリッジは、雲と虹と雨の形成を司る神の象徴として、アメリカ先住民のナバホ族にとっては大変神聖な場所です。レインボーブリッジの間近まで近づくことはできますが、レインボーブリッジの下をくぐり抜けてはいけないことになっています。

レインボーブリッジまでのハイキングを終えた後は、再びボートに乗ってワーウィープ・マリーナへと戻ります。

レイクパウエル周辺の見所「アンテロープキャニオン」

レイクパウエル周辺の見所「アンテロープキャニオン」

写真:高田 真美

地図を見る

レイクパウエル周辺には、レインボーブリッジの他にも数々の見所があります。その中でも特におすすめしたいのが「アンテロープキャニオン (Antelope Canyon)」です。長い年月をかけて鉄砲水と風による浸食で形成されたアンテロープキャニオンは正に自然の芸術。渓谷の中に一歩足を踏み入れると、そこにはこの世のものとは思えないほどの美しい景観が広がっています。

アンテロープキャニオンには、「アッパー・アンテロープキャニオン (Upper Antelope Canyon)」と「ローワー・アンテロープキャニオン (Lower Antelope Canyon)」という2つのアクセスポイントがあり、双方ともナバホ族により管理されています。アッパーのほうが谷底が広いため歩きやすく一般的には人気がありますが、入り組んだ狭い渓谷の中を歩くローワーにはアッパーにはない魅力もあります。足元が不安な方はアッパーを、アドベンチャー気分を味わいたい方はローワーを選ぶと良いでしょう。

レイクパウエル周辺の見所「ホースシューベンド」

レイクパウエル周辺の見所「ホースシューベンド」

写真:高田 真美

地図を見る

レイクパウエル周辺の見所として、もう一つおすすめしたいのが「ホースシューベンド (Horseshoe Bend)」です。ハイウェイ沿いの駐車場に車を停めて、砂地を1キロ程歩くと、突然目の前に「ホースシューベンド」の絶景が現れます。レイクパウエルから流れ出すコロラド川が馬蹄型に蛇行した場所に出来上がった何とも壮大な景色!高い崖の上から覗き込むようにして見るのですが、柵も何もありませんので、うっかりと足を滑らせて転落しないように注意してくださいね。

最後に

レインボーブリッジを訪れるボートツアーは、大変人気がありますので、事前にウェブサイトから予約を入れておきましょう。ツアーの所要時間は約6〜7時間となりますので、レイクパウエル近辺で最低1泊する必要があります。レイクパウエルのワーウィープ・マリーナにある「レイクパウエルリゾート (Lake Powell Resort)」か、レイクパウエル湖畔の町ペイジ (Page) にある宿泊施設を選ぶと良いでしょう。

日本からレイクパウエルを訪れる場合は、ネバダ州のラスベガスもしくはアリゾナ州のフェニックスから車で移動することになります。レイクパウエルのあるユタ州南部からアリゾナ州北部にかけては、グランドキャニオンやモニュメントバレーなど、数々の国立公園や見所が点在していますので、是非それらの観光スポットと組み合わせて、アメリカ西部の大自然を満喫してみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -