美術館に仙台七夕?「かまぼこの国 笹かま館」は食と文化のアミューズメントパーク!

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

美術館に仙台七夕?「かまぼこの国 笹かま館」は食と文化のアミューズメントパーク!

美術館に仙台七夕?「かまぼこの国 笹かま館」は食と文化のアミューズメントパーク!

更新日:2016/11/02 16:00

加藤 雅のプロフィール写真 加藤 雅 「上質なお宿」トラベラー、グルメトラベラー

東北仙台で有名な食べ物と言えば笹かまぼこ。その笹かまぼこを生産&直売しているのが「かまぼこの国 笹かま館」です。白身魚が蒲鉾になるまでの工場見学が出来るのは勿論のこと、何と祭り期間だけしか見ることが出来なかった豪華絢爛な仙台七夕、切り絵で有名な藤城清治氏の作品も無料で見学可能!
食と文化のアミューズメントパークに出かけましょう。

ノスタルジックな「藤城清治のメルヘンサロン」

ノスタルジックな「藤城清治のメルヘンサロン」

写真:加藤 雅

地図を見る

食と文化のアミューズメントパーク「かまぼこの国 笹かま館」は、大きく4つのゾーンに分かれています。藤城清治のメルヘンサロン、七夕ミュージアム、笹かま工場見学&体験、そして宮城の食レストランです。

それではまず「藤城清治のメルヘンサロン」から案内しましょう。
藤城清治氏は紫綬褒章を受章した切り絵作家で、数千点に及ぶ作品は国内の美術館を始め、数多くの施設で展示されています。カミソリと数百色のカラーフィルターを操り、こびとや猫などの愛らしいモチーフを用いて童話の世界や緻密な風景を表現します。このミュージアムでも幅が15m、2300匹の魚がに回遊する“巨大壁画”を始め、数々の作品を鑑賞することが出来ます。

藤城清治氏の作品は夢や憧れを醸しながら、何処かノスタルジックな幻想世界も繰り広げる独特の世界観があります。
3.11大震災の生々しい傷跡を表現した「明日への喜び」や「悲しくも美しい平和への遺産」の原爆ドームも決して陰鬱ではなく、希望を見出せるやすらぎの作品となっています。また全体の照明を落としているので、落ち着いてゆったり見入る方も多いゾーンです。
このミュージアムが工場に併設しているとは思えないほど、憩い空間となっています。

あの豪華絢爛な「仙台七夕」を常設展示!

あの豪華絢爛な「仙台七夕」を常設展示!

写真:加藤 雅

地図を見る

工場に隣接している「七夕ミュージアム」も大きな魅力の一つです。
毎年盛夏に行われる仙台七夕は、豪華絢爛な祭りとして全国的に有名です。青森のねぶたや秋田の竿灯などもちょうど同じ時期に開催するので、見逃してしまった方も多くいると思います。
仙台七夕が行われるのは毎年8月6日〜8日の僅か3日間だけ。季節を問わず、いつ仙台を訪れても七夕まつりの魅力を伝えられるように、初めて七夕飾りを常設展示したのが「七夕ミュージアム」です。

館内には金賞を獲得した優美な七夕飾りや現代的な作風の飾りも展示されています。高さが10mにもになる七夕飾りは真下からも真上からも鑑賞可能。思わず感嘆の声があがるほどの豪華な飾りが一年中間近で見られるのは嬉しいことですね。

また伊達家の藩政期や明治・大正時代の七夕飾りも再現。貴重な七夕飾りを見て触ることもできます。また現在のまつりではほとんど見られなくなった紐を引いて人形を動かす仙台固有の七夕飾り「仙台仕掛けもの」も常時展示。ゆっくり館内を巡ることで、いつの間にか七夕の歴史も学べる知的空間になっています。

手焼きであつあつ「笹かま作り体験」

手焼きであつあつ「笹かま作り体験」

写真:加藤 雅

地図を見る

最後に紹介するのが笹かま工場見学&体験のかまぼこハウスです。かまぼこの国キャラクターのぷくちゃんたちがお出迎えするコーナーで、笹かま工場の見学やレストラン、笹かまぼこづくりの体験コーナー等を揃えています。
丁寧なガイドさん付きの工場見学では、白身魚がどういった製造工程でかまぼこになっていくのか、その手順を詳しく学ぶことが出来ます。面白いのが工場の製法をそのままミニチュアサイズで再現した「笹かまぼこミニ工場」。小さな笹かまが出来上がり、最後はもちろん無料で試食可能!

また笹かま体験教室では、自分だけの笹かま作りが体験できます。自分で型取りをし、手焼きした笹かまぼこはあつあつで香ばしくて格別の味わい。手作りのワクワク感を楽しめます。

宮城の食満載の食事処

宮城の食満載の食事処

写真:加藤 雅

地図を見る

「かまぼこの国 笹かま館」には食事処が2つあるのも魅力。2F「政宗公乃食卓」でのお勧めは政宗御膳。仙台湾で獲れた旬魚のお造り、仙台なす煮浸し、松島湾の焼き穴子、豆ご飯、そして竹蒸しの笹かまぼこなど、まさに宮城の食ワールド!

他にも笹かまと並ぶ仙台名物、厚切り牛タン定食などもいただけます。
1Fの「ふくちゃんキッチン」ではリーズナブルな料理やケーキセットが好評です。笹かまが入った山菜そばや笹かまバーガーは何とワンコイン!パンの中に笹かまが入っているのでユニーク食感。食べる楽しみも満載な「かまぼこの国 笹かま館」です。

宮城が全て詰まったような「食と文化のアミューズメントパーク」

「かまぼこの国 笹かま館」は、これ以外にもアルミや真鍮を打ち出して作品を創る造形作家の井村隆氏の作品も盛り沢山。ハンドルを回せば羽や尾びれがパタパタ動くユニークな造形の魚や海鳥たちは大人も子供も興味津々!

もちろん宮城の名産品の数々を集めたお土産コーナーや、レトロな昭和時代の店舗を再現した懐かしい笹かまコーナーもあります。
食と文化のアミューズメントパーク。家族揃って出掛けてみてはどうでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ