米国ボストンを訪れるなら人気の史跡巡り「フリーダムトレイル」を歩こう

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

米国ボストンを訪れるなら人気の史跡巡り「フリーダムトレイル」を歩こう

米国ボストンを訪れるなら人気の史跡巡り「フリーダムトレイル」を歩こう

更新日:2017/09/27 15:35

ナカヤ アキのプロフィール写真 ナカヤ アキ

ボストンはアメリカの独立に深くかかわる古都。アメリカで最も歴史深い街として観光客を魅了し続けています。ボストンの魅力を堪能するなら「フリーダムトレイル」の散策がおすすめ。

ボストンコモンから始まるこの「フリーダムトレイル」はダウンタウンやケンブリッジ、チャールズタウンに点在する歴史名所を巡る約4キロの遊歩道です。四季ごとに美しい街並みを楽しみながら、アメリカの歴史に浸ってみませんか?

フリーダムトレイルって何?

フリーダムトレイルって何?

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

フリーダムトレイルには以下の16のアメリカ独立革命に紐づく歴史的スポットが点在します。ボストンコモンからバンカーヒル記念塔を結ぶ約4キロの道のりですが、時間をかけて歴史を学びたいなら半日くらいかけて回るのがおすすめ。興味のあるスポットばかりまわったり、テーマを決めてまわったり、エリアごとに分けてまわると効率よく史跡巡りができますよ。

〜フリーダムトレイル〜
• ボストンコモン
• マサチューセッツ州会議事堂
• パークストリート教会
• グラナリー墓地
• キングス・チャペル
• キングス・チャペル墓地
• ベンジャミン・フランクリンの銅像
• オールドコーナー書店
• オールドサウス集会場
• 旧マサチューセッツ州会議事堂
• ボストン虐殺地跡
• ファニエル・ホールとクインシー・マーケット
• ポール・リビアの家
• オールドノース教会
• コンスティテューション号
• バンカーヒル記念塔

16の史跡のうち特に人気の高い4箇所をご紹介します。(写真はファニエル・ホール)

ボストンコモン

ボストンコモン

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

フリーダムトレイルの出発点「ボストンコモン」。ボストンのシンボルともいえる公園です。四季折々に美しい景色が広がるボストンコモンは、散歩やスポーツ、ピクニックを楽しむのに最適です。

アメリカに移住してきた清教徒たちがここで集会を開いていたことで知られています。植民地時代は軍隊の訓練場として革命戦争の際にはイギリス軍の野営地として利用され、当時の面影がうかがえるスポットが園内に点在します。

また、ボストンを舞台とする多くの映画に登場し、撮影スポットで同じポーズで記念撮影をする映画ファンも見かけます。

ポール・リビアの家

ポール・リビアの家

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

独立革命の立役者のひとりのポール・リビア。激戦地レキシントンへ馬を走らせ、ボストンコモンのイギリス軍の様子を独立軍のハンコックやアダムズに伝えたことで知られています。ボストンのイタリア人街ノースエンドにある切妻屋根が目印の小さな2階建ての家の中には、リビアが生活していた当時のまま保存されています。

この家にリビア一家が30年間ほど暮らしていたとされ、ボストン最古の家屋と言われています。

オールドサウス集会場

オールドサウス集会場

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

デパートやショップが軒を連ねる、ワシントンストリートとミルクストリートの交差点にある集会場。1729年に清教徒の教会として建立されたが、植民地指導者だったアダムス、オーティス、ハンコックの3名を中心に激論を交わしあった場所として有名で、独立戦争の前哨戦となったボストン茶会事件の発端になった歴史的スポットです。

バンカーヒル記念塔

バンカーヒル記念塔

写真:ナカヤ アキ

地図を見る

アメリカ独立の際、激戦の舞台となったバンカーヒルにある記念塔。フリーダムトレイルの終点でもあります。

1827年から17年の歳月をかけて建てられた高さ約67mの記念塔には展望台があり、内部に設けられた階段で登ることができます。博物館が併設され、アメリカ独立の歴史やバンカーヒルの戦いについての解説、戦いを再現したジオラマなどもあり、当時の様子を顧みることができます。また、記念塔周辺ではこの戦いに因んだイベントも開催されます。

いかがでしたか?

ボストンを訪れたらアメリカを歴史的視点で見て回る人気のフリーダムトレイルのごく一部をご紹介しました。楽しんでいただけると幸いです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2004/08/01−2004/08/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -