大阪観光の意外な穴場!梅田の無料空中庭園×癒しのスポット

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大阪観光の意外な穴場!梅田の無料空中庭園×癒しのスポット

大阪観光の意外な穴場!梅田の無料空中庭園×癒しのスポット

更新日:2018/05/08 09:38

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

JR大阪駅(大阪ステーションシティ)を中心に、グランフロント大阪やHEP FIVE、大丸梅田店、阪急うめだ本店、梅田スカイビルが並ぶ梅田エリア。大阪観光の中心地であり、大阪限定のスイーツやお菓子など、人気の大阪土産も数多く見つかります。そんな梅田には、実は無料で夜景が楽しめる「空中庭園」や、癒しのスポットがいっぱい。そこで大阪観光で意外に楽しい、梅田の穴場スポットをご紹介。デートにもおすすめです。

無料の空中庭園!グランフロント大阪の「テラスガーデン」/大阪ステーションシティの「和らぎの庭」

無料の空中庭園!グランフロント大阪の「テラスガーデン」/大阪ステーションシティの「和らぎの庭」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

JRや阪急・阪神電車、地下鉄の駅があり、ホテルや百貨店が集まる梅田エリア。関西空港や京都、神戸へのアクセスも良く、関西への観光旅行で便利な西日本最大のターミナル駅です。

ところで写真は、阪急電車の車掌さんになったミッフィーちゃん。「キディランド大阪梅田店」では、関西限定ぬいぐるみも見つかり、癒しのスポット。マルーンカラー(栗色)の制服を着たミッフィーちゃんは、いつもと違って、なんだか大人でエレガントですね。

<キディランド大阪梅田店の基本情報>
住所:大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街北館
電話番号:06 -6372-7701
アクセス:JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄「梅田駅」
営業時間:10時〜21時

無料の空中庭園!グランフロント大阪の「テラスガーデン」/大阪ステーションシティの「和らぎの庭」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

梅田スカイビル(写真右端の高層ビル)の「空中庭園展望台」は有料。しかし、すぐ近くの「グランフロント大阪」には、“テラスガーデン”と呼ばれる無料の「空中庭園」があります。場所は、南館と北館の屋上(9階)。

梅田のデパ地下でスイーツをテイクアウトし、広々した芝生のベンチに座って召し上がるのもおすすめ。ちなみに、写真は洋菓子店「ビスキュイテリエ ブルトンヌ」のガトー・ナンテ。日本全国でも大阪・阪急うめだ本店にしかない焼き菓子です。

<グランフロント大阪の基本情報>
住所:大阪市北区大深町3-1
電話:06-6372-6300
アクセス:JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄「梅田駅」

無料の空中庭園!グランフロント大阪の「テラスガーデン」/大阪ステーションシティの「和らぎの庭」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

無料の「空中庭園」を楽しむのなら、「大阪ステーションシティ」もおすすめ。JR大阪駅をはさむ南北の2棟の高層ビルが「大阪ステーションシティ」です。駅北側の「ノースゲートビルディング」には10階に「和らぎの庭」があり、日本の伝統美が感じられます。梅田スカイビルの眺望を楽しむことができ、白砂の庭園との対比も美しい。

無料で楽しむ空中庭園!大阪ステーションシティの「風の広場」「天空農園」

無料で楽しむ空中庭園!大阪ステーションシティの「風の広場」「天空農園」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「ノースゲートビルディング」の11階には「風の広場」があり、こちらはイングリッシュ・ガーデン風のオシャレな「空中庭園」。バラで囲まれた「バラ時計」や川のせせらぎ、風を感じて揺れるモニュメント(写真右)など、自然の変化を楽しむことができます。たそがれ時も美しく、梅田の夜景が無料で見られる穴場のスポット。

無料で楽しむ空中庭園!大阪ステーションシティの「風の広場」「天空農園」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

さらに穴場の無料「空中庭園」が、「ノースゲートビルディング」の屋上(14階)にある「天空農園」。さきほどの「風の広場」から階段でつながっているのですが、「天空農園」へのアクセスはこの階段だけ。3階分を徒歩で歩く必要があるのですが、だからこそ超穴場。日時計のそばにはベンチもあり、のんびりくつろぐことができます。

無料で楽しむ空中庭園!大阪ステーションシティの「風の広場」「天空農園」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「天空農園」では季節の花々が美しく咲き、ローズマリーやタイム、ミント、ラベンダーなどのハーブが畑に植えられています。イチゴや野菜などの菜園もあり、癒しのスポット。

夜景デートにもおすすめ!大阪ステーションシティの「天空農園」「太陽の広場」「時空の広場」

夜景デートにもおすすめ!大阪ステーションシティの「天空農園」「太陽の広場」「時空の広場」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらは、さきほどの「天空農園」から梅田スカイビルを眺めた風景。夕陽の眺めも素晴らしく、ちょっとした夜景デートにもおすすめ。六甲山を薄い茜色に染めながら日が沈み、梅田スカイビルの「空中庭園展望台」がダイヤモンドリングのように輝き始めます。

夜景デートにもおすすめ!大阪ステーションシティの「天空農園」「太陽の広場」「時空の広場」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

一方、JR大阪駅南側に建つ「サウスゲートビルディング」の15〜17階には「太陽の広場」と呼ばれる無料の「空中庭園」があり、こちらも超穴場のスポット。テイクアウトしたカフェやスイーツを持って、ひなたぼっこを楽しまれてみてはいかがでしょうか?

夜景デートにもおすすめ!大阪ステーションシティの「天空農園」「太陽の広場」「時空の広場」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

JR大阪駅をまたぐ橋上には「時空の広場」という広場もあり、これも無料の「空中庭園」。クリスマスシーズンには天井からヴェール状のイルミネーションがつり下げられ、ファンタジックな世界を楽しむこともできます。

<大阪ステーションシティの基本情報>
住所:大阪府大阪市北区梅田3-1
電話番号:06-6458-0212(大阪ステーションシティ・インフォメーション)
アクセス:JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄「梅田駅」
営業時間:10時〜23時(店舗により異なる)

昭和レトロなグルメ街!梅田スカイビルの「滝見小路」は梅田の穴場スポット

昭和レトロなグルメ街!梅田スカイビルの「滝見小路」は梅田の穴場スポット

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

梅田で穴場の観光スポットが、ビルの地下に広がる昭和レトロな街並み。「梅田スカイビル」の地下1階には「滝見小路」(たきみこうじ)と呼ばれるグルメスポットがあります。日本の古い文化が見られるとあって、外国人観光客にも大人気。写真は、昔懐かしい日本ビクターがロゴマークに使っていた犬。

昭和レトロなグルメ街!梅田スカイビルの「滝見小路」は梅田の穴場スポット

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

レトロな地下レストラン街の「滝見小路」。石畳の小路や京町屋風の格子戸も緻密に再現され、まるで映画の撮影所に紛れ込んだかのよう。串カツやお好み焼き、居酒屋、しゃぶしゃぶ、寿司屋、甘味処など、「食い倒れの街」大阪らしい名店が並びます。

昭和レトロなグルメ街!梅田スカイビルの「滝見小路」は梅田の穴場スポット

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

さらに「滝見小路」でおすすめの穴場スポットが「滝見稲荷社」。ちょっと不気味で、心霊スポット的な雰囲気もかなり魅力的。すぐ隣にはボンプ汲上げ式の井戸や、レトロな郵便局もあり、古き良き日本に戻れる癒しのスポットです。

梅田の癒しの森「中自然の森」/穴場の恋愛成就パワースポット「綱敷天神社 御旅社」

梅田の癒しの森「中自然の森」/穴場の恋愛成就パワースポット「綱敷天神社 御旅社」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「滝見小路」から地上に出ると、瑞々しい森の香り。梅田スカイビルとウェスティンホテルの間には、“中自然の森”と呼ばれる都会のオアシスが広がっています。雑木林や田畑など、日本の原風景「里山」も見られます。

梅田の癒しの森「中自然の森」/穴場の恋愛成就パワースポット「綱敷天神社 御旅社」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

中自然の森では、清流が流れ、緑や水辺空間が広がる癒しのスポット。自然の精霊が感じられ、都会の真ん中にいることを忘れさせてくれます。毎年6月ごろにはホタルが舞う姿を見ることができ、幻想的な蛍の光に癒されます。

<基本情報>
住所:大阪府大阪市北区大淀中1-1 梅田スカイビル地下1階
電話番号:06-6440-3899 (新梅田シティ総合インフォメーションセンター)
アクセス:JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄「梅田駅」
営業時間:11時〜22時(店舗により異なる)

梅田の癒しの森「中自然の森」/穴場の恋愛成就パワースポット「綱敷天神社 御旅社」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後のご紹介は、「綱敷(つなしき)天神社 御旅社」。知る人ぞ知る梅田の超穴場の恋愛パワースポットです。阪急・梅田駅から梅田ロフトに向かう途中にある小さな神社。ビルの2階部分に神社の境内を設け、階段が参道という、都会的な神社です。本殿に菅原道真を祀り、縁結びの神様を祀る玉姫稲荷神社があります。

<基本情報>
住所:大阪府大阪市北区茶屋町12-5
電話番号:06-6371-1586
アクセス:JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄「梅田駅」

おわりに

大阪・梅田の無料空中庭園×癒しのスポットは、いかがだったでしょうか?ご紹介した無料の「空中庭園」は、赤ちゃんや小さなお子さんと一緒に、テイクアウトのサンドイッチやお弁当を持って、楽しく過ごすのもおすすめ。

なお、本文でご紹介した大阪ならではの可愛いお土産や、大阪の観光スポットについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOのリンクからのぞいてみて下さい。

2018年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -