韓国イケメン選手権!麺好きならこれを食べるべし

| 韓国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

韓国イケメン選手権!麺好きならこれを食べるべし

韓国イケメン選手権!麺好きならこれを食べるべし

更新日:2018/09/21 17:43

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

うどん、そば、パスタ、そしてラーメン、日本人は世界でも屈指の麺好きとして知られていますが、お隣の国、韓国人も負けてはいません。日本人にとって『韓国=冷麺』のイメージがあるかもしれませんが、独自の麺文化が発達している韓国でも、とっても麺のバリエーションが豊富なんです。
麺好きのあなた。そんな韓国に今すぐ行くべし。そして、イケメンを食べまくるべし!

麺の代表格カルグクス「韓国風うどん」と言わないで!

麺の代表格カルグクス「韓国風うどん」と言わないで!

写真:やま かづ

韓国麺の代表格といえばカルグクスでしょう。「カル(包丁)」で切った「ククス(麺)」は、日本ではよく「韓国風うどん」と紹介されています。
しかし、ククスのスープは肉系、海鮮系と分かれており、麺はそのスープと一緒に煮込みます。また、具材もお店によって、また地域によってさまざまなバリエーションがありますので、日本に負けないほど豊富なラインナップとなっています。

麺の代表格カルグクス「韓国風うどん」と言わないで!

写真:やま かづ

韓国にはいろいろなカルグクスがありますが、地域性があって、なおかつ韓国全土で人気があるのが、全州が発祥のいわゆる卵とじカルグクスでしょう。卵でとじたスープたっぷりの細麺で、すりエゴマや刻み海苔がたっぷりのっかっています。
例えるなら、鍋料理のシメにうどんを入れて溶き卵でとじる、そんな一杯です。

まだあるカルグクスのバリエーション!

まだあるカルグクスのバリエーション!

写真:やま かづ

韓国麺の代表格カルグクス、そのバリエーションはまだまだあります。
韓国の港町に行くと、よく目にするのがヘムルグクスです。アサリなどの貝類をメインとして、エビやタコなど「へムル(海鮮)」がふんだんに使われている海鮮スープの麺です。飲み過ぎたり食べ過ぎたりした翌日の胃袋にはとってもやさしいんです。

まだあるカルグクスのバリエーション!

写真:やま かづ

こちらも地域性のあるグクスで、その名もコギグクス、済州島の名物です。
「コギ(肉)」のククスで、豚骨ベースのスープにゆで豚肉のスライスがトッピングされています。この説明だけだと、いわゆる豚骨ラーメンを想像してしまいますが、お味のほうは想像以上にあっさりしています。日本のこってり豚骨ラーメンが苦手な人でも、おいしくいただけるかもしれませんよ。

ラーメンといえばインスタント麺でしょ!

ラーメンといえばインスタント麺でしょ!

写真:やま かづ

韓国全土に広がる麺文化ですが、ラミョンといえばインスタントラーメンを指します。
街角にあるお店でラーメンを頼むと出てくるのがこのラミョンで、れっきとしたメニューの一つです。インスタントラーメンの消費量が世界一と言われている韓国、今や国民食で庶民の味です。
お店でラーメンを注文したら、インスタントラーメンが出てきたと言って、決して怒らないでくださいね。

ラーメンといえばインスタント麺でしょ!

写真:やま かづ

インスタントラーメンのラミョンが国民食となっている韓国ですが、お店で出されるバリエーションは豊富で、とにかく好きなものをトッピングしてやれ〜的なものが数多く存在しています。
中でも、チーズトッポッギラミョンは若者に大人気で、スライスチーズ&餅&激辛インスタントラーメンの絶妙なコラボレーションが楽しめます。

中華風が今や韓国の国民的麺に!

中華風が今や韓国の国民的麺に!

写真:やま かづ

中国の麺料理(炸醤麺・ジャージャー麺)が韓国に上陸、韓国の中華街でチャジャンミョンが誕生しました。
甘辛い真っ黒ソースを絡めていただく中華麺で、見た目はグロテスクですが、辛くはなく、コクがあるので病みつきになりそうです。

ちなみに韓国では、2月14日のバレンタインデー、3月14日のホワイトデーで異性に縁のなかった独身者が、4月14日のブラックデーに黒い服に身を包んで食べるのがこのチャジャンミョンです。

中華風が今や韓国の国民的麺に!

写真:やま かづ

ムール貝などの貝類のほかにイカやエビなどの海産物がたっぷり入っているのがチャンポンで、チャジャンミョンとともに韓国麺文化と中国麺文化の融合で生まれた麵です。
スープには唐辛子粉が使われているので、真っ赤でかなり辛いです。食べるには覚悟が必要ですよ。

暑い夏は冷たい麺で!ネンミョンの豊富な種類!

暑い夏は冷たい麺で!ネンミョンの豊富な種類!

写真:やま かづ

「冷麺始めました」なんてポップは出ないけど、気温がどんどん上昇してくると、食べたくなるのがムルネンミョンでしょう。
「ムル(水)」の「ネンミョン(冷麺)」で、スープの入っていないネンミョンとは違うものです。麺のコシがかなり強いので、口に含んだときの食感が独特です。

ちなみに、夏のムルネンミョンもいいですが、寒い冬にオンドル(床暖房)のきいた部屋で焼肉を食べ、シメにムルネンミョン、飲んだ後のラーメンに匹敵するほどおいしいです。

暑い夏は冷たい麺で!ネンミョンの豊富な種類!

写真:やま かづ

冷たいスープに入った麺がお好みなら、コングクスもお勧めです。
豆乳のスープに細い麺を入れた料理で、あっさりとしています。これも韓国料理か〜。「韓国料理=辛い」の図式が頭に入っている人にとって、これは新たな発見かもしれません。

暑い夏は冷たい麺で!ネンミョンの豊富な種類!

写真:やま かづ

こちらはスープのないネンミョンで、チョルミョンです。
「チョル(歯ごたえのある)」麺で、見た目は黄色です。キャベツ、ニンジンなどの千切り野菜やゆで卵をのせて、唐辛子ベースの赤いソースを絡めて食べます。韓国風のサラダスパゲティといった感じでしょうか。スープがないので甘辛さがストレートに来ますが、これぞ韓国ネンミョンの醍醐味でしょう。

麺好き日本人、韓国でイケメンを見つけろ〜!

麺好きを豪語する方、韓国の麵文化にどっぷりとはまってみませんか。きっとあなたに合ったイケメンが見つかるはずです、それも韓国入国後、さほど時間がかからずに身近に。

それでは気をつけて、行ってらっしゃ〜い!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/03−2019/09/04 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -