ピカソ作品の舞台もある、中世街並みが残るバルセロナのゴシック地区

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ピカソ作品の舞台もある、中世街並みが残るバルセロナのゴシック地区

ピカソ作品の舞台もある、中世街並みが残るバルセロナのゴシック地区

更新日:2016/11/07 16:04

濱中 知穂のプロフィール写真 濱中 知穂 トラベルライター

バルセロナ観光では外せない是非行って欲しい場所。ランブラス通りからゴシック地区!ランブラス通りは旧市街地の目ぬき通り。ゴシック地区は、ローマ時代の遺跡がのこり、中世にタイムスリップしたかの様です。「ピカソ美術館」や「サンタ・マリア・ダル・マール教会」だけでなく、迷路のように入組んだ小道にカフェやショップが立ち並び散策だけでも楽しめます。今回はバルセロナのランブラス通りからゴシック地区をご紹介。

バルセロナ市民の台所!サン・ジュセップ市場

バルセロナ市民の台所!サン・ジュセップ市場

写真:濱中 知穂

地図を見る

地元の人からは「ボケリアBoqueria」と呼ばれ、バルセロナ最大の市場です。一日中買い物客で賑わっており、日曜日と祝日はお休み。果物や野菜、魚介類のほかナッツ類や、豚の頭の塩漬けや皮をむかれたウサギなど珍しいものがたくさんで見て回るだけで面白いです。果物やしぼりたてのフルーツジュースを買って、ビタミン補給するのもいいし、生ハムやソーセージは店内にずらりと吊り下げられ、チーズなど量り売りしているので購入できます。また市場の中にはバルが数軒あり、タパスや新鮮なシーフードが手頃な料金でたべられます。

ラブランス通りから徒歩3分!アクセス抜群「Hostal Ramos」

ラブランス通りから徒歩3分!アクセス抜群「Hostal Ramos」

写真:濱中 知穂

地図を見る

旧市街地の目抜き通りのランブラス通り。街の中心カタルーニャ広場と港のコロンブスの塔を結んでいます。並木が美しいこの通りは大道芸人も多く楽しませてくれます。 ランブランス通りから徒歩3分ほど脇道に入ったところにある「Hostal Ramos(オスタル ラモス)」はアクセス抜群。 市内観光もメトロの駅が目の前です。 近くにスーパーが数軒あり、サンジョセップ市場も徒歩圏内で便利です。

FCバルセロナのエンブレムもステンドグラスに!

FCバルセロナのエンブレムもステンドグラスに!

写真:濱中 知穂

地図を見る

バルセロナのボルン地区にある「サンタ・マリア・ダル・マール教会」は、 14世紀に建立されたカタルーニャ・ゴシック様式の建築物の中でも最も美しいもののひとつです。別名「海のカテドラル」と呼ばれています。当時は教会のすぐそばに海岸線があったといいます。危険な航海へ旅立つ人々の安全を、この教会の聖母マリアに祈願していました。「サンタ・マリア・ダル・マール教会」の魅力は、無駄のない装飾、そしてなんといってもステンドグラスの美しさ。ステンドグラスに光が差し込む光景は素晴らしい。

そしてよく見るとなんと、ステンドグラスにサッカーチームFCバルセロナのエンブレムが!どこにあるか、みなさん探してみてください。とっても小さいです。

バルセロナにもある「ピカソ美術館」

バルセロナにもある「ピカソ美術館」

写真:濱中 知穂

地図を見る

スペインが生んだ偉大な芸術家パブロ・ピカソ。ピカソ美術館は、バルセロナの。石畳が続く旧市街地にあります。このエリアにあるAVINYO通りはピカソの「アヴィニョンの娘たち」の舞台となった通りです。ピカソといえば、「泣く女」や「ゲルニカ」に代表されるようなキュビスムの時代の絵のイメージが強いと思われますが、こちらの美術館は、そこに至るまでのピカソの足跡を堪能できます。9才のときから「青の時代」までの作品が主に展示されています。鉛筆のデッサンなどとても興味ぶかいものまで。

ピカソ美術館の注目作品は、ピカソが世界的に知られるようになった出世作である「マルゴット」とプラド美術館にあるベラスケスの傑作「ラス・メニーナス」をピカソならではの解釈で描いた作品群。一人のモデルをあらゆる角度から捉え1つのキャンパスに収めるという、ピカソが確立したキュビズム法で描いた作品です。私たちがイメージするピカソらしい作品群です。

ピカソ美術館は、ピカソの産まれた国スペインならではの贅沢な美術館でバルセロナでも人気の観光スポットです。チケット購入に並んだり入場を待ちたくない人は事前にオンラインでの予約(クレジットカード必要)が便利です。

マリリンがお出迎え!「エロティックミュージアム」

マリリンがお出迎え!「エロティックミュージアム」

写真:濱中 知穂

地図を見る

市内の観光スポット・ランブラス通りの真ん中あたり。スペインで唯一の「エロティック・ミュージアム」は、官能の世界を学べる博物館として人気を博しています。日本には、「秘宝館」というネーミングで親しまれていますね。館内は、古代から現代まで世界中のポルノの歴史を描いた展示物が、地域や国ごとに分けて紹介されており日本コーナーには春画もあります。通りに面していて、白を貴重とした明るい館内。普段は足を踏み入れることのない世界が垣間見られますよ!ランブラス通り側のベランダに立つ、セックスシンボルの「マリリン・モンロー」が目印です!

おわりに

バルセロナ一の繁華街ランブラス通りを抜けて旧市街地に入ると歴史漂う建物ばかり。サグラダファミリアをはじめとしたガウディの建築物とはまた違ったバルセロナの一面がみられるのでオススメ観光エリアです。バルセロナへお越しの際は是非、ランブラス通りを抜けて旧市街地への訪問をオススメします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/09−2015/07/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ