雄大なひびき渓谷が眼前に!日田市「豊後・大山ひびきの郷 お宿 あさもや」

| 大分県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雄大なひびき渓谷が眼前に!日田市「豊後・大山ひびきの郷 お宿 あさもや」

雄大なひびき渓谷が眼前に!日田市「豊後・大山ひびきの郷 お宿 あさもや」

更新日:2017/06/20 13:39

添田 春斗のプロフィール写真 添田 春斗 広告プランナー

日田市は大分県西部に位置し、江戸時代には幕府の天領として栄えた歴史のある街です。現在でも市内の豆田地区には古い町並みが残り、11月には時代装飾に身を包んだ総勢150名が町を練り歩く日田天領祭りが開催されます。夜には竹灯籠が灯る「千年あかり」も開催され、多くの観光客が訪れます。今回はそんな日田市大山にある、雄大なひびき渓谷を眼前に見渡す「豊後・大山ひびきの郷 お宿 あさもや」をご紹介します。

地元産の木材とあふれる自然光で、明るく清潔感のある身体にやさしい客室!

地元産の木材とあふれる自然光で、明るく清潔感のある身体にやさしい客室!

写真:添田 春斗

地図を見る

「豊後・大山ひびきの郷」は、2014年に第3セクターの複合施設としてオープンし、2016年1月からはJR九州グループの経営に変わりました。25,000平方メートル以上の広大な敷地内に「温泉施設」「レストラン」「陶芸や梅酒づくりなどの体験工房」「リキュール工房」「研修施設」などがあり、その一画に宿泊施設として「お宿 あさもや」があります。

地元産の木材とあふれる自然光で、明るく清潔感のある身体にやさしい客室!

写真:添田 春斗

地図を見る

日田市は林業が盛んであり、とくに「日田杉」が有名です。「お宿 あさもや」では、地元産の木材をふんだんに使用し、ロビーやレストラン、客室は窓の多い設計のため、館内には自然光があふれ、明るく清潔感のある空間になっています。客室はすべてひびき渓谷向きになっているため、部屋の窓やテラスからは眼前にそびえる雄大なひびき渓谷が見られ、秋には山一面を紅葉が彩り絶景となります。

地元産の木材とあふれる自然光で、明るく清潔感のある身体にやさしい客室!

写真:添田 春斗

地図を見る

客室は、お風呂にも窓から自然光があふれる明るい「洋室」、洋室に畳の部屋がある「和洋室」があります。どの客室も広く、ゆとりがあって落ち着ける空間になっています。
また、4人以上で利用できる和室2間とダイニングスペースのある広い「離れ」があります。

特産の梅をはじめ、地元産の食材をふんだんに使った料理は味、量とも大満足!

特産の梅をはじめ、地元産の食材をふんだんに使った料理は味、量とも大満足!

写真:添田 春斗

地図を見る

「お宿 あさもや」の夕食はテーブル席・個室お座敷のある食事処でゆったりと楽しめます。大山地区の名産である梅をはじめ、果物、ハーブ、きのこなどの山の幸、旬の鮎やヤマメなど、地元産の食材をふんだんに使った会席料理です。どの料理もひと手間加えられており、作り手のあたたかさが感じられる料理になっています。シーズンには日田の名物にもなっている鵜飼いが行われ、屋形船から見ることができますが、地元産の鮎の塩焼きはとても美味です。量も適度で満足の夕食です。

特産の梅をはじめ、地元産の食材をふんだんに使った料理は味、量とも大満足!

写真:添田 春斗

地図を見る

朝食はバイキングではなく、一人ひとりに用意されています。湯豆腐など身体にやさしいメニューが並びます。また、サラダと漬物は別途に用意されており、好きなだけ食べられます。漬物は特産の梅干しをはじめ種類が多く、漬物だけでご飯を一杯食べられそうです。

眼前に雄大なひびき渓谷がそびえる露天風呂、秋には紅葉が絶景!

眼前に雄大なひびき渓谷がそびえる露天風呂、秋には紅葉が絶景!

写真:添田 春斗

地図を見る

「お宿 あさもや」の温泉は、「梅の香温泉 なごりの湯」と名付けられ、広々とした大浴場と露天風呂があります。泉質は弱アルカリ性の単純温泉で疲労回復に効果があるといわれています。

露天風呂に入ると正面に雄大なひびき渓谷がそびえ、11月中旬くらいからは山一面が紅葉に染まり絶景です。冷たい空気が火照った身体に心地よく、雄大な自然の絶景とリンクしてとても癒されます。

眼前に雄大なひびき渓谷がそびえる露天風呂、秋には紅葉が絶景!

写真:添田 春斗

地図を見る

宿泊した翌日の早朝の朝風呂もおすすめです。名前の通り、あさもやに霞んだひびき渓谷が幽玄さをかもし出します。

海底岩から作られたセラミックボールによる「活盤浴」がおすすめ!

海底岩から作られたセラミックボールによる「活盤浴」がおすすめ!

写真:添田 春斗

地図を見る

「お宿 あさもや」のお風呂ではもうひとつ、遠赤外線低温サウナの「活盤浴」がおすすめです。

約二千万年前の海底岩から作られた深海岩を小石くらいのセラミックボールにし、それを布団状に敷きつめています。これを特殊な温熱パイプで熱し、遠赤外線によるマイナスイオンの効果が得られるものです。

専用の浴衣に着替え、個人個人区切られたスペースに専用シートを敷き、30〜40分横になります。全身から老廃物を出し、通常の高温サウナに比べ、身体の芯まで温熱効果を得られるといわれています。室内は暗めの照明で、背中に当たるセラミックボールも慣れると心地よく、温度も低温サウナのため非常に快適です。ぜひ、一度体験してみてください。

2年連続金賞受賞の梅酒を敷地内リキュール工房で製造販売!

2年連続金賞受賞の梅酒を敷地内リキュール工房で製造販売!

写真:添田 春斗

地図を見る

「豊後・大山ひびきの郷」の敷地内にあるリキュール工房は2階が梅酒製造工場、1階が梅酒を中心とした物販スペースになっています。この工房で製造された「梅花爛漫プレミアム」が2016年全国梅酒品評会で金賞を受賞しました。これで2年連続の金賞受賞です。

当施設に入る直前には道の両側に梅園があり、梅の木が立ち並んで、春には梅の花が咲き乱れます。梅は大山地区の特産品であり、地元大山産の梅を100%使用したこだわりの梅酒は高い評価を得ています。製造過程の見学や工房ホール内での試飲もできます。

2年連続金賞受賞の梅酒を敷地内リキュール工房で製造販売!

写真:添田 春斗

地図を見る

また、隣接する体験工房では、ろくろを使用した陶芸体験や梅酒づくりの体験ができます。「豊後・大山ひびきの郷」は敷地内だけでもファミリーやカップル、グループなど十分楽しめます。

周辺には観光スポットが盛りだくさんで、最高の旅行が楽しめる場所!

「豊後・大山ひびきの郷 お宿 あさもや」に宿泊した場合、敷地内だけでも楽しめますが、周辺には観光スポットがたくさんあります。

日田市は古くから「水郷日田」と称されており、夏には三隈川に浮かぶ屋形船から400年の伝統を持つ鵜飼を見物することができます。古い町並みが残る豆田地区は小京都と呼ばれ、天領祭りやひな祭りが開催され人気の観光スポットです。

また、近くには「サッポロビール九州日田工場」があり、工場見学や出来立てのビールが試飲できることで人気です。さらに、車で40分くらいには「地底博物館 鯛生金山」があり、かつて採掘量東洋一を誇った金山の坑内がリアルに再現され、ファミリーに人気の観光スポットになっています。

このように観光スポットが満載の大分県日田市。のんびりと落ち着ける環境でありながら楽しめる地域です。日田観光を堪能して「豊後・大山ひびきの郷 お宿 あさもや」で美味しい食事とお風呂を楽しみ、快適なお部屋で眠る、そういう最高の旅行がここにあります。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/03−2016/11/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -