岩壁に残された落書きから歴史を学ぶ!米「エルモロ国定公園」

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岩壁に残された落書きから歴史を学ぶ!米「エルモロ国定公園」

岩壁に残された落書きから歴史を学ぶ!米「エルモロ国定公園」

更新日:2016/11/09 13:06

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

米・ニューメキシコ州の高原に聳え立つ岩山「エルモロ」には、約900年という長い年月に亘り岩壁に刻まれてきた絵や文字が数多く残っています。岩壁に残された各時代の「落書き」を見ながら、この地の歴史の変遷を学ぶことができるという、なんともユニークな「エルモロ国定公園」をご紹介します。

乾燥した大地に突如現れる岩山

乾燥した大地に突如現れる岩山

写真:高田 真美

地図を見る

ニューメキシコ州北部の乾燥した高地をドライブしていると、突如現れる岩山「エルモロ (El Morro)」。この切り立った岩山の麓には、雨や雪解け水が流れ落ちて貯まった池があり、古くから多くの人々が水源を求めてこの場所にやってきました。そして、このオアシスを訪れた人々は、柔らかな砂岩でできた岩壁に絵や文字を刻み、「落書き」を残していったのです。

歴史的に重要なこれらの「落書き」を守るため、米国政府は1906年にこの場所に文字や絵を刻むことを禁止し、「エルモロ国定公園 (El Morro National Monument)」として保護されることとなりました。現在、エルモロ国定公園の岩壁には、11世紀以降、およそ900年の年月に亘り刻まれた2000以上もの「落書き」が残っています。

落書きは古代プエブロ人から始まった!

落書きは古代プエブロ人から始まった!

写真:高田 真美

地図を見る

エルモロ国定公園の岸壁に残る「落書き」で、もっとも古いものは、11世紀から15世紀初頭にかけてアナサジ族(古代プエブロ人)によって記されたもの。

アナサジ族は、アメリカ先住民のプエブロ人の祖先と考えられている人たちで、紀元前300年ごろから、ニューメキシコ州・コロラド州・アリゾナ州に広がる乾燥した高地で農耕を営んで生活していました。

岩壁の落書きから判る「歴史の変遷」

岩壁の落書きから判る「歴史の変遷」

写真:高田 真美

地図を見る

岩壁に残るアナサジ族のペトログリフ(岩に刻まれた絵や記号)を見て触発されたのでしょうか、その後、この地を通る旅人たちがエルモロの麓にある水辺で休憩をした際に、自分の名前やメッセージをこの岩壁に刻むようになります。岩に残された「落書き」を読んでみると、17世紀初頭から19世紀初頭にかけてはスペイン語の名前やメッセージが、19世紀中旬以降は英語の名前やメッセージが残されていることに気付きます。

現ニューメキシコ州一帯にスペイン人がメキシコから北上してスペイン領となったのが16世紀後半。そして、その後、アメリカ合衆国領となったのが19世紀中頃。正に、この岩壁には、スペインによるアメリカ大陸の植民地化や、アメリカ人による西部開拓といった「歴史の変遷」が記されているのです。

岩山の上まで登ってみよう!

岩山の上まで登ってみよう!

写真:高田 真美

地図を見る

岩壁に刻まれた「落書き」を鑑賞した後は、エルモロの頂上まで登ってみましょう!エルモロの頂上には、白やベージュのサンドストーンの岩で出来た不思議な景色が広がっています。エルモロの周りには視界を遮るものもないので、眺望も素晴らしく、大自然の美しさを満喫することができます。エルモロの頂上まで登るこの「メサ トップ トレイル (Mesa Top Trail)」は、全長3.2キロ。ループ状のトレイルになっていますので、行きと帰りでまったく違った景色が楽しめるのも嬉しいところです。

頂上に残る古代プエブロ人集落の遺跡

頂上に残る古代プエブロ人集落の遺跡

写真:高田 真美

地図を見る

エルモロの頂上には、古代プエブロ人の遺跡も残っています。1950年代に発掘されたこの遺跡は、13世紀後半に古代プエブロ人によって築かれた住居跡で、この岩山の上には1500人もの人が住む集落があったといわれています。この集落に住む人々は、岩山の下に広がる平地でトウモロコシなどの作物を収穫し、岩の間に貯まった水や麓の池に貯まった水を利用して、岩山の頂上で生活をしていました。アメリカ合衆国に残る古代プエブロ人集落の遺跡は、その殆どが切り立った崖の上にあるものが多いのですが、何故崖の上に集落を造るようになったのかは明らかになっていないそうです。

最後に

エルモロ国定公園は、ニューメキシコ州のアルバカーキ (Albuquerque) から車で約2時間。アクセスしづらい場所にあるため、一般的にはあまり知られていない国定公園ですが、古代プエブロ人の歴史・スペイン入植の歴史・アメリカ合衆国西部開拓の歴史という、3つの歴史の変遷を、岩壁に残った「落書き」という形で、はっきりと目で見ることができるユニークな国定公園です。

また、辺鄙な場所にあることが幸いして、周辺には当時のままの自然が残っているため、古代プエブロ人の遺跡や、岩壁に残された「落書き」を見ながら、タイムスリップしたかのようなノスタルジックな気分に浸ることができるのです。

ニューメキシコ州には、古代プエブロ人の遺跡が、この他にも数多く残っています。アメリカ原住民の歴史や文化に興味がある方にはお勧めのデスティネーションです。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -