歩くだけでも楽しい!ロンドンの街歩きで外せないスポット4選

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

歩くだけでも楽しい!ロンドンの街歩きで外せないスポット4選

歩くだけでも楽しい!ロンドンの街歩きで外せないスポット4選

更新日:2016/11/09 14:43

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

ミュージカル、美術館、ショッピング、映画のロケ地めぐり…イギリス・ロンドンには、楽しみ方が山ほどあります。また、特に目的を決めず、当てもなく街歩きするのも楽しい場所です。ふと目に入った光景を写真におさめたり、食べ歩きをしたりなど、思い思いに過ごせます。

見どころいっぱいのロンドンでも、街歩きにおすすめな活気のあるスポットをご紹介します。

小さくてカラフルな中庭「ニールズ・ヤード」

小さくてカラフルな中庭「ニールズ・ヤード」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

ロンドンのカルチャー発信地のひとつとして有名な、コヴェント・ガーデン。その一角にある「ニールズ・ヤード」は、見ているだけでもわくわくするような景色が広がっているスポットです。

入り口をくぐると、こぢんまりとしてはいるものの、カラフルな建物がずらり。緑や青、黄色など、原色系のカラーとレンガ模様がマッチしています。まるで中庭を作るかのように、建物がそびえたちます。

日本でも人気のあるコスメブランド「ニールズ・ヤード・レメディーズ」の店舗があるのもこのエリアです。そのほかにも、ヒッピーなショップが集まります。目に鮮やかな景色を写真に収めたら、ショッピングも忘れずに。

映画の主人公のような気分で歩く「ポートベロー・ロード」

映画の主人公のような気分で歩く「ポートベロー・ロード」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

「ポートベロー・ロード」は、映画「ノッティング・ヒルの恋人」をはじめ、さまざまな映像作品のロケ地となっています。映画好きなら外せないスポットです。

この通りに並ぶのは、パステルカラーの建物ばかり。お店の看板は、何を取り扱っているのかすぐわかるようなキャッチーなデザインです。かわいらしい景色が続く通りを、映画の主人公になりきって歩くのも楽しみ方のひとつです。

また、毎週土曜日には、ヨーロッパ最大級の骨董マーケットが開かれます。マーケットではショッピングだけでなく、大道芸人によるパフォーマンスを楽しんだり、食べ歩きをしたりすることができます。個人経営のお店や露店が多く並ぶスポットでもあり、お気に入りを見つけるにはぴったりの場所です。

常に人でにぎわう大通り「オックスフォード・ストリート」

常に人でにぎわう大通り「オックスフォード・ストリート」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

ヨーロッパじゅうで人気のファストファッション店がずらりと並び、イギリス国旗のタペストリーがかかった大通りです。地下鉄オックスフォード・サーカス駅からトッテナム・コート・ロード駅を結んでいます。

大通りには、ファストファッションの紙袋を持った買い物客で日々賑わっています。ダブルデッカーの真っ赤なバスが通過する光景は、ロンドンならではの光景です。

音楽があふれるにぎやかな広場「レスター・スクエア」

音楽があふれるにぎやかな広場「レスター・スクエア」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

「レスター・スクエア」の周りには、ミュージカルが行われる劇場やレストラン、映画館が数多く集まります。ロンドン中心部で行われるミュージカルのチケットを格安で販売するショップ「tkts」があるのもこの広場です。広場は緑いっぱいの環境で、ベンチで観光途中の休憩もできます。

いつも観光客でごった返しており、広場のすぐそばではストリートパフォーマーによる演奏やダンスが頻繁に行われています。非常に活気のあるスポットです。ミュージカルの開演前に立ち寄って、パフォーマンスを楽しむのがおすすめです。

ロンドンは、街歩きが楽しい場所!

ロンドンには、自由気ままに散策したくなるスポットが数多く存在します。見どころが目白押しですが、地下鉄やバスなどの交通網が発達しているため、スポット間の移動に便利です。公共交通機関を利用すれば、街歩きをさらに充実させることができます。

今回紹介したスポットは、どこも人で賑わっている人気のスポットです。人混みを歩くときは、散策に夢中になりすぎず、手荷物には常に気を配っておきましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/13−2016/06/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ