野菜たっぷりヘルシーランチ!埼玉・イモ街道「オイモカフェ」

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

野菜たっぷりヘルシーランチ!埼玉・イモ街道「オイモカフェ」

野菜たっぷりヘルシーランチ!埼玉・イモ街道「オイモカフェ」

更新日:2018/10/02 17:00

K RINTOのプロフィール写真 K RINTO グルメライター

埼玉県の三芳町にある「イモ街道」。川越いもの栽培から販売までを行う農家が軒を連ね、秋になると県外からもたくさんの人が訪れます。そんなイモ街道の一角にあるのが「オイモカフェ」。
農家が運営するカフェで、自家栽培した川越いもや野菜をたっぷり使用したヘルシーランチやスイーツを味わえます。ぜひ、川越いものお買い物と食事を愉しみに訪れてみてはいかがでしょうか。

300年以上の歴史を持つ、農家が運営する「オイモカフェ(OIMO cafe)」

300年以上の歴史を持つ、農家が運営する「オイモカフェ(OIMO cafe)」

写真:K RINTO

地図を見る

埼玉県三芳町は、江戸時代から続く川越いもの栽培地。イモ街道と呼ばれる通りには、約30軒ものサツマイモ農家が立ち並んでいます。オイモカフェは農家の敷地内にあるため入口がとても分かりづらいです。街道沿いに置かれた看板が目印なので、見逃さないように注意して行きましょう。

イモ街道の最寄りは東武東上線の鶴瀬駅。最寄りといっても3キロ以上離れているため車で行くことをオススメします。

300年以上の歴史を持つ、農家が運営する「オイモカフェ(OIMO cafe)」

写真:K RINTO

地図を見る

オイモカフェは、300年以上の歴史を持つ農家が運営。東京ドームと同じくらいの広さのむさし野自然農場で、サツマイモや様々な野菜を栽培しています。駐車場は、農家の庭先ですので空いている場所に車を停めましょう。

300年以上の歴史を持つ、農家が運営する「オイモカフェ(OIMO cafe)」

写真:K RINTO

地図を見る

オイモカフェは、もともと納屋として利用していた建物を改築して作られました。最近流行りの古民家風で趣があります。

カフェに行く日時が決まっていたら事前に予約を取りましょう。予約は11時か13時のどちらかのみで、電話【OIMOcafe090-2729-5236】か直接来店で行えます。予約が満席でも、当日順番待ちをすることが可能で、順番が来ると携帯電話に連絡が来るシステムです。

※予約状況はオイモカフェのHPで確認することが出来ます。記事の最後にあるMEMO欄のHPを参照してください。

ゆったりくつろげる広々とした店内

ゆったりくつろげる広々とした店内

写真:K RINTO

地図を見る

和モダンなすっきりとした店内。裏側の窓からは竹林が見えて風情を感じます。四人掛けのソファー席と二人掛けのテーブル席を配置。

席間が広く取られているのでゆっくりとくつろぐには最適です。小さい子供連れにも、女子会にも幅広い用途で利用できますよ。

ゆったりくつろげる広々とした店内

写真:K RINTO

地図を見る

からだに優しい!旬の野菜が盛りだくさんのヘルシーランチ

からだに優しい!旬の野菜が盛りだくさんのヘルシーランチ

写真:K RINTO

地図を見る

自家産や地場産の旬の野菜をたっぷりと使用したランチはプレートかカレーの二種類が基本。そして、プレートとカレーの内容が季節によってがらりと変わるシステムです。ランチはドリンク付きで1300円、プラス600円で選べるデザートを追加することができます。

写真は「むさし野自然農場の野菜プレート」。彩り豊かな旬の野菜を10種類以上も使用していて、そのほとんどが畑で採れたばかりだからとっても新鮮です。

からだに優しい!旬の野菜が盛りだくさんのヘルシーランチ

写真:K RINTO

地図を見る

写真は、約10種類のコッペパンの中から選べる「コッペパンのランチ」。この時に選んだのは「鴨ハムと秋ナスの梅アンチョビコッペ」で旬の秋ナスが丸々一本入った、梅とアンチョビの味付けがとっても美味しい創作コッペパンです。

季節によってメニューが変わっても、旬の野菜をたっぷり味わえることは変わりありません。農家の魅力がぎゅっと詰まった女性にうれしいヘルシーランチです。

からだに優しい!旬の野菜が盛りだくさんのヘルシーランチ

写真:K RINTO

地図を見る

こちらは、カレーメニューの「トマトとカシューナッツのカレー」。カレーの上に山盛りで乗っているのは、パリパリとした食感が心地よい細く千切りされたサツマイモ。

カレーのルーは、ココナッツのまろやかな甘味とコクを味わえるアジアン風味。スパイシーさはありませんので子供でも安心して食べられるカレーです。もちろん、自家栽培の新鮮野菜も別皿で提供されます。

※ランチはなくなり次第順次終了し、カフェメニューだけとなります。。14時から15時位が終了の目安。

サツマイモとバニラアイスがコラボしたホクホクのスイーツ

サツマイモとバニラアイスがコラボしたホクホクのスイーツ

写真:K RINTO

地図を見る

食後は、サツマイモを使ったスイーツで締めましょう!オススメは、サツマイモの輪切りにバニラアイスが乗った「むさし金時のハニースイートポテト」。OIMOcafe と書かれたクッキーが見た目にもかわいらしいスイーツです。

サツマイモとバニラアイスがコラボしたホクホクのスイーツ

写真:K RINTO

地図を見る

温められたサツマイモはスプーンを入れるとフワッと湯気が立ち上るほどホックホク!サツマイモの自然の甘さと、ハチミツがかかった冷たいバニラアイスとのコラボがベストマッチ!皮もパリパリとした食感でとっても美味しいですよ。

また、夏期限定で最近流行りのグルメかき氷の販売も行っています。山盛りなので、数人でシェアしながらワイワイ食べるのがオススメです。

サツマイモとバニラアイスがコラボしたホクホクのスイーツ

写真:K RINTO

地図を見る

店頭では、むさし野自然農場で採れたサツマイモをつぼ焼きにして販売しています。この日、つぼ焼きで使用されていたのはシルクスイートという品種。きめ細かく、ねっとりとした食感で、甘さは他のサツマイモのなかでもピカイチです!

サツマイモの種類いろいろ!お土産やギフトにオススメ

サツマイモの種類いろいろ!お土産やギフトにオススメ

写真:K RINTO

地図を見る

むさし野自然農園で採れたサツマイモの販売も行っています。時期によって採れる品種が変わり、9月中旬頃から「シルクスイート」「むさしこがね」、10月上旬頃から「むさし金時」、11月頃から「紅赤金時」を販売。

ねっとりとした甘さを求めるならシルクスイート、ほくほくとした食感が好きならむさしこがねがオススメです。サツマイモにより甘さも食感も全然違うので、いろいろな品種を食べ比べるのも面白いですよ。

サツマイモの種類いろいろ!お土産やギフトにオススメ

写真:K RINTO

地図を見る

別棟では、サツマイモの配送も行っていますので、遠方の親類や友人などへのギフトとして利用してみてはいかがでしょうか。また、イモ街道にあるほとんどの農家でもサツマイモの直売を行っています。品種や料金は農家によっても様々なのでいろいろ見て周り、一番気に入ったところで買うのもいいでしょう。採れたて野菜がお買い得価格で販売していたりもしますよ!

オイモカフェ(OIMO cafe)の基本情報

住所:埼玉県入間郡三芳町上富287
アクセス:最寄りの鶴瀬駅から3キロ以上。車で行くのがおすすめ。
電話:090-2729-5236
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月曜日、火曜日

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -