ドイツ最古のクリスマスマーケット!ドレスデン「シュトリーツェル・マルクト」

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ドイツ最古のクリスマスマーケット!ドレスデン「シュトリーツェル・マルクト」

ドイツ最古のクリスマスマーケット!ドレスデン「シュトリーツェル・マルクト」

更新日:2017/12/07 15:23

kyaoriのプロフィール写真 kyaori アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー

毎年ドイツ全土で開催されるクリスマス・マーケット。その中でもドイツ最古と言われるドレスデンのシュトリーツェル・マルクト(The Dresden Striezelmarkt)には世界から観光客が押し寄せます。お目当ては夜のイルミネーション。会場全体の屋台や観覧車などがライトアップされる夜は、まるでメルヘンの国のような雰囲気に!今回は大人も子供も楽しめるドレスデンのクリスマスマーケットを紹介致します。

東部ドイツのドレスデン

東部ドイツのドレスデン

写真:kyaori

地図を見る

ベルリンからバスで約3時間。ザクセン王国の首都として栄えたドレスデンは、バロック様式の建築物が美しい東部ドイツの古都です。

第二次世界大戦中に爆撃を受けて多くの建物が破壊されましたが、戦後に修復・再建作業が進みました。現在は昔のようなバロック様式の街並みが復元。
この景観が評価されて2004年に世界遺産に登録されたものの、エルベ川に新たな橋を建設したため、2009年に世界遺産から登録を抹消されてしまった経歴を持つ街でもあります。

ドイツ最古!ドレスデンのクリスマス・マーケット

ドイツ最古!ドレスデンのクリスマス・マーケット

写真:kyaori

地図を見る

「エルベ川のフィレンツェ」とも称えられるドレスデンで、最も賑わいを見せるのがクリスマスシーズン。ドレスデン市内ではあちこちでクリスマス・マーケットが開催され、街全体が華やかになります。中でも旧市街にあるアルトマルクト広場(Dresden Altmarkt square)で開かれるクリスマス・マーケット「シュトリーツェル・マルクト(The Dresden Striezelmarkt)」は、1434年にスタートしたドイツ最古のクリスマス・マーケットとして有名。2016年で582回目を迎えます!

大人も子供も楽しめる夜のイルミネーション

大人も子供も楽しめる夜のイルミネーション

写真:kyaori

地図を見る

このクリスマス・マーケットで1番のハイライトは夜のイルミネーションです!マーケット全体がライトアップされ、キラキラと光り輝くマーケットはまるでおとぎの国のよう。観覧者やメリーゴーランドなどもあり、大人も童心に返って子供と一緒に楽しめますよ。会場内は人が多いので、くれぐれも迷子にならないように!

地元グルメも堪能しましょう。

地元グルメも堪能しましょう。

写真:kyaori

地図を見る

マーケットでの楽しみはイルミネーションだけではありません。会場内には多くの屋台が出店しており、クリスマス関連のおみやげはもちろん、地元名産のグルメも楽しめます。ドイツのクリスマス・ケーキであるシュトーレン、ソーセージやハッシュポテトなどのスナック、ビールやホットワインを提供する店など盛りだくさん。
日本では見た事のない地元グルメもあるので挑戦してみては?

シュトリーツェル・マルクトの開催期間と注意点

シュトリーツェル・マルクトの開催期間と注意点

写真:kyaori

まるでメルヘンの国のようなイルミネーションを楽しめるドレスデンのクリスマスマーケット。今年は本場のクリスマスマーケットを楽しんでみてはいかがでしょう?

シュトリーツェル・マルクトの開催期間は11月24日から12月24日の1ヶ月間。24日は昼過ぎまでの営業。夜のイルミネーションを楽しみたい方は23日までに行きましょう!24日の夕方には写真のように全てのお店が閉店するので注意。

また、ドレスデン旧市街ではこのシュトリーツェル・マルクト以外の場所でもクリスマス・マーケットがあります。場所を間違えないように!

シュトリーツェル・マルクト(The Dresden Striezelmarkt)

住所:Altmarkt, 01067 Dresden, Germany
アクセス:ドレスデン中央駅より徒歩15分

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ