東京五輪候補地で注目!宮城登米・長沼湖畔のフートピア公園

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京五輪候補地で注目!宮城登米・長沼湖畔のフートピア公園

東京五輪候補地で注目!宮城登米・長沼湖畔のフートピア公園

更新日:2016/11/23 14:41

右肩のプロフィール写真 右肩

宮城県登米市にある「長沼」は、県内最大の自然湖沼です。この沼にある長沼ボート場が、2020年東京オリンピック・パラリンピックのボートとカヌー・スプリント会場の代替候補地となり、ニュース等で多く報道された事で、一躍注目のスポットとなっています。
そこで、長沼の湖畔にありボート場も見渡せる「長沼フートピア公園」を、ご紹介致します。

アスレチックからキャンプ場まで〜花見も楽しめる総合公園

アスレチックからキャンプ場まで〜花見も楽しめる総合公園

写真:右肩

地図を見る

長沼フートピア公園は、長沼湖畔にある広くて開放的な総合公園。芝生の緑で覆われた公園内には、遊具やアスレチック、長さ111mのローラー滑り台などがあり、子連れファミリーにおススメしたい所です。

また、茅葺き屋根の家を見学できる「ふるさと館」や、産直野菜や土産品が揃う売店や食堂がある「ふるさと物産館」もあります。さらに、オートサイトと一般サイトからなるキャンプ場もあり、食事・炊事場、サニタリー棟(シャワー・トイレ・洗面所)、キャンプファイヤー場を備えています。

公園内には、桜の木が多く植えられていますので、春にはピンク色に包まれる花見の名所でもあります。例年の桜見頃は4月中旬〜下旬となります。

ニュース報道で注目された「長沼ボート場」を見渡せます

ニュース報道で注目された「長沼ボート場」を見渡せます

写真:右肩

地図を見る

長沼を一望できる長沼フートピア公園からは、2020年東京オリンピック・パラリンピックのボートとカヌー・スプリント会場の代替候補地となり、ニュース等で多く報道され注目された「宮城県長沼ボート場」を見渡す事ができます。

国内で唯一、常設で2000m・8コースの国際A級コース基準を満たした漕艇場で、日本ボート協会A級コースとして認定されており、オリンピックのアジア大陸予選も開催されています。

公園のシンボルは、本格的なオランダ風車!

公園のシンボルは、本格的なオランダ風車!

写真:右肩

地図を見る

長沼フートピア公園のシンボルは「オランダ風車」。オランダから輸入した建材を使用して、オランダから来た職人が建てた風車ですので、正真正銘の本格的なオランダ風車です。

高さ21.22m、羽根直径23.77mとなかなかの大きさで、内部に入って風力で粉を挽く様子を見学できます。春には、風車の周りに植えられたチューリップも咲き揃い、オランダ感が増します。

オリンピック候補地選定で一躍有名となった長沼〜オランダ風車が目玉の公園

沼湖畔にあって、芝生に覆われ広く開放的な「長沼フートピア公園」。忙しい日常をちょっと忘れてまったり旅したい時などに良い所だと思います。
公園の目玉、オランダより資材や職人を寄せて建設された風車は、まさに純オランダ製の風車で一見の価値あり!
長沼ボート場でオリンピックが開催される事になれば、公園から長沼を見下ろしながら観戦できるかも知れませんね。


掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -