浜焼きが出来ちゃう!伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

浜焼きが出来ちゃう!伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと

浜焼きが出来ちゃう!伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと

更新日:2016/11/11 12:33

花瀬 めぐみのプロフィール写真 花瀬 めぐみ 女優、京都亀岡観光大使

昨今のドライブで人気となっているのが道の駅巡りですよね。伊豆高原にある「ぐらんぱるぽーと」はその名も旅の駅。ここに行けば、伊豆をまるっと楽しむことができるといっても過言ではない様な充実の施設なんです。

お食事やおみやげが充実しており、足湯、わんちゃんの休憩場所もあります。また、恋人テラスは海を眺めることもできてロマンチック。屋外で蠣が楽しめる浜焼き(海鮮バーベキュー)もできちゃうんです!

お土産物と伊豆グルメ

お土産物と伊豆グルメ

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

ぐらんぱるぽーとは、東伊豆の熱海と下田の中間にあるドライブインです。様々なグルメを楽しめるのはもちろんのこと、お買い物コーナーでは伊豆の特産品を使ったお菓子や海産物をはじめ、地元で獲れた新鮮な野菜も充実しています。

伊豆といえば美しい海で穫れた新鮮な海産物が有名ですよね。ぐらんぱるぽーとでも、新鮮海の幸がたっぷりとのった海鮮丼が楽しめるんですよ。海鮮丼はお土産にできる真空パックのものも販売されていますので是非手に取ってみてくださいね。

そして…一般的なドライブインのイートインコーナーでは味わえない特別なグルメがあるんです!

みんなでワイワイ!!ドラム缶焼肉と海鮮バーベキュー

みんなでワイワイ!!ドラム缶焼肉と海鮮バーベキュー

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

ぐらんぱるぱーくの特別なグルメ。それが「ドラム缶焼肉」と「海鮮バーベキュー」。どちらも屋外ですが、テントも設置されているので雨の日でも楽しめる野外グルメです。

ドラム缶焼肉はその名の通り、ドラム缶内で火を熾し、その上に網を置いて焼肉を楽しむというスタイルです。骨付きカルビやホルモンなど、好きなお肉をたくさん注文して楽しんでください。

そしてやっぱり伊豆といえば海鮮!ぐらんぱるぱーくでは、まるで海の家に来たような浜焼き感覚の海鮮バーベキューを炭火で楽しめるんですよ。ショーケースにバラエティ豊かな海産物があるので、好きな具材を選んでお買い上げ。あとは炭火の網台で自由に焼いて楽しむことができます。一番人気は蠣だとか。海産物だけでなく、お肉や野菜・きのこ類も豊富なので思わずいっぱい食べてしまいそうですね。

食事のあとはほっこり?うっとり?エクササイズ?

食事のあとはほっこり?うっとり?エクササイズ?

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

伊豆といえば温泉地としても有名。ここでは足湯を無料で楽しめるようになっています。ドライブの疲れを足湯で解消できる!ぽっかぽかの温かいお湯に足をつけて、心も体もほっこりしちゃいましょう。

そしてこの施設の裏手には気持ちのいい眺望が広がっています。ここが伊豆の恋人テラスです。眼下に広がる相模灘・大きな伊豆大島。空気の澄んだ日には房総半島まで見ることができます。また恋人同士にはテラスからの眺めにうっとりするだけでなく、馬車にのってラブラブ記念撮影もおすすめです。

さて、最近だとドライブや旅行にわんちゃんと一緒にお出かけされる方も多いですよね。ぐらんぱるぱーくにはわんちゃんの休憩所もあるんです。広めのドッグランが設置されており、わんちゃんのおやつ販売も!テラス席でわんちゃんと一緒に食事もできるので、小さな家族もくつろげますね。

静岡県は缶詰県?

静岡県は缶詰県?

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

静岡県はどうやら缶詰県らしい!ご存知でしたか?静岡には缶詰の王様ツナ缶のメーカーが沢山あり、ツナ缶だけでも相当の種類があるんです。ここでは普段見かけないような具材の入った缶詰もあるので、缶詰コーナーを覗いていくとちょっと面白い出会いがあるかもですよ。

旅の駅とその周辺でも楽しめる

伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーとは、伊豆シャボテン動物公園グループの一部です。動物公園や植物園があり、動物公園ではナイトクルーズも開催されています。

ぐらんぱるぽーと内には観光案内所が併設されており、同グループの施設はもちろん、周辺に点在するミュージアムや体験型施設など、多くの施設・名所の案内と割引券の配布を行っています。

ぐらんぱるぽーとだけでも十分に楽しめるスポットですし、ここをスタートに伊豆巡りするにもピッタリの場所!「伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーと」、ぜひ遊びに行ってみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ