20cm超え!清水魚市場「海山」マグロのメガ一貫にぎりが凄い

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

20cm超え!清水魚市場「海山」マグロのメガ一貫にぎりが凄い

20cm超え!清水魚市場「海山」マグロのメガ一貫にぎりが凄い

更新日:2016/11/19 18:56

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

静岡市にある清水港は、マグロの入荷量日本一を誇るマグロの街。港にある清水魚市場「河岸の市」は、美味しいマグロを食べられる店が軒を連ねる激戦地帯になっています。中でも市場のまぐろ館にある「海山」の、マグロを一柵丸ごと使った長さ20cmの「マグロの一貫にぎり」が話題に!デカネタが乗った度胆抜く寿司で、美味しさはヘビー級。マグロ寿司をおもいっきり食べたい!旨いマグロをたらふく食べたい方、必訪です!

仲買人のノウハウを生かした仕入れ方法!卓越したマグロが食べられる「海山」

仲買人のノウハウを生かした仕入れ方法!卓越したマグロが食べられる「海山」

写真:sachie

地図を見る

ご紹介するお店は、静岡市清水区にある清水魚市場「河岸の市」の「まぐろ館」2階にあります。清水港はマグロの水揚げが盛んで、言わずと知れたマグロ王国。そんな港にある「河岸の市」の「まぐろ館」は、約15店舗の飲食店が入店していて、美味しいマグロを食べられる店ばかり。

その中でも「海山」は、30年間仲買人をしていた経験豊富なスタッフが、直接漁船から仕入れているため、厳選した美味しいマグロをお安く食べられるお得なお店として知られています。お店が海側に面しているので、店内から海を一望できる眺望のよさも魅力的で、わざわざ行く価値のあるお店です。

丸ごとど〜ん!圧巻の「ドデカにぎり」

丸ごとど〜ん!圧巻の「ドデカにぎり」

写真:sachie

地図を見る

お店の看板メニューはこちらの「一貫にぎり」。長さ約20cm、幅約7cm。厚さは約4cm以上もある大きなにぎりで、マグロの厚みだけでも1cm以上もあろうかという分厚い刺身。にぎりは、大人の顔を遥かに超えるデカさで、ボリューム満点です。

一貫にぎりは、にぎりの他、お味噌汁・漬物・フルーツ付。驚いてしまうのが、にぎり寿司を食べるというのに、お好み焼き用のヘラがついていることでしょう。あまりにデカすぎて一口で頬張れないため、ヘラで切り分けて食べるという前代未聞のメニューなんです。切り分けて仲間で食べるもよし、一人で堪能するもよし。大きい口を開けて、一度に寿司の塊を頬張れるので、大食いの方にもお勧めです。一口サイズの寿司を何個も食べるのも良いですが、たまには豪快にこんな寿司を食べてみても良いですね。

かなりインパクトがあるメニューで、圧倒されてしまうほど大きいにぎりが食べられるだけあって、テレビなどのメディアに取り上げられるほどの話題になっています。

とろ〜りっ、極旨食感!色々な味を楽しめる、これぞ静岡の味!

とろ〜りっ、極旨食感!色々な味を楽しめる、これぞ静岡の味!

写真:sachie

地図を見る

「一貫にぎりはマグロばかりで、途中で飽きてしまうんじゃないの?」と思われたあなた!それは、勘違いです。一見、普通のにぎりのように見えますが、実はネタの下に違う具材が入れられているのです。

季節によって具材は違いますが、生桜えび・生しらす・ネギトロなどが入っていて、色々な味を楽しめるように工夫されています。生しらすとマグロの組み合わせは、何とも言えないトロトロの贅沢な食感。マグロとネギトロは、舌触りが滑らかで表現できないような美味しさです。生しらす×生桜えび×マグロのトリプルな味は、食べたことが無いのでは?

ここ清水港のマグロは、全国的にも高い評価を得ていて、鮮度抜群で極上の味。それにプラスアルファの味が楽しめるのもこのメニューならではです。生しらす・生桜えびも、静岡の特産。特に生桜えびは、同地区の由井港でしか水揚げされない貴重なしろもの。静岡の美味しい具材ばかりがギュッと詰まった贅沢な逸品、ここを訪れたら外せないっ!

おわりに

お店では、一貫にぎりの他、マグロ使った丼メニューや定食メニューなど多彩なメニューが揃っていますよ。マグロ寿司は、寿司の中でも日本を代表する味なので、外国人旅行者にもお勧めです。

一貫にぎりは、マグロ寿司をとことん食べたい!という欲張りなあなたにピッタリ。インパクトもあるので、食べればきっと旅の良い思い出になるかもしれません。マグロの本場・清水港にある「海山」で、満足いくまでマグロを食す旅をしてみては如何でしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -