カラフル料理で体と心がハッピーに!ヘルシーな「スリランカ料理」のすすめ

| スリランカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カラフル料理で体と心がハッピーに!ヘルシーな「スリランカ料理」のすすめ

カラフル料理で体と心がハッピーに!ヘルシーな「スリランカ料理」のすすめ

更新日:2016/11/30 09:51

浅井 みらののプロフィール写真 浅井 みらの 総合旅行業務取扱管理者、全国通訳案内士(英語)、世界遺産検定2級

周辺の国に比べて、マイルド味の料理が多く、たっぷりの野菜を使う。そんなヘルシーなスリランカ料理が最近注目を集めています。スリランカは周辺が海に囲まれているため、海の幸に恵まれているだけでなく、通年温暖な気候に恵まれているため、畑の幸にも恵まれているんですよ。今回はスリランカの街中で食べられる定番料理をご紹介します。

1日カレー三昧になることも。でもご安心あれ

1日カレー三昧になることも。でもご安心あれ

写真:浅井 みらの

地図を見る

スリランカへ訪れる際、“3食カレーを食べることになりますよ”と言われることは少なくありません。隣国インドの影響を受け、スリランカにも「カレー」があります。ただ日本やインドで食べる辛めの料理ではなく、スリランカのカレーは“煮込み料理全般”を指します。

煮込まれる具材も豊富で、定番のじゃがいもやおくら、レンズ豆などの野菜や豆類だけでなく、チキンや魚など煮込めるものは何でも!といえるほどの幅広さです。味付けもココナッツミルクを入れた優しい味のものから、独特の香辛料を使った香ばしいものまでありますので、実は飽きずに食べ続けられるんですよ。スリランカのカレーは様々な煮込み料理を少しずつよそり、混ぜながら味の変化を楽しみます。

こちらのレストラン「Diya Dahara(ディーヤ ダハラ)」はクルネガラ湖に面したレストラン。オープンテラス席もあり、のんびりとしたスリランカの時の流れがいっそう感じられ、おすすめですよ。

栄養価が高い赤米と優しいダールの組み合わせ

栄養価が高い赤米と優しいダールの組み合わせ

写真:浅井 みらの

地図を見る

スリランカのお米は日本に比べ、ぱらぱらしてます。お米の種類も白米だけでなく、見た目が赤いため「レッドライス(赤米)」と呼ばれているものも(写真中央)。赤米は白米と変わらない味ですが、栄養価が高いと言われているんですよ。他にもスリランカには“ワッパー”と呼ばれる米粉とココナッツミルクを混ぜて、ドーム状に焼いたクレープみたいな料理もあり、独特の見た目が印象的です。

そして、おすすめなのがレンズ豆を煮込んだ「ダール」(写真左)。ココナッツミルクと一緒に煮込むため、豆のまろやかさに甘味が加わり、優しい味わいです。レンズ豆のふくよかさが噛むほど広がり、飽きのこない味に仕上がってます。

「Heritance Ayurveda Maha Gedara(ヘリタンス アーユルヴェーダ マハ ゲダラ )」ではスリランカの医療として歴史があるアーユルヴェーダの知識を取り入れ、体質に合ったスリランカ料理を食べることができます。(レストランのみ利用の際は要予約)

朝食に食べたいお粥とロティ

朝食に食べたいお粥とロティ

写真:浅井 みらの

地図を見る

スリランカの朝ごはんでは、お粥が登場することもあるんですよ。日本のお粥に比べ水分が多めですが、使われるお米(写真は赤米)が固いのでお米の感触を最後まで感じられます。味はお米と塩を少々。目覚めたばかりの体にゆっくりとしみ込み渡り、一日の始まりに備えてくれます。これ以外にも緑色をした草粥もあるんですよ。

インドのナンに似たパンがスリランカにあり、ロティ(写真左)と呼ばれています。小麦粉を発酵させずに焼いたパンです。ぺらぺらした薄さですが、噛めば噛むほど弾力が増す食感が特徴です。煮込み料理と一緒に食べたり、チャトゥニーと呼ばれるペースト状の調味料をつけて食べたりします。

フルーツ天国のスリランカ

フルーツ天国のスリランカ

写真:浅井 みらの

地図を見る

スリランカの南国らしさが一番実感できるのは、街中に置かれている大量のフルーツではないでしょうか。バナナといってもグリーンバナナやレッドバナナなど数種類のものを見ることができます。パパイヤはどのホテルの朝食にも必ず出てくるほど人気&定番のフルーツ。ライムをしぼると本来のクセが和らぎ、甘味もひき立ちます。

カットして食べても充分美味しいですが、ジュースでも楽しめますよ。おすすめはココナッツのなかでも特に甘いといわれている“キングココナッツ”。甘いのに後味がすっきりとして、暑いスリランカにぴったりな飲み物です。

名前がユニークなジンジャービール。その味とは…?

名前がユニークなジンジャービール。その味とは…?

写真:浅井 みらの

地図を見る

大人から子供まで飲む「ジンジャービール」は、スリランカでしか飲めない珍しい飲み物。オリジナルレシピは100年以上前から存在していたのだから驚きですよね。ジンジャーシロップにサイダーが加わったものですが、甘さが強くなく、食事の邪魔にならない控えめな味です。

暑い国といえばビール!という方には、スリランカを代表する“ライオンビール”がおすすめ。すっきりとした味わいで、ぐびぐびとすすみます。アジアで最も長い歴史を持つ醸造所がつくる、世界的にも評価を受けているビールです。

食後は自慢のセイロンティーを

食後の後に欠かせないのが、スリランカの旧国名でもあった「セイロンティー」です。スリランカでは茶葉が生産された標高や茶葉自体の大きさで細かく分けられています。ストレートで飲んだり、たっぷりのミルクを入れたり、ライムを入れてさっぱりさせたりなど、しっかりとした味なので色々な方法で飲めますよ。

日本では見ない野菜や果物も豊富にあり、主に煮込み料理なので低カロリーなのが嬉しいですね。香辛料の種類は多いですが、ココナッツミルクなども多く使うため、全体的にマイルドな味で仕上がっているスリランカ料理。ぜひ本場で楽しんできてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/09−2016/10/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -