関西にイルミネーションの新名所が誕生!ネスタリゾート神戸

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

関西にイルミネーションの新名所が誕生!ネスタリゾート神戸

関西にイルミネーションの新名所が誕生!ネスタリゾート神戸

更新日:2016/11/27 16:26

塚本 隆司のプロフィール写真 塚本 隆司 ぼっち旅ライター

2016年7月に開業した「ネスタリゾート神戸」。兵庫県三木市のグリーンピア三木跡地に「日々進化するリゾート」として誕生した、宿泊可能な大型複合リゾート施設だ。
11月10日には「NESTA ILLUMINA(ネスタイルミナ)〜光のさんぽみち〜」がオープン。広大な敷地いっぱいに輝くLED。プロジェクションマッピングや巨大ウォータースクリーンなど、光を体で感じるイルミネーションが楽しめるのだ。

「4つの感動」が待つ光の世界、テーマは「海」

「4つの感動」が待つ光の世界、テーマは「海」

写真:塚本 隆司

地図を見る

ネスタイルミナは、片道約500メートルもの広大な敷地を舞台に、歩きながら光を体感できるイルミネーション。観覧にかかる時間は、およそ45分。
海をテーマにした4つエリアがひとつのストーリーとして連なり、観客を花畑が広がる大地から深い海の底へといざなってくれる演出だ。小さな子どもから大人まで楽しめる演出がちりばめてあり、ただ歩いて見て回るだけではない楽しみがある。

イルミネーションといえば冬の夜を連想しがちだが、ネスタイルミナは季節や時間にかかわらず楽しめるのも魅力のひとつ。2017年の9月頃までおよそ300日間、毎日営業をする。
夜限定のイルミネーションもあるため、日中(11時〜16時)は大人1200円・小中学生800円、夜間(16時〜22時、最終入場21時)は大人2000円・小中学生1500円と料金体系が異なるので注意。

2016年12月1日からは、営業時間が変更になる。
土日祝日は、14時〜17時が大人1200円・小中学生800円、17時〜23時(最終入場22時)は大人2000円・小中学生1500円。平日は、16時〜17時が大人1200円・小中学生800円、17時〜23時(最終入場22時)は大人2000円・小中学生1500円。
いずれも、ネスタリゾート神戸内で利用できる500円分の金券が付いている。

約100万個のフルカラーLEDによる日本最大級のトンネルイルミネーション

約100万個のフルカラーLEDによる日本最大級のトンネルイルミネーション

写真:塚本 隆司

地図を見る

最初に現れるエリアは「フローラルアーケード」。全長約220メートルのトンネルイルミネーションだ。約100万個のフルカラーLEDがお花畑から砂浜、海中へと導いてくれる。天井に、虹や星、魚たちが流れるように映し出される美しさに感動。これから先へと進むワクワク感が高まっていく演出なのだ。

日中でも夜でも変わりなく見られるエリアで、道幅も結構ありベビーカーでも安心して通れそうだ。上ばかり見ていると危ないので、足元には注意しよう。

マーメイドに会える海底世界、眼前に現れる光の巨大神殿と帆船

マーメイドに会える海底世界、眼前に現れる光の巨大神殿と帆船

写真:塚本 隆司

地図を見る

トンネルイルミネーションのエリアを抜けると現れるのが、マーメイドや魚たちが暮らす光の海底世界「マーメイドパラダイス」。屋外のエリアのため、日中はサンゴ礁をイメージしたパステルカラーの花壇。夜はイルミネーションがきらめく海底世界になる。

奥にそびえるのは、海の神ポセイドンが住む海底神殿。高さは約10メートルと圧倒されるスケール。全長約8メートルの光の帆船も大きい。頭上には、本物のヨットが停泊しているヨットハーバーがあり、見上げる格好になる。まさに海底を歩いているようだ。撮影には事欠かないエリアといえるだろう。

いよいよ海底へ、待ち構えるのは恐ろしい生物

いよいよ海底へ、待ち構えるのは恐ろしい生物

写真:塚本 隆司

地図を見る

3つめのエリアは、深海の世界。沈没船の墓場「アンダーウォーターワールド」だ。イルミネーションや効果照明、迫力あるプロジェクションマッピングで襲いかる巨大な人食い鮫。迫力満点過ぎて、小さな子どもなら泣いてしまうかも。混雑時には難しいかも知れないが、映像空間のやや後ろ気味に立つのがオススメだ。

このエリアでの見どころがもうひとつ。展示されている小物類が、実際に使われていたアンティーク品なのだ。映像以外にも楽しめるのでじっくり見てみよう。

物語の最終章、美しい女神に出会えるウォータースクリーン

物語の最終章、美しい女神に出会えるウォータースクリーン

写真:塚本 隆司

地図を見る

最後のエリアは「ファンタジーラグーン」。深海から無事に生還し、光に包まれる光景は格別。その先にある真っ暗な、何もない空間に突如映像が浮かび上がるのが、ウォータースクリーンを使ったプロジェクション映像だ。
高さ約15メートル、幅約40メートルの水のスクリーンは、平面に映し出される映像とは違った立体感があって見もの。残念なのは、夜間のみの実施なことだが、仕方がない。

このエリアには、土産物店やカフェ「カフェ タラサ」があり、コーヒーやホットワイン、ホットドッグ、スープカレーなどの軽食が楽しめる。本記事の中で、写真を掲載するスペースが足りず残念だが、とても雰囲気があるカフェエリアなのだ。入場券に付いている500円金券が利用できるので、思ったより安価に食事ができるのもうれしい。

まだまだ進化するネスタリゾート神戸に注目

ネスタイルミナの営業は、2017年9月まで。まだまだ計画の一部で、日本で一番のイルミネーションを目指し、今後も進化していく予定というから楽しみだ。
ネスタリゾート神戸も2017年以降、続々と新施設が営業を開始予定。目が離せない注目のスポットだ。
大阪・京都からは車で約50分。大阪駅や三宮駅からは、直通バスも運行されているので、詳しくはMEMO欄にある公式ページを参考にしよう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ