スキーヤーなら、今年こそ聖地カナダ ウィスラー&ブラッコムを目指せ!

| カナダ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スキーヤーなら、今年こそ聖地カナダ ウィスラー&ブラッコムを目指せ!

スキーヤーなら、今年こそ聖地カナダ ウィスラー&ブラッコムを目指せ!

更新日:2016/11/15 14:12

ジュマペル ヤマモトのプロフィール写真 ジュマペル ヤマモト

北米、いや世界有数のスキーリゾートであるウィスラー&ブラッコムは、カナダ西海岸のBC州にあります。標高差・最長滑走距離・コース数 どれをとっても日本のスキー場を凌駕する規模で、大陸で滑る醍醐味をいかんなく味わわせてくれます。
おまけとしてゲートシティとなるバンクーバーで、市内から1時間程度で行けるシティ・ゲレンデや、アイスホッケー観戦など、帰国直前まで楽しめるウィンター・スポーツもご紹介します!

いざウィスラー&ブラッコムへ!

いざウィスラー&ブラッコムへ!

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

ウィスラー&ブラッコムは、2010年バンクーバー五輪で多くのアルペン競技の会場となったスキー場です。カナダ西海岸のゲートシティ バンクーバー市内から「Sea to Sky Highway」を約120km北上します。その名の通り、前半は美しい入江沿いを、後半は少しづつ標高を上げて山あいを走るのが楽しい道です。

ゲレンデの麓にあるウィスラーのビレッジは、山岳リゾートらしい統一感と落ち着きがあり、日本のスキー場とは違う洗練された雰囲気を感じます。ビレッジには、ホテルや貸し別荘などの宿泊施設、各種レストラン・ショップが多数あるので不便しません。もちろんレンタルスキー・スノーボードもありますので、日本からは手ぶらで訪れても問題ありません。

ビレッジの名前は「ウィスラー」ですが、ゲレンデとしては、ウィスラー山とブラッコム山の2つのエリアに分かれています。いずれも標高差は約1,600m、最長滑走距離は約11km、コース数は合わせて200以上 と、ちょっと日本では考えられない規模です。頂上付近は雲海の上、なんてこともあります。この規模ゆえ、夕方になってから「最後にてっぺんから1本滑ってシメるか」なんて、のんきに一番上までリフトで上がっちゃうと遭難しかねないので、十分注意してください。

ゲレンデはさすがの雄大感!

ゲレンデはさすがの雄大感!

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

リフトに乗るのも、ゲレンデを滑るのも、またゲレンデのマナーなども、基本的には日本と違うところはまずありません。もちろんコース名などは英語表示ですが、初級者コースは緑 といったように色分けされていますので、心配することはないでしょう。

山頂付近は、写真のようにゴツゴツした岩が露出していて、これまた日本のスキー場ではなかなかお目にかかれない風景かもしれません。
なにせ広大なゲレンデですから、人が多すぎるなんてことにはならず、快適に滑れますが、日本だとやりがちな「全部のコースを走破してやろう」なんてことは難しいかもしれません。

世界一のゴンドラ

世界一のゴンドラ

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

ここでの目玉の一つが、2つの世界記録を持つピーク・トゥ・ピーク(Peak 2 Peak)ゴンドラです。下から上へ乗客を運ぶものではなく、ウィスラー山とブラッコム山の2つの山頂を水平に結ぶゴンドラで、両エリア間のクイックな移動を可能にしています。

全長4.4kmを11分で結ぶこのゴンドラは、谷底までの高さが436mで世界一、また全長4.4kmのうち最長支柱間距離3,030mも世界一です。ゴンドラからの景色は息をのむ絶景で、特に数十台のゴンドラのうち、2台は床がガラス貼りという粋なサービスで、谷底丸見えのスリリングな体験をすることができます。

バンクーバー市街地至近のゲレンデも

バンクーバー市街地至近のゲレンデも

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

バンクーバー市の北側にも、小規模ながら3つのスキー場があり、市街地から1時間程度でアクセスできますので、帰国便が遅い時間帯なら、ひと滑りしてから帰国ということだってできちゃいます。ゲレンデでは、目の前に広がる高層ビルが立ち並ぶバンクーバー市街や美しい入江に向かって滑走でき、これも日本ではあまりできない爽快な経験です。
一番西側にあるサイプレス・マウンテンは、バンクーバー五輪でモーグルの競技場として使われたスキー場です。真ん中のグラウス・マウンテンは市内から路線バスでアクセス可能です。また東側にはマウント・シーモアがあり、比較的初心者向けの最もこじんまりしたスキー場です。

氷上の格闘技 アイスホッケー観戦

氷上の格闘技 アイスホッケー観戦

写真:ジュマペル ヤマモト

地図を見る

バンクーバーは、北米四大スポーツのアイスホッケーリーグ(NHL)のバンクーバー・カナックスのホームタウンでもあります。2011年には、優勝決定戦(スタンレー・カップ)まで進んだ強豪です。アイスホッケーはカナダの国技でもあり、チームはバンクーバー市民にとても愛されていて、応援は熱狂的です。

アイスホッケーは、氷上の格闘技と呼ばれるほど激しく、また球技の中でも圧倒的なスピード感が魅力のスポーツで、正直言って、初めは眼前で何が繰り広げられているかわからないほどスピーディーです。日本ではなかなか観戦することができないので、機会があれば是非一度観戦することをお奨めします。その迫力に魅了されること間違いありません。

まとめ

ウィスラー&ブラッコムは、日本の一流選手が合宿地に選ぶほど優れたスキー場でもあります。週末に慌しく国内のスキー場に行くかわりに、思い切って長めの休みをとって、雄大なカナダのスキー場で、滑りまくってみるのはいかがでしょうか!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -