山が灯る光と夜景のコラボ!神奈川・松田きらきらフェスタ

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

山が灯る光と夜景のコラボ!神奈川・松田きらきらフェスタ

山が灯る光と夜景のコラボ!神奈川・松田きらきらフェスタ

更新日:2017/10/23 16:39

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

例年11月下旬から山がイルミネーションで埋め尽くされる、神奈川県松田町の松田きらきらフェスタ。七色のイルミネーションと眼下に広がる夜景のコラボは必見です!平面的な他のイルミネーションと違い、山間部ならではの高低差のあるイルミネーションはなかなか見ごたえがあります。光のじゅうたん、様々なオブジェ、そして、夕暮れには富士山の日没も眺められる絶好のスポット!記事内ではこの様子を動画でも紹介しています。

年末になると山が彩られる恒例イベント!松田きらきらフェスタ

年末になると山が彩られる恒例イベント!松田きらきらフェスタ

写真:佐久田 隆司

地図を見る

神奈川県松田町の西平畑公園内がイルミネーションで彩られる恒例イベントが「松田きらきらフェスタ」!この季節になると山が七色に覆われる美しいイルミネーションが目を引きます。メイン会場の「松田山ハーブガーデン」は山の斜面に広がるハーブ畑で、年間を通して様々なイベントが企画されているなか、「松田きらきらフェスタ」は1年を締めくくる美しきファンタジーとして地域住民から愛されてきました。

会場までは、JR松田駅、小田急線新松田駅から徒歩で20〜25分ほど。車の方への駐車場(有料)も用意されています。

夜景とイルミネーション!高台だからこその美しさ!動画で確認

動画:佐久田 隆司

地図を見る

西平畑公園は関東でも指折りの夜景の名所で、標高568mの松田山の南斜面にあり、週末になると夜景見物の方が沢山訪れます。その一角にある「松田ハーブガーデン」は、標高があるのも加わって、夜景とイルミネーションのコラボレーションが実現します。

イルミネーション越しに広がる夜景は幻想的で、この規模で堪能できるのは全国でもトップクラスといえるでしょう。ここでは「松田きらきらフェスタ」をHD動画に収めてあります。ぜひご覧ください。

家族連れもカップルも楽しめる!高低差のあるイルミネーション

家族連れもカップルも楽しめる!高低差のあるイルミネーション

写真:佐久田 隆司

地図を見る

「松田きらきらフェスタ」のイルミネーションは約18万球の電飾によるもので、もっと電飾数の多いイルミネーション会場は全国にあります。でも「松田きらきらフェスタ」の美しさは、電球の数だけではないことがポイントです!

一般的な街頭イルミネーションは電球数や煌びやかさを謳ったものが多く、おおむね平面的な会場構成です。ところが「松田きらきらフェスタ」のイルミネーションは、会場に至る散策路からメイン会場を含む一帯までの飾りつけになっていて、面積は少ないかもしれませんが、立体的な煌びやかさで夜空を彩って独特な印象を与えてくれます。

小田急線やJR御殿場線の車窓から夜空に輝く松田山を観て心沸き立つのも、この土地形状のイルミネーションに独特の魅力があるからです。

早めの来場で夕刻の富士山を堪能!ふるさと鉄道で郷愁に浸るのもいい

早めの来場で夕刻の富士山を堪能!ふるさと鉄道で郷愁に浸るのもいい

写真:佐久田 隆司

地図を見る

松田山は「神縄・国府津-松田断層帯」の境にあり、夕刻の富士山を眺めるのもお勧めです。西平畑公園の上部まで行き、そこから眺めれば紅に染まる関東富士百選の富士山を堪能できるでしょう。西平畑公園にはほかにも昔のおもちゃ体験や遊具で遊べる「子どもの館」、自然に関する学習・体験ができる「自然館」、ミニSL「ふるさと鉄道」などがあります。

「ふるさと鉄道」は、実物の1/6の大きさのシェイ式蒸気機関車と電気動力のミニロマンスカーの2種類を利用し、大人の歩く速さで、鉄橋、踏切、トンネル、スイッチバック2箇所などをへて全長1.1kmを20分かけて往復します。イルミネーション期間は「ふるさと鉄道」もライトアップされ夜間営業が行われます。

山が灯る!斬新なイルミネーションを松田きらきらフェスタで

「松田きらきらフェスタ」は地元に愛されるイルミネーション企画!山の形状をうまく利用したイルミネーションは、高低差のある見栄えのあるものです。また夜景とともにイルミネーションを楽しむのもここならではでしょう。空気の澄んだ山間で観る夜景とイルミネーションが生涯記憶に残るのは間違いありません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -