会津郷土料理と会津地酒を満喫するならココ!「くつろぎ宿 千代滝」

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

会津郷土料理と会津地酒を満喫するならココ!「くつろぎ宿 千代滝」

会津郷土料理と会津地酒を満喫するならココ!「くつろぎ宿 千代滝」

更新日:2016/11/27 09:04

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 ホテルルームライター、国内旅行業務取扱管理者、客室コンサルタント

福島県会津若松市の東山温泉街の高台にある温泉旅館「くつろぎ宿 千代滝」。こちらは一歩館内に入ると会津若松に来たことを実感させてくれます。東山温泉街で高台に位置する「千代滝」はその地を生かした、最上階に会津盆地を一望できる展望露天風呂、ほとんどが10畳以上の広い客室。

そしてなんと言っても温泉旅館の楽しみの一つ、地産地消にこだわった創作会津郷土料理と会津の日本酒、これらが十分堪能できる旅館です。

東山温泉の高台を生かした造りが最大の特徴

東山温泉の高台を生かした造りが最大の特徴

写真:二松 康紀

地図を見る

千代滝は会津若松市街の南東に位置する東山温泉街にあり、サービスの競争が激しい地域で他の温泉旅館とは違ったものを打ち出している旅館の一つです。会津若松駅からのアクセスも良く、駅前からは観光周遊バスが毎日運行、約15分で温泉街に到着するという便利さです。

館内の施設も充実していて、この館内のショップで会津若松のお土産はほとんど揃います。またロビー階には地酒の館があり、会津若松市内にある15の蔵元の地酒約30種類を常時飲めるという、酒好きには魅力的な日本酒バーがあります。そしてこの旅館ならではの最上階展望露天風呂。肌にするっと抜けるようなさらさらの硫酸塩泉が特長です。露天風呂の高い位置からは四季を通じて市内の眺望が楽しめます。

夕食も朝食も地元素材を使った会津郷土料理が味わえます

夕食も朝食も地元素材を使った会津郷土料理が味わえます

写真:二松 康紀

地図を見る

千代滝の一番の楽しみは地元の野菜や肉を使った郷土料理。夕食は地産地消の会席料理、特にこの夕食は料理長のこだわりがあり、会津に古くから伝わる郷土料理「こづゆ」は絶品です。地元の山の幸をふんだんに使用した具を、海の幸であるホタテの干し貝柱からとった出汁で煮たとても上品なこの料理は、今でもおめでたい席には必ず振る舞われるという一品です。そして会津に来たら名物の桜刺(馬刺し)もお願いすると一層地元の味を堪能できます。

朝食も郷土色豊かな和食中心のブッフェが楽しめます。街のホテルなどでは決して味わえない料理の数々が惜しみなく並べられ、野菜や山菜を中心としたそのメニューは、とても健康に良さそうな感じで、一泊しただけでも体が元気になる感じになります。

地元で焼かれた酒器で地酒を楽しむ贅沢さ

地元で焼かれた酒器で地酒を楽しむ贅沢さ

写真:二松 康紀

地図を見る

会津若松の民芸品はたくさんありますが、有名な一つに焼き物があります。中でも慶山焼は約400年前の1592年から受け継がれる会津の代表的文化の一つで、第二次世界大戦時に一度姿を消し、その後再興されたという歴史を持っています。その思想は日常の美、つまり単なる飾りではない、日常で使う器に美を込めた焼き物だとだということです。その慶山焼の猪口で地元の酒を味わう、この粋な趣向を千代滝では楽しむことができます。

自然な発色を特長とする焼き物に日本酒を注いで味わうことができるのはこの旅館ならでは。しかも会津の蔵元のお酒がほぼ味わえるので、酒好きの方は是非この旅館の地酒の館で夜を過ごして欲しいです。

高級ホテルにあるようなライブラリー付きのラウンジで食後の無料コーヒーを

高級ホテルにあるようなライブラリー付きのラウンジで食後の無料コーヒーを

写真:二松 康紀

地図を見る

さて、この旅館の過ごし方は一泊ではなかなか満喫できないくらい多いのですが、お酒の飲めない方にはライブラリーラウンジもおすすめ。ラウンジには郷土資料の書籍から、美術書、写真集など普段はあまり閲覧しないものがたくさんあります。ラウンジ内にあるコーヒーや紅茶、ハーブティーなどは全て無料。子供用の絵本もあり、年齢を問わずゆっくり過ごすことが出来ます。

ラウンジは朝から夜中24時まで開いているので、食後や温泉に入った後などにも気軽に利用でき、ソファでのんびりしてちょっとした非日常を味わうことができます。このラウンジは姉妹館「新滝」にもあり、姉妹館の温泉に行ったときにも利用できるのが嬉しいところです。

ほとんどの部屋は10畳以上の広さでゆったり気分満喫

ほとんどの部屋は10畳以上の広さでゆったり気分満喫

写真:二松 康紀

地図を見る

千代滝はほとんどの客室が10畳以上、ゆったりした造りになっています。特に写真画像の部屋は10畳和室に2.5畳の広縁が付いたタイプで、部屋からは温泉街が一望できます。またこの部屋は2つの洗面台があり、高級ホテル並みの洗面スペースが確保されていて、朝の支度にも重宝します。使いやすい和室で温泉旅館ならではの純和風を堪能してください。

その他の部屋で人気なのは古民家風の和室。障子で広縁を分けたタイプで、黒い梁の部分に装飾が施されていて、会津の古民家を訪れたような感覚で滞在できます。もちろん部屋には最新の家電も完備、32インチの液晶テレビと空気清浄機は館内のどの部屋にも完備され快適です。

会津若松をどっぷり味わうための温泉旅館

千代滝は会津若松を満喫するための温泉旅館といっても過言ではありません。それが会津若松駅からわずか15分ほどで来られるのですから、泊まらない手はありません。一泊でも十分ですが、できれば二泊して姉妹館の湯巡りを楽しむのも良いでしょう。また旅館のすぐそばまで周遊バスが毎日かなりの本数来ているので、そのまま市内観光に出かけられるところもおすすめの一つ。旅館内で郷土料理と温泉を十分満喫した後は市内観光、そして、また旅館に戻ってきてのんびりというスケジュールでこの地を十分に味わってみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ