絶品カレー目当てに訪れたい古民家宿!山梨「大黒屋サンガム」

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶品カレー目当てに訪れたい古民家宿!山梨「大黒屋サンガム」

絶品カレー目当てに訪れたい古民家宿!山梨「大黒屋サンガム」

更新日:2016/11/18 11:28

野水 綾乃のプロフィール写真 野水 綾乃 温泉ライター、安くていい宿案内人

旧甲州街道の面影を残す宿場町の一角。江戸時代の元旅籠を改装したゲストハウス&カフェ「大黒屋サンガム」があります。薪で焚くお風呂など、築270年の古民家に泊まるだけでも貴重な体験ですが、楽しみなのが料理。都内でカレー専門店を営んでいたオーナー夫妻がつくる、地場野菜たっぷりの本格ネパールカレーがいただけるのです。素泊まり4100円、1泊2食6250円とリーズナブルな宿泊料金も魅力です。

築270年の古民家をセルフリノベーション

築270年の古民家をセルフリノベーション

写真:野水 綾乃

地図を見る

江戸幕府によって整備された五街道のひとつ、甲州街道。いちばんの難所と言われた笹子峠を越えて最初の宿場「駒飼宿」に、「大黒屋サンガム」はあります。車一台がやっと通れるほどの宿の前の通りは、往時の街道の雰囲気そのままです。

築270年の切妻造りの古民家は、江戸の昔から旅人が体を休めた旅籠でした。長らく空き家状態となっていたところを、都内でネパールカレー店を営んでいたオーナーの吉田さん夫妻が移り住み、自らリノベーションしてゲストハウスとカフェに再生させました。

現在の宿名は、かつての旅籠の屋号「大黒屋」と、カレー屋さんの店名「サンガム」を合わせたもの。歴史がしっかりと受け継がれています。

モダンに改装されたカフェスペース

モダンに改装されたカフェスペース

写真:野水 綾乃

地図を見る

扉を開けて中に入ると、もともと馬を休める場所だったという土間が続き、靴を脱いで上がる右手の板の間がカフェスペースになっています。少し低めの天井と太い梁が、建物に刻まれた長い歴史を感じさせます。

宿泊者の朝夕のごはんはこちらでいただきます。オーナー夫妻や、WWOOF制度を利用して来ている外国人スタッフとの語らいの場にもなります。木曜日以外はカフェとして日帰りの利用も可能です。

カフェスペースの奥に、素敵な客室が!

カフェスペースの奥に、素敵な客室が!

写真:野水 綾乃

地図を見る

カフェスペースの奥のふすまを開けると、そこが客室に。客室は2部屋のみ。どちらも8畳間で、布団を敷くといっぱいですが、ひとり旅や二人で過ごすには充分。黒板になった壁など、遊び心のある内装もセンスを感じさせます。

素泊まり4100円、2食付きで6250円と宿泊料金が格安な分、アメニティ類は有料となります。タオル、歯ブラシ、パジャマなど、必要なものは持参するとよいでしょう。

辛さが苦手な人も食べられる無添加自然派カレー

辛さが苦手な人も食べられる無添加自然派カレー

写真:野水 綾乃

地図を見る

さて、お楽しみの夕食。メインは、都内の専門店時代から受け継がれるレシピのカレーです。

ネパールの料理人直伝の本場の味に、独自のアレンジを加えたカレーは、辛いスパイスやカレー粉を使わず、生薬と呼ばれる数種のスパイスを調合してつくられています。だから、複雑に絡み合うスパイスの豊かな香りを感じながらも、小さなお子さんでも食べられるほどマイルドな味わい。新鮮な無農薬の地場野菜もたっぷり溶け込んでいます。

炭火のタンドール窯で焼く国産小麦のナンやタンドリーチキン、その他、日替わりの創作料理が並びます。地元・甲州市のワインや、地酒とともにゆっくり堪能しましょう。

山梨の郷土料理「ほうとう」の朝ごはん

山梨の郷土料理「ほうとう」の朝ごはん

写真:野水 綾乃

地図を見る

山梨の郷土料理といえば「ほうとう」が有名。大黒屋サンガムでは朝ごはんでいただけます。ゴボウ、カボチャ、大根、ズッキーニなど、たくさんの野菜の滋味深い味がスープに染みています。おなかからじんわり温まる、ホッとできる朝ごはんです。このほかに、自家製の焼きたてパンを添えた洋食も選べます。

料理はアレルギーやベジタリアンにも対応可能。また、事前に連絡をすればハラルフードにも対応してくれるので、海外のゲストにも喜ばれています。

「ただいま」と言いたくなる古民家宿

いかがでしたでしょうか。最近、格安のゲストハウスが各地に増えていますが、大黒屋サンガムは客室も2部屋しかなく、ひとり旅やふたり旅が中心なのでとっても静か。平日などはひと組で貸し切りになることも少なくないでしょう。

オーナーの吉田さん夫妻と語り合ったり、ウーファーの外国人スタッフに母国の話を聞いたり。単に泊まるだけでない、温かな交流もこちらの楽しみ。ホームステイしているかのような、ここにしかないぬくもりがある古民家ゲストハウスです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/03−2016/10/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ