夜景だけじゃない、冬の函館は真っ白な雪景色も最高!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夜景だけじゃない、冬の函館は真っ白な雪景色も最高!

夜景だけじゃない、冬の函館は真っ白な雪景色も最高!

更新日:2017/12/19 19:44

しもちんのプロフィール写真 しもちん

北海道新幹線も開通し、夏場は多くの観光客で賑わった函館の町。
異国情緒あふれる街並みは、真っ白な雪をまとった冬にも訪れたい場所。12月のクリスマスファンタジーや、2月の函館海上冬花火などイベントも盛り沢山!夏に訪れた方も、まだ訪れていない方も、冬の函館を満喫してみませんか?

雪の函館。

雪の函館。

写真:しもちん

地図を見る

雪景色を楽しむのに一番いいのは、夜の内は雪が降り続き、朝目覚めると気持ち良く晴れていた場合。そんなタイミングが重なったらホテルでの朝食前に外へ出ましょう!
誰の足跡もない雪の上を歩くのは気持ちがいいもの。雪道に慣れていない人も歩幅を縮めてチョコチョコと歩いていけば滑りにくく、慣れてくれば小走りぐらいは出来るようになります。
夏場と違い真っ白な雪をまとった街並みは、どこでシャッターを押しても絵になりますよ。

ベイエリア。

ベイエリア。

写真:しもちん

地図を見る

12月にはクリスマスファンタジーというイベントが開かれるベイエリア。夜は巨大なクリスマスツリーのイルミネーションや、地元の有名店が作った豊富な種類のあったか〜いスープが楽しめるスープバーが人気です。
イベントで盛り上がる夕方から夜にかけてはもちろんですが、朝のベイエリアで函館山と共に楽しめる雪景色も最高です。
ベイサイドにはスターバックスコーヒーや、その隣に函館のご当地グルメとして有名なハンバーガーショップ・ラッキーピエロが100席以上ある巨大店舗を2015年にオープンさせているので、散歩中の休憩場所にも事欠きませんよ。

八幡坂。

八幡坂。

写真:しもちん

地図を見る

函館山からの夜景と共に、函館の代名詞的存在になっている八幡坂も雪景色を眺める上で忘れてはいけません。
雪の坂道はちょっとと思いがちですが、階段もついているので気を付けて登れば大丈夫!昼は雪の街と青い海のコントラストの美しさに、夜は美しく彩られた木々のイルミネーションにと、寒さも忘れて眺め続けてしまうでしょう。

坂道の先、函館港に浮かぶ摩周丸の周辺では、2月に行われる函館海上冬花火が近年人気を博しています。今シーズンは2018年2月9日〜2月11日までの3日間、毎日2000発もの花火が打ち上げられる予定。珍しい冬空に浮かぶ大輪の花火を眺められるのも、冬の函館旅行のならではの醍醐味かもしれませんね。

五稜郭タワー。

五稜郭タワー。

写真:しもちん

地図を見る

函館駅周辺からは少し離れてしまいますが、五稜郭タワーも雪景色が美しいスポットです。こちらは夕方から夜に掛けてがオススメ。真っ白な五稜郭は12月から2月まで「五稜郭の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」が開催され、2000個の電球で五稜郭の周囲が星形に彩られます。
また、タワーからは五稜郭だけでなく、函館山から眺める景色とは逆方向の「裏夜景」も楽しめます。いわゆる裏夜景は北斗市や七飯町の高台から眺めるのが有名ですが、冬場は閉鎖されている道路も多いので、五稜郭タワーから眺めるのが一番お手軽で満足度も高いでしょう。

最後に。

都会が暑い夏に避暑を兼ねて訪れる函館もいいですが、真っ白な雪をまとった異国情緒あふれる街並みは一見の価値あり!ぜひ、冬の函館で美しい雪景色を満喫しましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/10−2013/12/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -