泳ぐ魚を見ながら食事を満喫!バレンシアの水族館オセアノグラフィコ内「スブマリノ」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

泳ぐ魚を見ながら食事を満喫!バレンシアの水族館オセアノグラフィコ内「スブマリノ」

泳ぐ魚を見ながら食事を満喫!バレンシアの水族館オセアノグラフィコ内「スブマリノ」

更新日:2016/11/22 12:46

小林 理沙のプロフィール写真 小林 理沙 日本語教師、翻訳家

「スブマリノ」は、欧州最大級を誇るスペイン・バレンシアの水族館「オセアノグラフィコ」内のアクアリウムレストランです。

海中をイメージしたインテリアデザインも心地よい雰囲気ですが、更にレストランの壁が360度水槽になっていて、まさに海の中にいるかのようです。

周遊する魚に囲まれた竜宮城のように幻想的なレストランで、料理に舌鼓を打ってみませんか。非日常的な空間は旅行者にもうってつけです!

キラキラ輝くオセアノグラフィコの建物

キラキラ輝くオセアノグラフィコの建物

写真:小林 理沙

地図を見る

オセアノグラフィコ(Oceanografico/Oceanografic)のゲートを抜けると、目の前にドンと構えるこの建物。1年にわたって晴天の多い地中海性気候のバレンシアでは、銀色のラメで描かれたような絵や文字が太陽光に反射してきらめいています。

通常、オセアノグラフィコへの入場券を持たずには敷地内へ入ることができませんが、レストランのみの利用の際は、予約しておき、入り口で予約名を告げると、係員がレストランの予約客名簿を調べて入れてくれます。

いよいよレストラン「スブマリノ」へ!

いよいよレストラン「スブマリノ」へ!

写真:小林 理沙

地図を見る

「スブマリノ(Submarino)」は、スペイン語で「海底」という意味の言葉。その言葉が表すように、「スブマリノ」はまるで海底にいるような気分の味わえるレストランです。

先ほどの「オセアノグラフィコ」の文字がキラキラする建物を正面に見て斜め右に進むと、すぐにレストランの建物が見えます。こちらもまたユニークなデザインです。建物に入ったら、水面から海の底に行くように階段を降りましょう。

周遊するお魚を鑑賞しながらの食事タイム

周遊するお魚を鑑賞しながらの食事タイム

写真:小林 理沙

地図を見る

円形のレストランの中心部に天井からは、まるでクラゲが水中を泳いでいるかのような浮遊感のある茶色がかった黄色いオブジェがいくつも吊り下げられています。

それを見ながら、階段を下りてレストランのフロアに着くと、建物を囲む壁全体が水槽になっているのが視界に入ります。深い海のようにディープな青が印象的な水槽で、無数の銀色の魚が周遊して、実にムーディー。

食事時間が若干遅いスペインですので、ランチは13時から、ディナーは21時からになっています。HPの予約欄や電話、メールでご予約できます。
(電話番号、メールフォームは、関連MEMOリンク先の最下部にあります)

地中海料理やフュージョン料理を味わう!

地中海料理やフュージョン料理を味わう!

写真:小林 理沙

地図を見る

ランチタイムは35ユーロ、39ユーロ、45ユーロのコースがあります。前菜を2品、デザートを一品共通メニューの中から、メインディッシュをそれぞれのコースのオプションから1品選ぶスタイル。

どのコースにも魚料理、肉料理の他、米料理があります。さすがはスペインを代表する米料理パエリア発祥の地のバレンシア。地中海料理が主体ですが、うどんやキヌアといった食材を使った料理もあります。

ディナータイムは、50ユーロのコースの他、アラカルトメニューから料理を選べます。写真は、39ユーロのランチコースのメインディッシュのアンコウとアーティチョークの米料理です。

食事の前後は近未来的な景色を楽しむ

食事の前後は近未来的な景色を楽しむ

写真:小林 理沙

地図を見る

2002年に開館した「オセアノグラフィック」は、2016年現在、欧州最大の海洋水族館です。ユニークな建物が敷地内に点在しますが、この水族館があるのが「芸術科学都市」と呼ばれる一帯です。スペイン人建築家サンティアゴ・カラトラバが主に手がけました。

地中海、太平洋、大西洋の生物などとテーマ毎にパビリオンが分かれています。各パビリオンは近未来的な建物で、地下に水槽があります。敷地の総面積はなんと11万平方メートル!

水族館に入るには入場券が要りますが、入り口からレストラン「スブマリノ」までの短い距離の間にも、池にいるペリカンやフラミンゴの群れを見ることができます。ヨーロッパ随一の規模を誇る水族館見学をしたい方は、入場券をお持ちになって広々とした構内をご覧ください。

終わりに、

オセアノグラフィコが所在する「芸術科学都市」は、2015年公開のディズニー社のハリウッド映画『トゥモローランド』のロケ地にもなりましたので、映画好きの方は是非、「芸術科学都市」全体に足をお運びください。

水族館見学なしで、オセアノグラフィコのレストラン「スブマリノ」でお食事をお考えの方は、是非レストランに予約をしてください。昼も夜も食事を楽しめますが、「芸術科学都市」がライトアップされ更に幻想的な姿に変わる夜は「スブマリノ」もよりロマンチックです。

是非、オセアノグラフィコのレストラン「スブマリノ」の日常生活から切り離された世界観を一度体感してください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -