紅葉の見ごろが長〜い!奈良公園は、奈良屈指の紅葉スポット

紅葉の見ごろが長〜い!奈良公園は、奈良屈指の紅葉スポット

更新日:2020/11/24 17:12

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家
大仏と鹿でおなじみの「奈良公園(奈良県奈良市)」。京都御苑の7倍以上の広い奈良公園は、実は奈良県内でも屈指の紅葉スポット。紅葉の見ごろ・時期は例年10月下旬〜12月上旬と長く、イチョウが散った後も風情があります。敷地が広いので混雑を避けて紅葉を楽しめるほか、イチョウと鹿のコラボも幻想的。そこで、奈良公園でおすすめの紅葉スポットをご紹介。世界遺産の東大寺や春日大社などの寺院巡りも楽しまれてはいかが?

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出され、不要不急の外出の自粛が求められています。加えて自治体独自での緊急事態宣言発出や、往来の自粛要請をしている場合があります。また施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

奈良公園の紅葉名所!吉城川

奈良公園の紅葉名所!吉城川

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

奈良公園は、広大な公園。混雑を避けてのんびり紅葉散策できるほか、イチョウと鹿の幻想的なコラボを楽しみたい方にも、秋の奈良公園はおすすめです。

奈良公園の紅葉は例年10月下旬から色づき、11月中旬から下旬にかけて見ごろを迎えます。紅葉時期が12月上旬までと長いことが特徴。

イチョウは早く散ってしまいますが、12月下旬になっても葉を落としたイチョウが黄色いカーペットのように広がり、秋の風情を長く楽しむことができます。

奈良公園の紅葉名所!吉城川

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

奈良公園での紅葉巡りの旅も、東大寺から始めましょう。
東大寺周辺の紅葉名所といえば、「吉城川(よしきがわ)」。奈良公園内を流れる小川で、吉城園や依水園にも流れこんでいます。

「春日野国際フォーラム 甍〜I・RA・KA〜」から、東大寺参道にかけて、色鮮やかな紅葉が、川面を赤く染めながら続いています。紅葉と南大門、鹿と記念写真を撮るなら、絶対おすすめのスポット。

奈良公園の紅葉名所!吉城川

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

吉城川は、世界遺産の春日山原始林を源流とする清流。水量が少ないので、川の近くにまで寄って遊んでみるのもおすすめ。
川の流れに身をゆだねる、散紅葉の姿も風情があります。鹿が水を飲みに来る姿も見られ、吉城川周辺は鹿たちの憩いのスポット。

<吉城川の基本情報>
アクセス:市内循環バス「東大寺大仏殿・春日大社前」、ぐるっとバス「大仏殿前駐車場」
駐車場:奈良登大路駐車場(奈良県庁付近)など

穴場の銀杏スポットも!東大寺

穴場の銀杏スポットも!東大寺

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

吉城川から、土産店が並ぶ南大門を通り、東大寺ミュージアムを過ぎると、東大寺大仏殿や中門が正面に見えてきます。
手前に「鏡池(写真)」があり、ここは写真映えのスポット。池に大仏殿の姿が写り、紅葉で彩られた小島も浮かんでいます。

穴場の銀杏スポットも!東大寺

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

“奈良の大仏”で知られる、「東大寺大仏殿(金堂)」。多くの観光客は大仏さまを拝観して、二月堂に行かれる方が多いのですが、「大仏池(正倉院大池)」にもぜひ寄ってみて下さい。
東大寺の西側(正倉院の近く)にある池。観光客の姿はほとんどなく、静かな秋の古都を満喫できる穴場スポットです。

<東大寺の基本情報>
アクセス:市内循環バス「東大寺大仏殿・春日大社前」、ぐるっとバス「大仏殿前駐車場」
駐車場:GSパーク東大寺西大門駐車場など
拝観料金:大人600円、子供(小学生)300円
拝観時間:7:30〜17:30(11月〜3月は8:00〜17:00)

穴場の銀杏スポットも!東大寺

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

東大寺・二月堂も、意外にイチョウが美しいスポットなのでぜひ参拝しましょう。関西に春を呼ぶ仏教行事“お水取り(修二会)”で知られる寺院です。土塀に囲まれた裏参道の周辺にもイチョウがあり、鹿とのコラボも幻想的。大仏殿から裏参道を進むと、二月堂に行くことができます。

<二月堂の基本情報>
アクセス:ぐるっとバス「手向山八幡宮・二月堂前バス停」すぐ
参拝料金:無料
参拝時間:24時間自由参拝

道真が和歌で詠んだ!手向山八幡宮

道真が和歌で詠んだ!手向山八幡宮

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

二月堂から、法華堂(三月堂)を過ぎた場所にある神社が、「手向山八幡宮(たむけやまはちまんぐう)」。紅葉も見どころのひとつ。菅原道真が和歌で紅葉を詠んだ紅葉名所です。

道真が和歌で詠んだ!手向山八幡宮

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

手向山八幡宮は、東大寺を守るため、九州にある八幡宮の総本社「宇佐八幡宮」から神さまをお迎えした神社。敷地内にある大きなイチョウの黄色が色鮮やか。

道真が和歌で詠んだ!手向山八幡宮

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

手向山八幡宮は、比較的に観光旅行者の姿が少なく、のんびり紅葉散策が楽しめる穴場スポット。のんびりした古都の風情が感じられます。若草山や春日大社へと抜ける小道があるので、ぜひこちらも散策しましょう。

<手向山八幡宮の基本情報>
アクセス:ぐるっとバス「手向山八幡宮・二月堂前バス停」すぐ
参拝料金:無料
参拝時間:7:00〜16:30(変動あり)

紅葉と建築美も見どころ!春日大社

紅葉と建築美も見どころ!春日大社

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

手向山八幡宮から、春日大社へ抜ける小道は、若草山(わかくさやま)の麓に位置し、奈良公園の最深部のエリア。手つかずの自然が残り、原生林の香りが瑞々しい。

水谷茶屋や水谷神社、一言主神社といった風情のあるスポットが多く、混雑を避けてのんびり散策したい方におすすめのコースです。

紅葉と建築美も見どころ!春日大社

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

春日大社に近づくにつれて、雰囲気がガラリと変わります。うっそうと茂る原生林の森。苔むした石灯ろうが並ぶ神域は、心静かに歩きたいエリア。朱色の社殿にかかる紅葉も風情があります。

紅葉と建築美も見どころ!春日大社

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

奈良時代に、茨城県の鹿島から白鹿にまたがってやって来られた建御雷命(たけみかづちのみこと)が御蓋山(みかさやま)に降臨されたことにはじまる春日大社。

最大の見どころは、“春日造り”と呼ばれる優美な神社建築。朱色の柱にも高貴な深みがあり、回廊を取り巻く釣灯籠の姿も美しい。2月(節分)と8月(お盆)に火が灯される万燈籠は幻想的。

<春日大社の基本情報>
アクセス:奈良交通バス・ぐるっとバス「春日大社本殿」すぐ
拝観料金:500円(特別参拝)
拝観時間:6:30〜17:30(11月〜2月は7:00〜17:00)
駐車場:春日大社駐車場など

帰りに寄りたい!浮見堂、奈良奥山

帰りに寄りたい!浮見堂、奈良奥山

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらの「浮見堂」も、奈良公園の紅葉穴場スポット。観光コースからやや外れた場所にありますが、桜や紅葉の名所でもあり、ライトアップが行われています。
春日大社から、近鉄「奈良駅」へと戻る途中にあり、「ならまち」にも近いので、帰りがけにぜひ立ち寄ってみましょう。

<浮見堂の基本情報>
アクセス:ぐるっとバス「高畑駐車場・浮見堂」すぐ
参拝料金:無料
参拝時間:24時間自由
ライトアップ:日没〜22時(年中無休)

帰りに寄りたい!浮見堂、奈良奥山

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

奈良公園の奥には、「若草山「春日山」「高円(たかまど)山」の3つの山があります。このうち、若草山は、手向山八幡宮から、春日大社へ抜ける途中にあり、芝生でのランチも楽しい。

三つの笠を重ねたような姿から、「三笠山」とも呼ばれ、1月の山焼きは有名。紅葉だけでなく、すすきや桜も美しい。山頂まで登ることができ、子供連れのご家族にもおすすめです。

<若草山の基本情報>
アクセス:ぐるっとバス「若草山麓」すぐ
入山料金:大人150円、子供80円
入山時間:9:00〜17:00
開山期間:3月第3土曜日〜12月第2日曜日

帰りに寄りたい!浮見堂、奈良奥山

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

若草山の山頂へは、春日山遊歩道があるほか、ドライブウェイ(奈良奥山ドライブウェイ)もあるので、車でアクセスすることもできます。夜景でも人気のスポット。さらに、奈良奥山、高円山へと車で行くこともできます。

写真の高円山は、万葉集にも歌われた山。大文字山でも知られ、夕日も美しいので、車で行かれた方は、奈良公園の帰りに紅葉ドライブを楽しんではいかがでしょうか?

なお、東大寺や二月堂など、奈良の観光名所やハイキングコースなどについてもまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに張り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

<基本情報>
ドライブウェイのコースと営業時間:
新若草山コース:8:00〜23:00(12月1日〜3月15日は22:00まで)
奈良奥山コース:9:00〜17:00
高円山コース:8:00〜18:30

奈良公園の基本情報

住所:奈良県奈良市春日野町ほか
電話番号:0742-22-0375 (奈良公園事務所)
アクセス:JR奈良駅、近鉄奈良駅から市内循環バス・ぐるっとバスなど
駐車場:
奈良登大路駐車場(奈良県庁付近)、若草山山頂駐車場(無料)、GSパーク東大寺西大門駐車場、春日大社駐車場、ならまち周辺の駐車場、夢風ひろば駐車場など
※駐車場の料金相場は、乗用車1回1000円

【ぐるっとバス(奈良公園ルート)】
運行ダイヤ:土日祝のみ(平日は運休)
運行時間:大仏殿前駐車場 9:25 発の始発から、17:10 発まで(15分間隔)
乗車運賃:100円
路線ルート:JR奈良駅西口、近鉄奈良駅、大仏殿前駐車場、手向山八幡宮・二月堂前、若草山麓、春日大社本殿、高畑駐車場・浮見堂、元興寺・ならまちなど

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/13−2020/11/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -