東京ディズニーランドの新エリア「キャンプ・ウッドチャック」を200%楽しむ攻略法

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京ディズニーランドの新エリア「キャンプ・ウッドチャック」を200%楽しむ攻略法

東京ディズニーランドの新エリア「キャンプ・ウッドチャック」を200%楽しむ攻略法

更新日:2016/11/22 17:34

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

2016年11月22日、東京ディズニーランドの新エリア「キャンプ・ウッドチャック」が公式オープン!エリア内には、グリーティング施設とレストランの2つが新設されました。最大の目玉は、ドナルド&デイジーにいつでも会えるグリーティング施設ができたこと。特に、デイジーと会える常設施設はどこにもなかったので、大注目です!ここでは新エリアを楽しむための攻略法を、ちょっぴりマニアックな視点でご紹介します。

「キャンプ・ウッドチャック」の場所は?

「キャンプ・ウッドチャック」の場所は?

写真:安藤 美紀

地図を見る

まずは「キャンプ・ウッドチャック」の場所からご案内します。
「キャンプ・ウッドチャック」があるのは、エントランスを背にした左側のゾーン、ウエスタンランド内。お山のジェットコースター「ビッグサンダーマウンテン」の先、蒸気機関車「ウエスタンリバー鉄道」の線路をくぐった左手にあります。「トムソーヤ島いかだ」の奥にあるので、いかだ乗り場を目指すといいでしょう。

「キャンプ・ウッドチャック」は、昔アメリカで出版されたディズニーコミック「ジュニア・ウッドチャック」をベースに作られたエリア。ここでは、ドナルドやデイジー、甥っ子のヒューイ・デューイ・ルーイたちが参加した、サマーキャンプの世界を再現しています。エリアの名前に使われた「ウッドチャック」とは、北アメリカに生息するリスのような小動物。コミックでも時々登場しますが、東京ディズニーランドでは「キャンプ・ウッドチャック」のシンボルになっています。

東京ディズニーランドで不動の人気を誇るキャラクターといえば、ミッキーやミニー。…ですが、ドナルドやデイジーじゃないとしっくりこない!という方も多いはず。「キャンプ・ウッドチャック」は、ドナルド&デイジーファンにとって、最高に楽しいエリアなのです。

ドナルドとデイジーどっちにする?グリーティングは別々

ドナルドとデイジーどっちにする?グリーティングは別々

写真:安藤 美紀

地図を見る

「キャンプ・ウッドチャック」の中に入ると、レストランエリアとグリーティングエリアに分かれます。グリーティングに行く方は、右側(アメリカ河沿い)に進み、さらに奥を目指しましょう。

ある程度進むと、途中でふた手に別れます。ドナルドとデイジーはグリーティング用の部屋が別々なので、並ぶ列も別々。どちらに会いたいのか決めて、各ルートに進みます。

さて、ここでどちらを選ぶか決めかねる…という方は、デイジーがオススメです。その理由は、ドナルドは東京ディズニーシー「ロストリバーデルタ」でも会うことができすが、デイジーに関しては「キャンプ・ウッドチャック」でしか常設で会うことができないから。つまり、デイジーの方がレア感が高いのです。

ただしグリーティングの待ち時間も、デイジーの方が長くなる傾向があります。デイジー派の方は、時間に余裕を持ってきてください。

グリーティングエリアの隠れ○○を探せ!

グリーティングエリアの隠れ○○を探せ!

写真:安藤 美紀

地図を見る

「キャンプ・ウッドチャック」では、順番待ちのゲストに対して、飽きさせない仕掛けがたくさんあります。

注目したいのは、隠れ○○シリーズ。
アメリカ河沿いの道に飾られた地図には、隠れミッキーがあります。かなり小さいミッキーなので難易度高め。その存在さえ気付かないかもしれませんが、ぜひ探してみてください。

他にも、待ち列内のディスプレイには隠れドナルドや、隠れウッドチャックが…!全体的に隠れ○○シリーズは相当難しい半面、かなり面白い内容になっています。

逆に見付けられずモヤモヤするわー!という方は、キャストに聞いてみましょう。良い感じのヒントを教えてくれますよ。

グリーティングは衣装や部屋の装飾にも注目

グリーティングは衣装や部屋の装飾にも注目

写真:安藤 美紀

地図を見る

いよいよ、お待ちかねのグリーティングタイム!
カメラの準備をして、キャラクターと一緒に写真を撮りましょう。自分のカメラ以外でも、プロのカメラマンに撮ってもらえるスナップフォトサービス(税込価格1,540円)があります。とっておきの思い出を作りたい方は、こちらもおすすめですよ。

ドラルドとデイジーは、2人ともふわふわの帽子でお出迎えしてくれます。他にも胸元に巻いたオレンジと黄色のスカーフ、ワッペンはお揃い。でも、スカートや水筒など一部は微妙に違っています。時間のある方は両方グリーティングしてみて、違いを探してみると楽しめます。(各部屋の内装やインテリアも違もチェックしてみると面白いですよ!)

新レストランは、2Fのテラス席が気持ち良い!

新レストランは、2Fのテラス席が気持ち良い!

写真:安藤 美紀

地図を見る

「キャンプ・ウッドチャック」の中で、グリーティングと同じく誕生したのが、レストラン「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」。

もともとここは「ラッキーナゲット・カフェ」という平屋建てのカフェでしたが、席数440席の大型レストランに生まれ変わりました。

特に2Fのテラス席は、最高のロケーション!トムソーヤ島も一望できて、カヌーや蒸気船を眺めながら食事を楽しむことができます。食事をする場所は、1Fでも2FでもどちらでもOK。自由に自分の好きなを選びましょう。

メインのお料理は、バンズがワッフルでできた「ワッフルバーガー」に限定していて、中の具が3種類から選べます(フライドチキン・ベーコン・スパイシーシュリンプ)。一押しは、メイプルソースをかけて食べるフライドチキン。甘辛いサクッとした食感が、とっても美味しいですよ。

絶対楽しい!東京ディズニーランド「キャンプ・ウッドチャック」

「キャンプ・ウッドチャック」は、ドナルドたちの可愛さが散りばめられた新エリア。話題のスポットだけに、待ち時間は長くなるかもしれませんが、隠れ○○を探して楽しんでくださいね!

(C)Disney

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -