シーフードランチにおっぱい石も!日帰り「ベトナムハロン湾クルーズ」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

シーフードランチにおっぱい石も!日帰り「ベトナムハロン湾クルーズ」

シーフードランチにおっぱい石も!日帰り「ベトナムハロン湾クルーズ」

更新日:2016/11/21 16:25

結月 ここあのプロフィール写真 結月 ここあ 旅行ブロガー

ベトナム・ハノイ観光の目玉といえば、世界遺産にも登録されている「ハロン湾クルーズ」です。神秘的な伝説に由来したハロン湾の雄大な景色は、中国の桂林にも似ていることから海の桂林とも呼ばれ、その幻想的な景色は観光客の誰もが魅了されます。今回はクルーズ船に乗り込み、新鮮なシーフードランチとカラフルな鍾乳洞見学の日帰り4時間クルーズ(往復の移動をあわせて12時間)をご紹介しましょう。

世界遺産のハロン湾

世界遺産のハロン湾

写真:結月 ここあ

地図を見る

「ハロン湾」へはハノイから車で約4時間ほどかかるので、朝8時前後にハノイ市内を出発します。農村地帯や工業地帯を眺めながらハロン湾へと向かいます。ハロン湾は1994年に世界遺産に登録されたベトナムで人気の観光地。2011年には、世界七不思議自然版にも選出されました。1553ヘクタールという広大な湾の中には、長い年月をかけて侵食された3000余りもの石灰岩でできた奇岩が浮かんでいます。

ハロンのハは降りる、ロンは龍の意味で中国からの侵攻に悩まされていた時に、空から舞い降りてきた龍の親子が玉をはき出して撃退し、それが島になったという伝説に由来しています。

新鮮なシーフードランチに舌鼓

新鮮なシーフードランチに舌鼓

写真:結月 ここあ

地図を見る

ハロン湾日帰りクルーズのもう一つの楽しみは新鮮なシーフードランチ。獲れたての海老や蒸したアサリ・ジャガイモのスープ・揚げ春巻き・インスタント焼きそば・空芯菜のニンニク炒め・カニやスズキの揚げたものなど船内で料理されたものが次々運ばれてきます。どれもシンプルな味付けですが、新鮮なだけにそれがベスト!

船はお天気がよければ波は穏やかでほとんど揺れることもなく、心地よい風が頬を打って気持ちがいいんですよ。
2羽の闘鶏が向き合っているように見える闘鶏岩や、ゴリラの横顔に似ているゴリラ岩、20万ドン札に印刷されている香炉島などと、景色は次から次へと姿を変えて楽しいです。

カラフルな鍾乳洞

カラフルな鍾乳洞

写真:結月 ここあ

地図を見る

クルーズの途中、ダウゴー島に上陸して鍾乳洞の見学もします。
1990年に発見された「ティエンクン鍾乳洞」は、海面から20メートルほどの切り立った岩の切れ目に入り口があった為、なかなか気づかれませんでした。近年になって漁師がたまたま見つけたそうです。クルーズ船から一旦下船して島に上陸、150段ほどの階段を上り鍾乳洞に入ります。内部は広がっていてカラフルな照明に照らされています。

ティエンクンとは天宮という意味で、洞窟の隙間から日が差しこんでいるのが見えると思いますが、この隙間(天窓)から差し込む太陽の光が天宮へと繋がっているといわれています。

子宝に恵まれるおっぱい石

子宝に恵まれるおっぱい石

写真:結月 ここあ

地図を見る

洞窟の中にはいろいろな形に見える鍾乳石が林立しています。鍾乳石の中には象や龍やサンタクロースに見えたりもするので、探してみるのも楽しいですよ。
この写真の中央部にある白い突起のある鍾乳石は、この鍾乳洞のシンボルといわれるおっぱい石で、触ると子宝に恵まれるといわれています。

なお洞窟内は滑りやすく石段もありますので、スニーカーなどの歩きやすい靴でお越しください。

記念撮影ポイント!

記念撮影ポイント!

写真:結月 ここあ

地図を見る

30分ほどの鍾乳洞見学が終わると、入り口と反対側の湾のところに先ほど乗ってきたクルーズ船がこのように待っていてくれます。出口から船着き場に行く途中には、ハロン湾をバックに写真を写せるポイントがあるので、ここでの記念写真もお忘れなく。
ここから再びクルーズ船に乗って、ハロン湾の港へと帰ります。

ハロン湾クルーズのベストシーズンは6〜11月。8〜9月は晴れることが多いのですが台風も時々きます。天候が悪いと船が出港しないこともあるので注意してくださいね。冬場は風が強く寒いので、防寒着を忘れずにお持ちください。

ハロン湾クルーズ

ハロン湾へはハノイから片道4時間、往復で8時間もかかりますが、行っただけの甲斐はあります。今までに見たことがないような幻想的な景色に感動すること間違いなし。
なお個人でバスで行くこともできますが、乗り合いバスは座れないこともあるので、日帰りツアーがお勧めです。なお途中は道路事情のよくないところもありますので、できれば大型バスを使うツアーが疲れません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/23−2016/10/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ