玉ねぎも観光に!淡路島で話題「うずの丘」は楽しく美味い絶景レストラン

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

玉ねぎも観光に!淡路島で話題「うずの丘」は楽しく美味い絶景レストラン

玉ねぎも観光に!淡路島で話題「うずの丘」は楽しく美味い絶景レストラン

更新日:2016/11/23 08:35

旅人間のプロフィール写真 旅人間 はらぺこライター、旅ブロガー

淡路島の観光&グルメで絶対に見逃してはいけない場所があります。それは「うずの丘 大鳴門橋記念館」と言う大鳴門橋と鳴門海峡を見渡せる絶景ポイントに位置する複合施設。記念館と言う名前からは少しお堅い印象を持ちがちですが、実はエンターテインメントに溢れ、食事も美味しく、土産物も充実し、淡路島玉ねぎの巨大オブジェや話題のクレーンゲームも設置されています。とにかく淡路島に行くなら要チェックですよ。

その高さ2.8メートル!巨大玉ねぎの撮影ポイント

その高さ2.8メートル!巨大玉ねぎの撮影ポイント

写真:旅人間

地図を見る

淡路島と言えば「たまねぎ」と言うほど全国的に有名で、一口で甘み、柔らかさ、歯ごたえの違いを感じるほど日本一の品質を誇る淡路島の名産。淡路島が年間を通じて温暖な気候に恵まれ、日照時間も長いことが風土恵まれた所以と言われています。

そんな淡路島玉ねぎを徹底的にPRし、スタッフ全員の深い玉ねぎ愛で包まれている場所があります。それは「うずの丘 大鳴門橋記念館」で、とにかくここは玉ねぎに関するものが多い。その代表例として大鳴門橋と鳴門海峡を見渡せる場所に高さ2.8メートル、直径2.5メートル、重さ約250キロと言った巨大玉ねぎオブジェ。これは「おっ玉葱」記念撮影ポイントとしても人気。淡路島に来たら、まずココは外せません。

「淡路島たまねぎ10年分必ず買っていただきます」とは?

巨大玉ねぎオブジェ「おっ玉葱」で記念撮影をする時には絶対に守らねばいけない注意事項があります。それはオブジェに登ったり、蹴ったり、パンチしたり、傷つけてしまう事。これは社会的常識として当然の事ですが、もしも犯してしまうととんでもない事に!

とにかくオブジェの前まで来たら、足元の砂にまみれた注意書を見て欲しい。もし傷つけたりした場合は「淡路島たまねぎ10年分必ず買っていただきます」とあり、1.5kg×3,650日分の捕捉も書かれています。金額的にも想像するとゾッとしますが、それ以上に10年分の玉ねぎが自宅に届いたら近所から「玉ねぎ屋敷」と噂されてしまうかも…。間違ってもオブジェの上に登ったりはせず、きちんとルールを守りましょう。

「淡路島たまねぎ10年分必ず買っていただきます」とは?

写真:旅人間

地図を見る

もしも取れたら、淡路島産たまねぎ1.2kg分をプレゼント!

「うずの丘 大鳴門橋記念館」の館内に入ると、入り口付近で「おー!わぁー!ぎゃー!」と言った賑やかな声。一体その先には何があるのか?と見てみるとゲームセンターでおなじみのクレーンゲームが一台置いてあります。その中身はなんと!玉ねぎ…。

「へぇ〜玉ねぎのUFOキャッチャーか、面白いね」とのんきに見ていてはいけません。何故なら、本物のたまねぎを獲得したら、景品として淡路島産たまねぎ1.2kg分をプレゼントしてくれます。その為もあってか、チャレンジする人の平均年齢は高い。そして「ここはお父さんに任せろ!」と家族で盛り上がる姿も。ここは是非挑戦したい。

もしも取れたら、淡路島産たまねぎ1.2kg分をプレゼント!

写真:旅人間

地図を見る

たまねぎヘアのカツラを被ってお買い物をすると…

館内には「たまねぎカツラ貸出コーナー」があり、もちろん無料です。このカツラを被って記念撮影するだけでも楽しいけど、被ったままでレジまで進み買い物をすると景品がもらえます。何がもらえるかはお楽しみ♪

特におすすめは、このカツラを被ったまま外に出て、巨大オブジェのある「おっ玉葱」の前でパシャッと記念撮影。カップルが楽しそうにしている姿や、孫と一緒にお祖父ちゃん、お祖母ちゃんもカツラを被って家族で記念撮影をしている姿も多く見られ、実に微笑ましい。楽しく買い物が出来て、良い思い出にもなりますよ。

たまねぎヘアのカツラを被ってお買い物をすると…

写真:旅人間

地図を見る

淡路島の美味しいもの勢ぞろい、玉ねぎも必食!

この道の駅には「絶景レストラン うずの丘」があり、ここではテレビなどでも紹介される名物料理が数多くあります。例えば「海鮮うにしゃぶ」「アワビの肝焼きコース」など、メニュー見ているだけでヨダレが出て来そうなほど美味しそう!

とにかく旬な魚介類が豊富で、淡路島で美味しいものを食べるなら、ここに来たらまず間違いはありません。そして忘れてはいけないのが「淡路島玉ねぎ」の存在。特にレストランで食べられる皮つきの淡路島玉ねぎを真っ黒になるまでじっくりオーブンで焼き上げた「島のくろ玉」は是非食べておきたい。甘くてトロトロの食感は感動的ですよ。

淡路島の美味しいもの勢ぞろい、玉ねぎも必食!

写真:旅人間

地図を見る

ご当地バーガーはグランプリで1位と2位を受賞!

この「うずの丘 大鳴門橋記念館」では、他にも見逃せない魅力があります。それは「全国ご当地バーガーグランプリ」で1位と2位を受賞したバーガーも売られていること。
「あわじ島オニオンビーフバーガー」は2013年に1位を受賞。「あわじ島オニオングラタンバーガー」は2014年に2位を受賞。他にも1日10個限定で販売されている「あわじ島玉ねぎたっぷり厚切りチャーカツバーガー」も注目したい。他にも魅力がいっぱい見つかるはず。淡路島に美味しいたまねぎグルメを食べに行きましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -