寒がり屋さん必見!札幌「炙屋大通ビッセ店」で北海道グルメとイルミネーションを堪能

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

寒がり屋さん必見!札幌「炙屋大通ビッセ店」で北海道グルメとイルミネーションを堪能

寒がり屋さん必見!札幌「炙屋大通ビッセ店」で北海道グルメとイルミネーションを堪能

更新日:2016/11/29 11:40

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

「炙屋大通ビッセ店」は大通3丁目、ビッセ4階南側に面している居酒屋です。市営地下鉄では7番出口のすぐそばです。ここは、豪快に炭火で焼いた北海道の新鮮魚介類や、海鮮問屋直送の鮮度の良いお刺身やお寿司が美味しいお店です。

大通公園が一望できる立地にあるので、冬だから美味しい旬の「ほっけ」等、北海道グルメを堪能しながら「さっぽろホワイトイルミネーション」を眺めてみましょう。寒がり屋さんにお勧めですよ。

カウンター席で炭火焼を眺めながらお食事!

カウンター席で炭火焼を眺めながらお食事!

写真:ミセス 和子

地図を見る

北の居酒屋炙屋は、札幌市内5店舗の本格的な炉端料理専門店です。その中でも炙屋大通ビッセ店は、大通公園に面していて4階の高さから大通公園が一望できる眺望の良いお店です。店内は中央部にカウンター席、南側の大きな窓側に沿ってテーブル席があります。大通公園のイベントの際は窓側席が人気ですよ。

お店の中央のカウンター席では、板前さんが大きな炉端でお魚を焼いたり、串焼きをしたり等の調理を眺めながらゆっくり食事をする事ができます。座席料金はないので時間を気にする事なくお食事ができます。

北海道内の地名が付いたテーブル席!

北海道内の地名が付いたテーブル席!

写真:ミセス 和子

地図を見る

炙屋大通ビッセ店のテーブル席は、利尻、宗谷、旭岳、阿寒、斜里、羅臼(らうす)等、北海道各地の地名が付いた、座席料金のあるお席です。

窓側席は、大通公園が一望できるテーブル席の宗谷、羅臼、利尻。窓側席が見渡せる段差のある斜里、掘りごたつ畳の間の阿寒、個室利用の旭岳等、おしゃれな空間が演出されています。

せっかく冬のイベント観光に来たけれど、寒くてゆっくり散策できない、寒さに慣れていない旅行者にぴったりの穴場居酒屋ですよ。温かい室内からさっぽろホワイトイルミネーションを眺め、冬の北海道グルメを堪能してみましょう。

生寿司盛り合わせ「華」

生寿司盛り合わせ「華」

写真:ミセス 和子

地図を見る

生寿司「華」は、北海道産のいくら二貫、生うに三貫と厚焼き卵の盛り合わせです。炙屋の寿司は手造りにこだわり、職人さんが銀シャリを愛情を込めてふんわりと手で握るため、たまらなく美味しいのですよ。

小皿にお醤油を入れて、数の多い生うにからいただいてみましょう。お醤油をシャリの下に付けて、一口で頬張ってみると、うにと銀シャリ、パリパリの海苔その旨さが一度に口の中で弾けます。飲み込んだ後も、まったりと生うにの余韻が残りますよ。

次はいくらを頬張ってみましょう。いくらのつぶつぶが、口の中で弾けて旨みたっぷりの新鮮な美味しさ、シャリと海苔の美味しさが混ざり合い、感動の一貫です。合間に厚焼き卵を頬張りながら、1貫づつ時間をかけていただいてみましょう。きっと満足できる、おすすめの一皿です。

羅臼(らうす)産、真(ま)ぼっけ!

羅臼(らうす)産、真(ま)ぼっけ!

写真:ミセス 和子

地図を見る

写真は北海道羅臼で水揚げされた「真ぼっけ」の干物を、炭火焼で焼き上げたものです。表面は香ばしく、中の身はふんわり柔らかく、一緒にいただくと大変美味しいのです。旨みを最大に引き出す干し具合と塩加減が程良く、脂が乗っています。長さも30センチはありますので食べ応えのある真ぼっけです。

羅臼は北海道東部、知床にある海に囲まれた町です。寒い海で育った真ぼっけは冬だから美味しい、冬が旬のお魚です。大ぶりで厚みのある品質の良い特大サイズ、一人では大き過ぎるので、気の合う仲間とお箸を突っつきながらいただくと楽しいでしょう。

「さっぽろホワイトイルミネーション」を眺めよう!

「さっぽろホワイトイルミネーション」を眺めよう!

写真:ミセス 和子

地図を見る

炙屋大通ビッセ店の大きな窓からは、さっぽろホワイトイルミネーションの大通3丁目会場と4丁目会場、その間の3丁目通りのイルミネーションが見渡せます。

写真は、大通西4丁目の輝きの「ジュエリーパレス」です。噴水を使ったオブジェ「スパークファウンテン」とダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿「ジュエリーパレス」が輝きを放っています。ピンク色の電飾がまるで絨毯のように、金色の宮殿へと広がっています。宮殿の中には、回廊や大きなダイヤモンド、電飾で飾られた噴水が美しく輝いていますよ。

宮殿の中からテレビ塔に向かって、テレビ塔を入れた撮影スポットがあり、撮影台が準備されています。広々とした大通公園のスペースを最大限に活用したイルミネーションは、ダイナミックで美しいですよ。

大通会場、駅前通会場、南1条通会場で開催されているさっぽろホワイトイルミネーション、2016年の大通会場は1丁目から8丁目と拡大され、約83万個の電飾で美しく彩られています。
開催期間は以下です。
・大通会場:2016年11月18日(金曜日)〜12月25日(日曜日)
・駅前通会場:2016年11月18日(金曜日)〜2017年2月12日(日曜日)
・南一条通会場:2016年11月18日(金曜日)〜2017年3月14日(火曜日)

おわりに

美味しい北海道グルメを堪能しながら、さっぽろホワイトイルミネーションも鑑賞できる居酒屋・札幌「炙屋大通ビッセ店」はいかがでしたか。ワクワク気分で時間が経つのを忘れてしまうお店です。
四季折々のさっぽろ大通公園のイベントも、ここからもお楽しみ下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/18 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ