見たこともない生き物だらけ!沖縄・西表島の干潟は生命の玉手箱

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

見たこともない生き物だらけ!沖縄・西表島の干潟は生命の玉手箱

見たこともない生き物だらけ!沖縄・西表島の干潟は生命の玉手箱

更新日:2016/12/07 16:22

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄でも西表島といえば熱帯雨林が広がり、生き物がとても豊かな離島です。ジャングルの中には気軽に入ることができませんが、干潟なら気軽に入って生き物を楽しむことができます。マングローブの森はもちろんのこと、巨大なシジミに、米粒のような小さなカニの大群など、他ではなかなか見ることができない生き物を、間近に観察できちゃいます。滝とジャングルだけじゃない西表島の魅力。干潟に踏み込んで味わいましょう。

おすすめの干潟は「船浦湾」!干潟へ降りる目印も階段もあります

おすすめの干潟は「船浦湾」!干潟へ降りる目印も階段もあります

写真:離島 こむ

地図を見る

西表島と言えばエコツアーに参加してジャングルに入ったり、滝巡りをしたりするのが定番。でもツアーに参加しなくても、西表島ならではの自然を楽しめるのが「干潟」です。特に西表島北東エリアにある「船浦湾」は、干潟と海を道路で区切っているので波の影響がほとんどなく、気軽に楽しめる干潟です。

しかも干潟に降りるための階段もあれば駐車スペースもあります。加えて干潟への入口には目印まであって、西表島の中でも至れり尽くせりの干潟です。さらにそこからは沖縄ナンバーワンの落差を誇る「ピナイサーラの滝」も小さくですが望めます(写真左上の緑の中心あたり)。

干潟遊びの際には長靴がベストですが、マリンシューズでもOK。ビーチサンダルだと干潟の泥に足を取られてしまいますので、長靴かマリンシューズを履きましょう。また干潟は潮が引いたときしか現れませんので、潮汐情報を確認して干潮時間を事前に確認しておきましょう。最干潮時間の前後1時間以内が狙い時です。

超間近にマングローブを望めます!

超間近にマングローブを望めます!

写真:離島 こむ

地図を見る

西表島と言えば熱帯雨林!熱帯雨林といえばマングローブの森!!通常だと船や遊歩道からしか見ることができないマングローブも、この船浦湾なら超間近で望むことができます。マングローブ独特の地上に露出した細い根っこも、好きなだけ近くから観察することができます。またその根っこの足下を見ると様々な生き物が!?マングローブの森はまさに生命の源でもあるわけなんです。

巨大シジミに化石のような巻き貝まで!マングローブの森は生命の玉手箱

巨大シジミに化石のような巻き貝まで!マングローブの森は生命の玉手箱

写真:離島 こむ

地図を見る

マングローブの足下には、日本最大のシジミこと「ヤエヤマヒルギシジミ」や、塔形巻貝の「キバウミニナ」など、他ではなかなか見ることができない生き物がたくさんいます。ヤエヤマヒルギシジミに至っては、大きいもので約15cmもあり、もはや「シジミ」のレベルを超えています。ヤエヤマヒルギシジミはすぐには見つかりませんが、巻き貝のキバウミニナなら至る所で望むことができます。まるで化石のような巻き貝です。

ちなみにシジミも巻き貝も、自然のものは全て持ち帰ってはダメです。旅の基本は“とっていいのは「写真」だけ。残していいのは「足跡」だけ”。この基本をお忘れなく。

なかなか姿を望めない干潟の住人!波のように大群が移動?

なかなか姿を望めない干潟の住人!波のように大群が移動?

写真:離島 こむ

地図を見る

マングローブの森もいいですが、干潟の真骨頂はやっぱり泥の部分。特にこの船浦湾は干潟がとても広大で、その至る所で米粒のような干潟の住人を望むことができます。しかもその生き物、人が近づくと波のように大群で移動し、ササーっと泥の中に隠れてしまい、なかなかその姿を近くで見ることができません。その正体とは?

干潟の住人は「ミナミコメツキガニ」!カニなのに前に歩くんです

干潟の住人は「ミナミコメツキガニ」!カニなのに前に歩くんです

写真:離島 こむ

地図を見る

船浦湾の干潟の住人、その正体は「ミナミコメツキガニ」。体長1cmほどの小さなカニで、干潮時のみ干潟に現れ、ものすごい大群で干潟をかっ歩します。しかし人などが近づくと、波のようにザザーっと移動し、ササーっと泥の中に隠れてしまいます。しかもこのミナミコメツキガニ、カニなのに横には歩かず前に歩くんです。しかも軍隊の隊列のように行進するので、別名「ソルジャークラブ」とも呼ばれています。

ミナミコメツキガニは干潮時に姿を現し、泥に含まれたプランクトンなどを食べています。そしてまた潮が満ちると泥の中に潜って、次に潮が引くまで泥の中で過ごします。まさに干潟ならではの生き物でもあるミナミコメツキガニ。あの波のように動く大群を一度見ると、何度も彼らに会いたくなることでしょう。

西表島の干潟は生命の玉手箱!長靴を持って船浦湾へ行こう

西表島では滝やジャングルへのツアーが1年を通して楽しめますが、この干潟ならツアーじゃなくても楽しめるのがメリット。特にこの船浦湾の干潟は西表島の干潟の中でも屈指の豊かさ。まさに生命の玉手箱です。特にミナミコメツキガニの大群は、一度見るとヤミツキになります(笑)。

とかく沖縄だと海ばかりに目が行きますが、西表島は周辺の海よりも島そのものが魅力的。西表島へ行けば普段は絶対に見ることができない生き物を、思う存分楽しむことができます。もしかしたら新しい発見もあるかも?長靴を持って西表島の船浦湾へ行き、見たこともない生き物たちと戯れましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/07/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ