1分間にドラム缶7本分!山梨・石和「旅館深雪温泉」のドバドバ湯が凄い

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

1分間にドラム缶7本分!山梨・石和「旅館深雪温泉」のドバドバ湯が凄い

1分間にドラム缶7本分!山梨・石和「旅館深雪温泉」のドバドバ湯が凄い

更新日:2016/12/04 22:09

野水 綾乃のプロフィール写真 野水 綾乃 温泉ライター、安くていい宿案内人

山梨の石和温泉といえば、団体客向けの歓楽温泉といった印象が強く、温泉の泉質はあまり良くないのでは?と思っている方も多いはず。そんな人こそ訪れて欲しいのが「旅館深雪温泉」です。敷地内より自噴する鮮度抜群の源泉をかけ流しで楽しめる宿で、その湧出量は毎分1415リットル、なんとドラム缶7本分にも相当。ここ一軒で石和温泉全体の湯量に匹敵する、凄まじさなのです。まるで川のようにドバドバと流れ出る温泉は圧巻!

石和温泉随一の極上温泉が、駅から徒歩10分!?

石和温泉随一の極上温泉が、駅から徒歩10分!?

写真:野水 綾乃

地図を見る

旅館深雪温泉へはJR中央線の石和温泉駅から、駅前通りを南に歩くこと約10分。温泉街を流れる第二平等川の河畔に建つ宿で、ケヤキの大木を活かした看板が目を引きます。

玄関前の提灯に書かれている「完熟の湯」は、自家源泉の名前。源泉温度50.8℃の「完の湯」と、源泉温度36℃の「熟の湯」の2本の源泉が敷地内より湧いていて、ふたつを合わせて「完熟の湯」と呼んでいます。どちらの源泉も動力を使わず、自然に湧出する自噴泉です。

流れ出たお湯が川のよう

流れ出たお湯が川のよう

写真:野水 綾乃

地図を見る

時間で男女入れ替えになる2つの大浴場は、「柿の湯」「桃の湯」とフルーツ王国・山梨らしい名前が付けられています。写真は「柿の湯」の内湯。扉を開けた瞬間から、驚くのがその湯量。湯船の縁からザブザブとお湯が床をつたって流れているのが分かります。

奥の壁には2つの湯口があり、敷地内より湧き出した「完の湯」と「熟の湯」が直接配管で注がれています。鮮度がとても良いので、湯口のそばでは肌に気泡が付きます。温度の違う源泉が浴槽内でミックスされることにより、適温に調整されています。

湯量豊富だからできる、広すぎる露天風呂

湯量豊富だからできる、広すぎる露天風呂

写真:野水 綾乃

地図を見る

こちらは「柿の湯」の露天風呂。ひし形を重ねたような湯船で、景色は望めませんが、とにかく広い。大人20人ぐらいが入っても、まだまだ余裕がありそうな広さ。これだけの湯船を満たすだけでも凄いですが、ザブザブと贅沢に溢れ出していて、見た目にも湯量の豊富さが感じられます。

こちらも内湯と同様に、手前に36℃の「熟の湯」、奥に50℃の「完の湯」が、それぞれ竹の樋から注がれています。「熟の湯」のそばは少しぬるめ、「完の湯」のそばは熱めになっていますので、好みの温度の場所を選んで入りましょう。ほのかに硫黄の香りがする温泉は、とても滑らかな肌触り。

飲めるのは、いい温泉の証!

飲めるのは、いい温泉の証!

写真:野水 綾乃

地図を見る

旅館深雪温泉の温泉は、循環、ろ過、加水、加温、塩素殺菌など一切しない、源泉そのままのかけ流し。だから、湯口からあふれる温泉を飲むこともできます。

口に含むと、ほのかに玉子臭と出汁のような風味が感じられます。ナトリウム、カルシウムを多く含んだ泉質で、まさに「飲む野菜」と言えるほど、体に良いとされています。入浴よりも飲泉のほうが即効性があると言われ、胃腸病や糖尿病、便秘、二日酔いなどに効能があります。

温泉成分を閉じ込めた石鹸をお土産に

温泉成分を閉じ込めた石鹸をお土産に

写真:野水 綾乃

地図を見る

売店では、肌に優しい弱アルカリ性の「完の湯」とコラーゲンを配合したオリジナルの温泉せっけんが販売されています。

温泉自体に肌の角質を傷つけずに落とすという、石鹸に似た効果があります。その源泉で作った温泉せっけんですので、優しい洗い心地と、肌のしっとり感を使うたびに感じられそう。女性だけでなく、男性にも人気です。

新宿から特急でわずか90分!

いかがでしたでしょうか。このほかにも、露天風呂付きの貸し切り風呂「ぶどうの湯」(宿泊者専用)があり、ゆったり温泉三昧できます。甲州牛の陶板焼きや、目の前で炊き上げる釜飯などが登場する夕食も美味しいと評判です。

新宿駅から特急でわずか90分。そして駅からも徒歩10分。思い立ったらすぐ行けるアクセスの良さも嬉しい、石和温泉の名湯「旅館深雪温泉」へ、ぜひ足を運んでみてはいかが。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/10/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ