冬の浜名湖畔に煌めく100万球のイルミ!「はままつフラワーパーク」2020

冬の浜名湖畔に煌めく100万球のイルミ!「はままつフラワーパーク」2020

更新日:2020/11/25 12:12

麻生 のりこのプロフィール写真 麻生 のりこ 元観光バスガイド、ご当地マンホーラー
四季折々の花が咲く「はままつフラワーパーク」では、「フラワー・イルミネーション」を2020年12月27日(日)まで開催。100万球のイルミネーションが園内を華やかに彩ります。
見どころは、なんといっても2020年3月にリニューアルした大噴水ショー!「天使の羽」や藤棚の光のトンネルは今年も登場。冬でもめったに雪が降らない温暖な浜名湖畔から、期間限定のキラメキをお届けします。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、一部都府県に緊急事態宣言が発出されました。またそれ以外の地域でも、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。Go To トラベルキャンペーンについても全国で一時停止となっています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、外出の際はしっかりと感染予防対策をして行動しましょう。(LINEトラベルjp)

大物盆栽が出迎えるエントランス

大物盆栽が出迎えるエントランス

写真:麻生 のりこ

地図を見る

浜名湖畔に湧く舘山寺温泉から車で約5分。「はままつフラワーパーク」では、11月下旬から同園の冬の風物詩となったフラワー・イルミネーションが開催されます。
イルミネーションに使用されたLEDの総数は、およそ100万球! 噴水池を中心に、その周囲が柔らかな光で彩られます。エントランスでは、どどん!と大物盆栽が貴方をお出迎え。

このイルミネーション期間中の入園料は大人500円ですが、入園時に園内のレストランや売店で使える300円分の買い物券が貰えます(中学生以下は入園無料)。
園内に入るとウェルカムガーデンにはライトアップされた五葉松などの大物盆栽が。そしてイルミネーションで飾られた大温室の姿が臨めます。はやる気持ちを抑えて、まずは園内へ。

大物盆栽が出迎えるエントランス

写真:麻生 のりこ

地図を見る

園内にはクジャクやクマなど、芝生の上にイルミネーションで飾られたオブジェがあちこちに。白鳥親子2組の間には、バラやコスモスなど花のイルミが設置されています。来園者のなかには、毎年微妙に配置が異なる白鳥親子のイルミを楽しみにしている方も。

大物盆栽が出迎えるエントランス

写真:麻生 のりこ

地図を見る

巨大なクジャクのイルミネーションは藤棚の西側(噴水池側)あたり。裏側から見ても美しいと評判です。

これらのイルミネーションはすべて「はままつフラワーパーク」職員の手によるものです。2ヶ月以上前からコツコツと準備を続け、お客様目線で手作りしたとのこと。花と香りと光を楽しむことができるイルミネーションです。

60メートルの藤棚が光のトンネルに!

60メートルの藤棚が光のトンネルに!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

毎年、少しずつ変化している「はままつフラワーパーク」のイルミネーション。なかでも藤棚を利用した光のトンネルは大人気!
「はままつフラワーパーク」の藤棚といえば、坂を下りたところのものが印象的ですが、実はウェルカムガーデンから大温室へ行く途中にもあるんです。

その藤棚の長さは60メートル。色とりどり鮮やかなLEDに彩られ緩やかなカーブを描いているので、次にどの色が現れるのかも楽しみですね。
今シーズンは浜松市にゆかりのある方々の協力により、音楽や光と音がより感じられる趣向です。

60メートルの藤棚が光のトンネルに!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

全国各地でSNS映えスポットとして人気が高い天使の羽は、今シーズンも人気スポット。場所は藤棚の光のトンネル後ろ側の、やや小高い丘の斜面です。後ろの木が中央に入るようにして羽の間に立ち、パシャリと1枚撮ってみませんか?

大噴水池近くに巨大モザイカルチャーが登場!

大噴水池近くに巨大モザイカルチャーが登場!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

藤棚の光のトンネルから大温室へ行く途中には、巨大なクマとシカなどのモザイカルチャー「森の仲間たち」が新登場!
クマとシカとの間にはブランコ風のベンチが設置されています。このベンチは日中だけでなく夜間の記念撮影もOK。はままつフラワーパークでの思い出に1枚いかが?

クマやシカ以外にはタヌキやリス、チョウなどが、数種類の植物により表現されています。見上げるばかりに大きいクマの高さは、なんと7メートル! 実際にどのくらいなのかは、はままつフラワーパークでぜひご確認を。

なお、藤棚の西側(噴水池側)にはモザイカルチャーの「ほほえみのハーモニー」がありましたが、2019年9月に撤去されました。

大噴水池近くに巨大モザイカルチャーが登場!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

大温室前に数個並んでいる球形のベンチは、お子さんにぴったりサイズです。こちらで記念撮影をする方も見られます。

大温室はクリスマス一色!

大温室はクリスマス一色!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

大温室クリスタルパレスの中は、クリスマス一色。入り口は白を基調をしたオブジェで飾られ、中への期待を高めてくれます。
球根ベゴニアのコーナーは壁が取り払われたため、大温室内の光が届き温かみのある雰囲気に。その奥には光り輝く温室内を見ることができるスポットも。

温室内の展示テーマは「クリスマスの思い出」です。あちこちで見られる温かみのある演出を満喫くださいね。

大温室はクリスマス一色!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

2020年シーズンは混雑回避のため、本物のモミの木で作られたクリスマスツリーはありません。けれども、あちこちに大きさや素材の異なるツリーがあるので、見応えは充分。煙突から暖炉に入ろうとしているサンタクロースもいますよ。

大温室はクリスマス一色!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

今シーズンは残念ながら週末のナイトコンサートもありませんが、会場だった場所には華やかなイルミネーションが。
見上げれば、零れ落ちんばかりの煌めく光のカーテン。客席だった場所のメインカラーは白と青で、ほどよい大きさのクリスマスツリーが人気です。

音楽と光に包まれる大噴水ショーは必見!

音楽と光に包まれる大噴水ショーは必見!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

「モミの木ツリーも週末のナイトコンサートもないなんて、今年のイルミネーションは面白くないのかな」との心配はご無用。2020年3月に大噴水ショーがリニューアルし、LEDによる虹色の光のナイトショーをお楽しみいただけます。

音楽と光に包まれる大噴水ショーは必見!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

新しい大噴水ショーは音響や噴水装置がパワーアップ。BGMにあわせた光と水のナイトショーは必見です。
流れる楽曲は、浜松市出身の作・編曲家である鈴木豊乃さんによるものです。ジャズ調だったり、クライマックスが力強くダイナミックだったり。大噴水ショーの内容はBGMごとに異なるので、何度でも見てしまいそう。

この大噴水ショーは17:00〜閉園30分前までの間、毎時00分と30分にそれぞれ約6分間ご覧いただけます。

音楽と光に包まれる大噴水ショーは必見!

写真:麻生 のりこ

地図を見る

噴水地は⾃然の地形を利⽤し窪地に作られているので、見下ろす感じで鑑賞できます。見学位置ですが、噴水地の周囲をぐるりと一周し、自分好みの場所からどうぞ。

浜名湖畔は真冬でも雪がめったに降らない温暖な土地。しかし「遠州の空っ風」と呼ばれる北西からの偏西風が強く吹くので、体感温度は低くなります。イルミネーション鑑賞の際には、暖かい服装でお出掛けください。

「はままつフラワーパーク」周辺は動物園や遊園地、ロープウェイに遊覧船などレジャースポットが充実。日中はレジャースポットで遊んで、夕方から「はままつフラワーパーク」でイルミネーション鑑賞を、そして舘山寺温泉に宿泊するプランはいかがでしょうか。
※隣接している浜松動物園は工事のため、2020年11月2日〜2021年2月28日まで限定入園中です。

はままつフラワーパークの基本情報

住所:静岡県浜松市西区舘山寺町195
電話番号:053-487-0511 
アクセス:東名高速道路「浜松西」ICから車で15分(浜松市動物園となり)
※夜間は正面ゲートからのみ入退場可能

<イルミネーション>
開催期間:2020年11月21日(土)〜 2020年12月27日(日)
<大物盆栽展>
開催期間:2019年3月21日(木)〜2021年1月7日(木)

2020年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/27−2020/11/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

ナビゲーターアワード2020 ナビゲーターアワード2020

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -