札幌でドイツのクリスマスを体験!「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

札幌でドイツのクリスマスを体験!「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 」

札幌でドイツのクリスマスを体験!「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 」

更新日:2017/11/28 15:17

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会

一度は行ってみたいドイツのクリスマスマーケット。クリスマス飾りや木組みの人形のあるお店、ドイツ料理が真っ白な湯気をあげる屋台を覗いたり、ホットワインで身体を温めたり。そんな本場の体験ができるのが「ミュンヘンクリスマス in Sapporo」。ドイツミュンヘンとほぼ同じ緯度にある札幌は、屋台の様子だけでなく気温や景色、全てが本場のようだと話題。
ドイツ旅行はムリでも、札幌なら東京から1時間半ですよ。

大通公園2丁目がドイツに!

大通公園2丁目がドイツに!

写真:ろぼたん

地図を見る

札幌はドイツのミュンヘンの姉妹都市。そのミュンヘンを知ってもらうイベントとして開催された「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」。本場さながらの雰囲気は、地元の道産子にも観光客にも人気です。

2017年シーズンはシンボルツリーが電飾ツリーから大型ツリーに変更。このツリーの前では、音楽やダンスなどのイベントが数多く開催されます。

大通公園2丁目がドイツに!

写真:ろぼたん

大通公園2丁目の一区画には、本場ドイツ料理の屋台などがズラリ。雪や寒さですら、美しく飾り付けやライトアップされた会場内のスパイスとなって、クリスマス気分でいっぱいに。

大通公園2丁目がドイツに!

写真:ろぼたん

クリスマス雑貨や木組みの人形がところ狭しと並ぶお店、ホカホカな湯気といい匂いが漂わせるお店など、2017年シーズンお店の数はグッズブースは23店舗、フードブースは15店舗ほど出店しています。

全部、覗いてみたい!ドイツ雑貨やクリスマス雑貨をチェック

全部、覗いてみたい!ドイツ雑貨やクリスマス雑貨をチェック

写真:ろぼたん

地図を見る

札幌の中心地、大通公園で開催される「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」ですが、屋台は公園を取り囲むように中を向いて並んでおり、会場外からはその様子はわかりにくくなっています。実際に会場内に足を踏み入れてみると、その温かな光と本場のマーケットの雰囲気に驚くはず。

全部、覗いてみたい!ドイツ雑貨やクリスマス雑貨をチェック

写真:ろぼたん

「わぁ。カワイイ♪」「美味しそう」「次はアレを食べたい」そんな声があちこちから聴こえてくる会場内では、普段写真を撮らない、イベントでは買い物をしない、そんな人ですら思わず写真を撮りたくなる雑貨、食べてみたくなる珍しいドイツ料理がたくさんありますよ。

全部、覗いてみたい!ドイツ雑貨やクリスマス雑貨をチェック

写真:ろぼたん

運がよければサンタさんが会場にいてクリスマスプレゼントをくれたり、一緒に写真を撮ってくれることも。

本場ドイツ料理・北海道の幸に舌鼓!

本場ドイツ料理・北海道の幸に舌鼓!

写真:ろぼたん

地図を見る

このクリスマス市の期間でしかお目にかかれないドイツ料理はもちろん、北海道の地ビールや美味しいものもいっぱい。

本場ドイツ料理・北海道の幸に舌鼓!

写真:ろぼたん

会場内では食器類を返却すると100円のキャッシュバックが受けられ、ゴミが少ないエコなシステムになっています。基本的に外に設けられたテーブルを利用して飲食をするのですが、ストーブがあるテント席もあり、雪や風の日でも、友人や恋人とシェアしながらお食事ができますよ。

本場ドイツ料理・北海道の幸に舌鼓!

写真:ろぼたん

グリューワイン(ホットワイン)、ホットビールにホットチョコレート、ホットレモネード…といったホットドリンクはクリスマス市では欠かせません。温かくて甘いこれらのドリンク類は身体が芯から温まる上にとっても美味しいのが魅力です。

クリスマス気分が盛り上がるお土産をGETしよう

クリスマス気分が盛り上がるお土産をGETしよう

写真:ろぼたん

地図を見る

クリスタルな雪だるまやくるみ割り人形、スノーボールにマトリョーシカ…、たくさんのカワイイ雑貨があるのもクリスマス市の見どころ。

クリスマス気分が盛り上がるお土産をGETしよう

写真:ろぼたん

手造りの繊細な造りのものから、気軽なお値段で購入できるプチプラなものまでお土産にも旅の記念にもなるクリスマス市の雑貨。毎年、一番人気はオリジナルの限定マグカップ。2017年はクリスマス気分が盛り上がる緑色のカップに。カワイイので現地でチェックしてみてくださいね。

クリスマス気分が盛り上がるお土産をGETしよう

写真:ろぼたん

美味しくて可愛らしいクッキーなどもお土産にはオススメ。ツリーにぶら下げて飾っておくことができるようなものもありますよ。

「さっぽろホワイトイルミネーション」も同時開催中!

「さっぽろホワイトイルミネーション」も同時開催中!

写真:ろぼたん

地図を見る

大通公園では「クリスマス市」より一足早く「さっぽろホワイトイルミネーション」も開催中です。

音楽と映像、音と光が一体となったイルミネーションとなっており、キーンと冷えた空気に鮮やかな光が舞う独特の美しさのある「さっぽろホワイトイルミネーション」。2017年10月には、全国5212名の夜景観賞士の投票により、ハウステンボス「光の王国」(長崎県佐世保市)、足利フラワーパーク「光の花の庭」(栃木県足利市)と並んで、「日本三大イルミネーション」に認定されています。

「さっぽろホワイトイルミネーション」も同時開催中!

写真:ろぼたん

日本で最初のイルミネーションとして1981(昭和56)年に始まった、冬の札幌を彩るイベントは、規模や内容が年々充実。

「さっぽろホワイトイルミネーション」も同時開催中!

写真:ろぼたん

メインの大通会場をはじめ、札幌駅前会場、JR札幌駅前からすすきのまでの、中央分離帯の立木にLED電球装飾がされる駅前通会場、北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の前にある札幌市北3条広場[アカプラ]会場など、札幌市内中心部が光の芸術で包まれます。

サンタさんもやってくる!「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」が楽しい

近年では各地でクリスマス市を開催することが増えてきていますが、長きに渡って開催してきているドイツと姉妹都市・札幌の「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」は、やはり本格的。

四季が美しいといわれる日本の中で、都会らしさと自然の両方が楽しめる札幌は、雪とイルミネーション、クリスマス市といった冬の美しさが堪能できます。

<ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo 基本情報>
■大通2丁目会場:2017年11月25日(土)〜12月24日(日)
(11時00分〜21時00分)

※ 2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -