埼玉で冬の超絶景!秩父「三十槌の氷柱」で自然の芸術に感動

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

埼玉で冬の超絶景!秩父「三十槌の氷柱」で自然の芸術に感動

埼玉で冬の超絶景!秩父「三十槌の氷柱」で自然の芸術に感動

更新日:2016/12/05 14:08

Naoyuki 金井のプロフィール写真 Naoyuki 金井 武蔵国ナビゲーター、歴史探索ブロガー

雪の少ない首都圏では、雪や氷の絶景は中々見ることができませんが、埼玉県秩父市で氷の絶景が見られるのをご存じですか。
秩父と云えば春の芝桜や冬の秩父夜祭などが有名ですが、その秩父の新たな冬の風物詩が"秩父路三大氷柱"の一つ「三十槌の氷柱」。天然の氷が見せる光景は超絶景と云われる一級の芸術品で、天地からの贈り物なのです。都心からもほど近い秩父の氷柱で冬の絶景を楽しみましょう。

三十槌の氷柱って?

三十槌の氷柱って?

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

「三十槌の氷柱」があるのは、秩父市と云ってもパワースポットで有名な三峰神社がある三峰山の麓で、秩父玉甲斐国立公園の公園区域にほど近い奥秩父。その三峰神社に至る「三十槌ハイキングコース」の登山道にある「三十槌橋」が跨ぐ荒川沿いで見られる氷柱が「三十槌の氷柱」です。

「尾ノ内百景氷柱」「あしがくぼの氷柱」と共に秩父路三大氷柱と呼ばれていますが、三氷柱の中でも最も古く、唯一、天然の湧き水によって創られた自然の氷柱は知る人ぞ知る絶景の名所でした。そして毎年「大滝氷まつり」が開催されると多くの観光客が訪れ、冬の風物詩となったのです。

氷柱の見頃と見所

氷柱の見頃と見所

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

三十槌の氷柱の見頃は、毎年1月上旬から2月下旬ころ。荒川沿いに切り立った山の岩肌から染みだす湧水が少しずつ創り出す氷の芸術は見る者を感動に包みます。
その天然の氷柱は荒川の下流側にある幅30m、高さ10mの氷柱で、上流側にある幅55m、高さ25mの人工の氷柱と共にスケールの大きな氷柱が見られます。天然と人工との違いはその透明度で、澄み切った透明感のある天然氷柱は自然が織りなす一級の芸術品です。特に荒川の水面に映った氷柱との共演は幽玄な世界を醸し出す絶景の粋をも超える自然からの贈り物です。

圧巻のライトアップ

圧巻のライトアップ

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

氷柱は、それだけでも一級の氷の芸術品ですが、大滝氷まつりが期間中の夜間のライトアップ時は、昼間とは違う神秘的で幻想的な絶景が出現します。写真の2016年のライトアップは、秩父の四季をイメージし、羊山の芝桜を表現した春のピンク、三峰山の自然を醸し出す夏のグリーン、中津渓谷の紅葉を彩る秋のレッド、そして三十槌の氷柱そのもの冬のホワイトの4色を基調として、組み合わせプログラムのシーン数は36パターンも。

同じ長さ、タイミングではなく常に違った表情が映し出されるのも見もので、暗転を挟んだ冬のシーンでは、冬の星空の情景、川のせせらぎの音とが融合した自然と人工の創り出す超絶景が見られます。
次回2017年のライトアップは、どんな趣向が凝らされているのか楽しみにしてください。

氷柱へのアクセス

氷柱へのアクセス

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

埼玉でも山間の秩父ですが降雪もそう多くないので、降雪情報が無ければノーマルで行けますが、時間によっては路面凍結もあるのでスタッドレスタイヤの用意があればよいでしょう。

駐車場は、付近に「ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場」があり、有料ですがここの駐車場が利用できます。氷柱へは駐車場から僅か1〜2分程度ですが、下る坂道が凍結していることがありますので滑りにくい靴が必要です。
それでも足腰に自信の無い方でも見学が可能です。駐車場には氷柱見台(ウッドデッキ)がありますので、ダイナミックな氷柱の姿を見ることができます。また、駐車場ではコーヒーや甘酒などの飲み物や、地元のグルメ"みそポテト"等の食べ物もあり、たき火もあるので冷えた身体を温めてください。

周辺の見所や施設

周辺の見所や施設

写真:Naoyuki 金井

地図を見る

三十槌の氷柱の周辺には、秩父湖や滝沢ダムのループ橋などの見所があり、降雪が無ければ冬の荘厳なダム風景をおススメします。また、関東一のパワースポットとして名高い三峰神社では、毎年2月3日の節分の日の節分祭「ごもっとも神事」が行われ、男性のシンボルを模した"ごもっとも棒"が授与されますので参拝してみてはいかがでしょう。

特に立ち寄りにおススメするのが三十槌の氷柱に向かう国道140号線にある「道の駅大滝温泉」です。
丸太づくりの食事処では、秩父名物の「手打ちそば」や地元産の「中津いも」「しゃくし菜」などの田舎料理が味わえます。更にうれしいのが「日帰り温泉遊湯館」があることで、氷柱見学の冷え切った身体を、関東屈指の美肌の湯が温めてくれ、幻想の世界から天国にやって来た気分なのです。

秩父三大氷柱で楽しむ冬の風物詩

三十槌の氷柱はいかがでしたか。
秩父の誇る冬の風物詩を今年は是非訪れてみてください。ご家族やバレンタインのデートなどに最適ですよ。

≪大滝氷まつり≫予定
開催期間:平成29年1月7日(土)〜平成29年2月19日(日)
ライトアップイベント:平成29年1月14日(土)〜2月12日(日)
【平日】17;00〜19:00【土・休日】17:00〜21:00
※上記のスケジュールは氷柱の状況により変更される場合がありますので、詳しくは秩父観光協会にご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ