360度の絶景を堪能できる!「千葉ポートタワー」の楽しみ方

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

360度の絶景を堪能できる!「千葉ポートタワー」の楽しみ方

360度の絶景を堪能できる!「千葉ポートタワー」の楽しみ方

更新日:2016/11/30 13:47

藤田 諭のプロフィール写真 藤田 諭 日本の魅了を伝える「トラベルライター」

JR京葉線千葉みなと駅から歩いて12分のところにあり、千葉港の近くに立つ「千葉ポートタワー」。「日本夜景遺産」に認定された景色をはじめ、恋人の聖地のスポットやポートタワー周辺を走るパークトレインなど子どもから大人まで楽しめるスポットがあります。今回は千葉ポートタワーとその周辺エリアの楽しみ方をご紹介します。

「千葉ポートタワー」とは?

「千葉ポートタワー」とは?

写真:藤田 諭

地図を見る

全長125mの高さを誇る「千葉ポートタワー」。千葉県民が500万人を突破したことを記念に建てられました。千葉を象徴する建物として親しまれており、週末は多くの家族連れやカップルで賑わいます。

周辺には「千葉ポートパーク」や「県立美術館」もあり、子どもと遊びたい方やゆっくりと芸術鑑賞をしたい方にも十分に楽しめるスポットです。

東京スカイツリーも眺めることができる!「展望室」

東京スカイツリーも眺めることができる!「展望室」

写真:藤田 諭

地図を見る

エレベーターで約1分間の空中散歩を楽しんだ後、4階の展望室に到着します。東京スカイツリーや筑波山、幕張新都心、京葉工業地帯のほか、天気が良ければ富士山や東京湾アクアライン、東京タワーを眺めることができます。

また日中だけではなく、夜景も満喫できるのもおすすめの1つ。夜景遺産に認定された京葉工業地帯からの工場の灯はロマンチックな雰囲気を楽しめます。日の入りの景色もあわせて堪能しましょう。

展望台には日本一の広さを誇る千葉港についてパネルで紹介しているコーナーもあります。千葉港が開港した頃に活躍した貨物船「高栄丸」の模型も展示しています。

「サンセットプロムナード」で愛を誓おう!

「サンセットプロムナード」で愛を誓おう!

写真:藤田 諭

地図を見る

「千葉ポートタワー」は恋人の聖地としても認定されています。2011年に「海に沈む夕日の景色」や「美しい夜景」が評価されて選ばれ、ポートタワーの2階にある「サンセットプロムナード」では恋人の聖地ならではの体験ができます。

それが‟愛の南京錠”。1階のショップで南京錠を買った後に2人の名前を書いて取り付けます。夕日を眺めながら永遠の愛を誓ってみてください。また、聖地に認定された記念に作られたピンク色のハートのモニュメントが置いてある記念写真の撮影スポットもあります。

「千葉ポートタワー」人気のお土産を買いに行こう!

「千葉ポートタワー」人気のお土産を買いに行こう!

写真:藤田 諭

地図を見る

ポートタワーでの景色を満喫した後は1階にある「ポートショップ」でお土産を買いましょう。千葉県産の落花生を使ったお菓子や焼きのりをはじめ、佃煮など千葉県の特産品を買うことができます。

さらに千葉県のご当地キャラクター「チーバくん」や千葉ポートタワーのキャラクター「ぽ〜とくん」のグッズも販売しており、ぬいぐるみなどが人気です。コンビニエンスストアも併設してあるので、近くにある「ポートパーク」で遊ぶ前にお菓子や飲み物を買ってから遊ぶのもおすすめです。

千葉ポートパーク園内を走る「パークトレイン」

千葉ポートパーク園内を走る「パークトレイン」

写真:藤田 諭

地図を見る

千葉ポートタワーの近くにある「千葉ポートパーク」。円形の芝生広場をはじめテニスコートやバーベキュー場など家族で楽しめるスポットがあります。

見どころは園内を走る「パークトレイン」。ポートタワーや千葉港を眺めることができる「ビーチプラザ」など1.8キロを約20分で散策します。ポートタワーの見学の前後にぜひ家族やカップルで遊びに行ってみるのもおすすめです。

潮風と絶景で満喫できる「千葉ポートタワー」へ行こう!

いかがでしたでしょうか。

千葉市の絶景スポット「千葉ポートタワー」は千葉港や東京スカイツリーの景色を楽しめるだけではなく、きれいな夕日を眺めることができ、デートスポットとしても魅力的です。
東京駅から京葉線の快速電車で約40分で行くことができ、幕張メッセへのアクセスも便利なところにあるので、ぜひ出かけてみてください♪

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ