宮崎駿監督がデザイン!「古民家カフェ」と可愛い「ポニョ」に会いに!!広島・鞆の浦へ

| 広島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

宮崎駿監督がデザイン!「古民家カフェ」と可愛い「ポニョ」に会いに!!広島・鞆の浦へ

宮崎駿監督がデザイン!「古民家カフェ」と可愛い「ポニョ」に会いに!!広島・鞆の浦へ

更新日:2014/02/10 15:31

acoのプロフィール写真 aco

数々の歴史の舞台となった静かな港町「鞆の浦」は、今年ミシュランガイドで1つ星を獲得し、ハリウッド映画のロケ地になるなど海外からも注目される魅力的な港町。先日、監督引退を宣言した宮崎駿さんもこの街に幾度も訪れ、いたる所にその足跡を残しています。幕末からの古い建物が多く残る街並みの中にある、宮崎さんがプライベートでデザインした宿&カフェ。作品の舞台となった街で出会う可愛らしいポニョを紹介します。

瀬戸内の歴史を見つめる潮待ちの港

瀬戸内の歴史を見つめる潮待ちの港

写真:aco

地図を見る

広島県福山駅からバスに揺られて30分、賑やかな駅前からは想像できないような、瀬戸内海に面した港町・鞆の浦(とものうら)に到着します。
ミシュランガイドでも星を獲得していますが、日本で最初の国定公園の1つとして指定された瀬戸内国立公園を代表する景勝地。瀬戸内海の中央に位置する潮の流れの変わる場所なので、潮待ち・風待ちの港として、万葉の時代から多くの船や偉人が立ち寄り、歴史ある自然豊かな港町として栄えてきました。
数々の歴史の舞台となった鞆の浦ですが、幕末、坂本龍馬の乗った海援隊の蒸気船「いろは丸」が大阪へ向かう途中、ここ鞆の浦沖で霧の中から突然現れた紀州徳川藩の軍艦に衝突され、沈没してしまう“いろは丸事件”の舞台となったことでも有名です。

宮崎駿監督のデザインで甦った坂本龍馬所縁の町屋

宮崎駿監督のデザインで甦った坂本龍馬所縁の町屋

写真:aco

地図を見る

そのいろは丸事件談判を行うため坂本龍馬が海援隊とともに利用した町家が、宮崎駿監督のデザインにより宿兼カフェとして甦ったのが写真の「御舟宿いろは」です。
本瓦葺の屋根に、漆喰の白壁、ベンガラ塗りの柱や窓枠など、今ではすっかり鞆の浦らしい「粋」な外観を取り戻していますが、2008年にOPENさせるまでは、老朽化が進んだ空家で取り壊し寸前だったそうです。宿泊施設としてはもちろん、古民家カフェとしてたくさんの方が旅のスタイルに合わせて利用できるよう運営されています。
宮崎さんをはじめとした町の方々の想いによって、鞆の浦に幕末の雰囲気が蘇りました。潮待ち・風待ちする船客の様子が目に浮かぶようです。

宮崎駿監督のアイデアが詰まったスケッチがいっぱい!

宮崎駿監督のアイデアが詰まったスケッチがいっぱい!

写真:aco

地図を見る

中に入ると、「崖の上のポニョ」の構想がここ鞆の浦でうまれたのを裏付けるように、宮崎さんが鞆の浦を描いた一筆箋や、ポニョクッキーなど、オリジナルグッズや資料などが!
そんな宮崎さんと縁の深いものがいたるところに置かれている中、思わず足を止めて見入ってしまうのが、この「御舟宿いろは」をゼロからデザインする過程の、ジブリ映画のワンシーンのような素晴らしいスケッチの数々です。
外観から、宿の部屋の間取りまで、大きすぎないか?などのコメントがいくつも書き込まれ、詳細まで描かれた水彩画は、宿の入り口にある喫茶や食事でも利用できるカフェの壁に並べて飾られています。
木枠にはめ込まれているステンドガラスの色やデザイン、木製の階段など、宮崎さんのデザインが再現された空間の中で、その基本となったデザイン画を眺めていると、アイデアが産まれる瞬間に立ち会えたような、ものづくりの原点の苦悩と楽しさを考えさせられます。

奥には坂本龍馬が談判した間を復元!

奥には坂本龍馬が談判した間を復元!

写真:aco

地図を見る

宮崎さんのデザインスケッチがあるカフェの奥には、幕末、坂本龍馬が“いろは丸事件の談判した間”をできるだけ当時と変わらぬ1階の同じ場に8畳間を復元した部屋があり見学することができます。
1867年、いろは丸が沈没した海難事故の談判(賠償交渉)を、龍馬は決死の覚悟で、天下の御三家・紀州藩を相手に、ここで行います。いろは丸沈没という不運に見舞われながらも不屈の精神で立ち向かった龍馬の戦術は、苦戦しながらも賠償金を引き出すことに成功し、坂本龍馬が天下に知れ渡るきっかけとなった談判だとも言われています。
日本が近代国家に生まれ変わろうとする激動の時代を象徴する事件ともいえる“いろは丸事件・談判の間”を直に感じることができる貴重な場所の1つです。

「崖の上のポニョ」の舞台となった鞆の浦

「崖の上のポニョ」の舞台となった鞆の浦

写真:aco

地図を見る

坂本龍馬の「いろは丸事件」と由縁の場は、「御舟宿いろは」以外にも鞆の浦にいくつも点在しますが、それと同じように情緒あふれる港町の街角には、この町から生まれた「崖の上のポニョ」が様々な形で点在しています。
ショーウインドウで商品と一緒に町を眺める可愛いポニョや、町を走るバスセンターにあるポニョの原画や手作りポニョなど、どれもほのぼのとした気持ちになるものばかりです。
写真のポニョは、宮崎監督が鞆の浦に滞在する度に通ったと言われる、町屋カフェ田渕屋のある道端で見つけた、映画の中で水を吹き出していたポニョを再現したもの。あまりに街並みに溶け込んでいたので、通り過ぎてからもう1度戻って覗き込み、うわぁ〜と歓喜の声をあげたほど!リアルなバケツにまさかポニョが入っているとは・笑
そんな可愛いポニョたちに会いに、鞆の浦へ旅してみませんか。

最後に

鞆の浦は、2014年1月にDVD発売される、ハリウッド映画ウルヴァリン:SAMURAIのロケ地でもあり、様々な映画やCMが撮影されている景勝地です。古い庄屋や古民家が立ち並ぶ情緒ある鞆の浦は、細い道が続く町ですので、ぜひクルマは置いて、のんびり歩いて散策をお楽しみください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/11/05−2013/11/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ