阪急梅田のイルミネーション「0号線のプラットフォーム」が美しい

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

阪急梅田のイルミネーション「0号線のプラットフォーム」が美しい

阪急梅田のイルミネーション「0号線のプラットフォーム」が美しい

更新日:2017/11/01 12:17

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル トラベルライター

阪急うめだ本店前のクリスマスイルミネーションは毎年楽しみにしている人も多く、大阪のイルミネーションの中でも立地・美しさともにおすすめしたい場所の一つ。2017年も過去好評だった「0号線のプラットフォーム」が更に美しさに磨きをかけて登場。阪急うめだ本店のクリスマスディスプレイ、館内イルミネーションやクリスマスイベントとあわせてご紹介します。

過去と未来を結ぶ「0号線のプラットフォーム」

過去と未来を結ぶ「0号線のプラットフォーム」

写真:東郷 カオル

地図を見る

かつてゴシック風の「阪急グランドドーム」があった梅田阪急ビル1階(阪急うめだ本店前) 南北コンコースに、クリスマスイルミネーション「0号線のプラットフォーム」が登場。約10万球のLEDで煌びやかに彩られます。

2017年で3年目となる「0号線のプラットフォーム」は、かつての阪急グランドドームをオマージュした『光のアーチ』、駅舎をイメージした奥行き感のある『光の列柱』、ドレープとリース、更に天井から降り注ぐライトフォールで華やかな光の駅空間を演出。特に以前のグランドドーム時代を知っている大阪人にとってはどこか懐かしいものに仕上がっています。

それぞれのテーマは、2015年が『過去と未来を結ぶ出発点』、2016年が『過去と未来を結ぶ新たな出発』、そして2017年が『未来への華やかな旅立ち』となっています。

【0号線のプラットフォーム 基本情報】
場所:梅田阪急ビル1階 南北コンコース
期間:2017年11月22日(水)〜12月25日(月)
時間:10時〜24時 ※初日のみ16時から

阪急うめだ本店のクリスマスディスプレイ

阪急うめだ本店のクリスマスディスプレイ

写真:東郷 カオル

地図を見る

「0号線のプラットフォーム」の横には阪急うめだ本店の1階入り口があり、こちらのクリスマスディスプレイも昔から人気。年々ブラッシュアップされるディスプレイに毎年期待が高まります。阪急前を通る時にクリスマスシーズンの訪れを感じる大阪人も多いはず。

ディスプレイ前には、小さなお子ちゃんが乗って記念撮影ができる台があるのですが、そこにおばちゃんがイス代わりに座っているのも大阪ならでは(笑)

ディスプレイは数種類ありますので、小さなお子ちゃんはお気に入りのディスプレイの前で記念撮影して、クリスマスカードにするのもおすすめ。

光のヒンメリが美しい「祝祭広場」

光のヒンメリが美しい「祝祭広場」

写真:東郷 カオル

地図を見る

阪急のクリスマスイルミネーションは、阪急うめだ本店館内も必見。写真は9階の祝祭広場。昨年に続き今年も美しい光のヒンメリに目が奪われます。

毎時00分からショーがありますが、ショータイムではなくてもゆっくりと色を変えるヒンメリはとても幻想的。室内なのでクリスマスイルミネーション特有の「寒さに耐える」という必要もないので寒がり女子には特におすすめです。

大階段に腰かけて、美しいイルミネーションショーにスマホやカメラを向ける人が多数。館内にこれほどのイルミネーションがあるということは想像できず、週末の夜でも空いているので知る人ぞ知る穴場です。

【光のヒンメリ 基本情報】
場所:阪急うめだ本店 9階祝祭広場
期間:11月21日〜12月25日(ショーは11月22日の点灯式の後から)
時間:ショーは毎時00分(常時点灯)

北欧クリスマスマーケット

北欧クリスマスマーケット

写真:東郷 カオル

地図を見る

全長8メートルもある光のヒンメリの下では北欧クリスマスマーケットが開催されています。北欧諸国のクリスマスリースやオーナメント、キャンドル、ジンジャークッキーなどが並びます。フードやドリンクもありますので、ぽかぽかの室内で北欧のクリスマス気分を楽しみましょう。

寒い日は室内イルミネーションがおすすめ

クリスマスシーズンはちょっぴりドレスアップでいつもより薄着なことも。そんな時に屋外のイルミネーションは寒くて辛い!
ですが、探せば屋内や半屋外で楽しめるクリスマスイルミネーションも沢山あります。無理せず暖かい場所でオシャレして美しいクリスマスイルミネーションを楽しみましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/25−2016/11/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -