2年連続全国1位「あしかがフラワーパーク」新作イルミネーションが凄い!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

2年連続全国1位「あしかがフラワーパーク」新作イルミネーションが凄い!

2年連続全国1位「あしかがフラワーパーク」新作イルミネーションが凄い!

更新日:2017/12/14 13:52

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

2年連続イルミネーションアワード全国1位&日本夜景遺産認定の「あしかがフラワーパーク」は、新たに日本3大イルミネーションにも認定。2017年秋からは、光の花々に彩られた新作「フラワーキャッスル」が出現!さらにパワーアップした400万球のイルミが夢のような世界を生み出します。また奇蹟の大藤も4年ぶりにリニューアル!花弁一枚一枚まで再現した光の「奇蹟の大藤」…そのドラマティックな美の世界は必見です。

2017年リニューアルの「奇蹟の大藤」が凄い!

2017年リニューアルの「奇蹟の大藤」が凄い!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「あしかがフラワーパーク」といえば「奇蹟の大藤」!樹齢150年のこの大藤は、かつて「あしかがフラワーパーク」の前身・早川農園にあった「250畳の大藤」です。1997年、都市開発のため移植を余儀なくされた大藤は当時樹齢130年。これほど大きな藤の移植は不可能と言われましたが、女性樹木医第1号の塚本こなみ氏が見事に移植を成功させ、世界中の藤愛好家を驚かせました。

この大藤はさらに当時の15倍の棚面積に成長!天然記念物にも指定され、その大きさと美しさは、まさに「奇蹟の大藤」です.

2017年リニューアルの「奇蹟の大藤」が凄い!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

この「奇蹟の大藤」のイルミネーションが、2017年秋、4年ぶりにリニューアルされました。今回のリニューアルでは、藤の花びら一つ一を、ミリ単位まで忠実に再現。花房の元は花を多く配置し、房の先は花がまばらに細くなっていくさまも、まるで本物の大藤を見ているようです。

動画:フルリーナ YOC

地図を見る

「奇蹟の大藤」のイルミネーションは、藤が大地から水とパワーを幹に吸い上げ、花々を咲かせ、やがて散ってゆくさまをドラマティックに描きます。どうぞ、その様子を動画でお楽しみください。

2017年新作「フラワーキャッスル」はイルミの花火も!

2017年新作「フラワーキャッスル」はイルミの花火も!

提供元:あしかがフラワーパーク

https://www.ashikaga.co.jp/地図を見る

2017年の新作は30万球LEDイルミネーションが幻想的な「フラワーキャッスル」。目には見えない花の世界の宮殿をイメージして作られました。

音楽に合わせショーが始まると、宮殿の建つ空には轟く花火の音と共に、見事なイルミネーションの花火が夜空を舞います。宮殿には階段も作られており、高いところから見下ろすイルミネーションの美しさも格別!

2017年新作「フラワーキャッスル」はイルミの花火も!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

ショーを見た後は、階段をのぼって宮殿を間近で見てみましょう。華やかな光煌めく宮殿はバラの花が随所に散りばめられていて、何ともゴージャス!

2017年新作「フラワーキャッスル」はイルミの花火も!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

階段に上ると、宮殿のお花畑とフラワーパークのイルミネーションを一望!高いところから見るイルミネーションもまた「フラワーキャッスル」の大きな見どころです。

「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションはココが違う!

「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションはココが違う!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションは、<イルミネーションアワード・イルミネーション部門>2年連続全国一位、2017年には日本3大イルミネーションにも選出されました。そのイルミネーションは、他のイルミネーションとは決定的に違うことがあります。それはスタッフたち自らがイルミネーションを考案・企画・デザイン・施工していること。

「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションはココが違う!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

花々の美しさを忠実にイルミネーションで再現するには、花々一つ一つを知り尽くしていないとできません。バラの花一枚一枚の花弁の趣き。蓮の花は水面から何センチぐらいで花をつけるか。藤の花の房の長さ、房と房の間隔・・・。そんな細かなことまで忠実に再現できるのは、日々花々を育てているスタッフだからこそ可能なこと。

「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションはココが違う!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

たとえば、このうす紅藤。この花弁一枚一枚には色が塗られています。これは、イルミネーションの花が出来てきたものの、実際のうす紅藤の美しさが出ていないと感じたスタッフたちが、手作業で色を塗り足したものです。

そんな細部までこだわった花々のひとつひとつが、世界に二つとない「あしかがフラワーパーク」のイルミネーションの美しさの秘密です。

インスタジェニックな撮影スポットもたくさん!

インスタジェニックな撮影スポットもたくさん!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「あしかがフラワーパーク」は、どこをとってもインスタジェニック!中でも人気のスポットの一つがこの「幸せの鐘」のドーム。園内南側のスノーワールドの麓にあるスノーハウスの側にあります。

ドーム内には幸せの鐘があり、鐘を鳴らす前に電飾の色を選べます。ピンクの電飾は<愛の鐘>とイエローの電飾は<幸せの鐘>。ドームの中から見上げる鐘は、夜空にキラキラ輝いて、優しい光を降り注いでくれるよう。

インスタジェニックな撮影スポットもたくさん!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

こちらは高さ25mのシンボルタワーをバックにリースの中で写真を撮れるスポット。リースは、ローマ帝国の昔から祭事の際に用いられ、永遠・幸福・平和などのシンボルとされ「幸せの輪」とも呼ばれています。年賀状の写真にも使えそうですね!

インスタジェニックな撮影スポットもたくさん!

写真:フルリーナ YOC

こちらは「フラワーキャッスル」の左横にに新しく作られたフォトスポット。写真のフレームの中に入ったような写真が撮れます。真ん中のハートには沢山の造花が散りばめられ、表と裏と違ったデザインを楽しめます。

サンタがいるよ!ホットスポット「スノーハウス」

サンタがいるよ!ホットスポット「スノーハウス」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

「あしかがフラワーパーク」には、お子さん連れに嬉しいプレゼントも!フラワーパーク入場時に入り口で渡される「プレゼント引換券」をもってスノーハウスへ行きましょう。スノーハウスにいるサンタに引換券を渡すと、キラキラ光る可愛いプレゼントがもらえますよ!

サンタがいるよ!ホットスポット「スノーハウス」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

スノーハウスは大きな焚き火があるホットスポット。スノーハウス内にはリーズナブルな軽食やスイーツを楽しめる「マロニエ」があり食事処としても人気です。ビーフシチューやチーズフォンデュなどは本格派の味!

サンタがいるよ!ホットスポット「スノーハウス」

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

スイーツも、チョコレートフォンデュやチュロス、パンケーキなどが揃います。こちらは生クリームたっぷりの「スノーマンのパンケーキ」。マシュマロのスノーマンがフワフワでとってもキュート!

レストランは、この他にも200名収容の大型レストラン「ウェステリア」、佐野ラーメンなど栃木の味を楽しめる「テイクアウトコーナー」、和食や麺が楽しめる「あじさい」があります。

最後に

通常、イルミネーションスポットは、業者がイルミネーションを施工します。しかし「あしかがフラワーパーク」では、全てをスタッフたちが手作業で施工します。大切な樹木を傷つけることがないように装飾するには、そして藤の花の房の長さ、房と房の間隔、そんな細かなことまで忠実にイルミネーションで再現するには、植物を知り尽くしているスタッフの手によらなければ不可能なことだからです。

一つ一つの細かな作業は、想像を絶する手間暇がかかりますが「たくさんの方々に喜んでもらえるのが何よりも嬉しい」とスタッフの方々は語ります。

ただ美しいだけではなく心の底に温かな何かを呼び覚ましてくれる「あしかがフラワーパーク」のイルミネーション。それは、スタッフたちの樹木や花々への熱き思いが生みだす光の絶景!ぜひ「イルミネーションアワード」イルミネーション部門・全国第一位、日本3大イルミネーション選出のあしかがフラワーパーク<光の花の庭>を楽しんでくださいね。

<あしかがフラワーパークの基本情報>
住所:〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
電話番号:0284-91-4939
アクセス:JR両毛線富田駅から車5分・徒歩13分
シャトルバス:東武足利市駅南口より(土日祝のみ・MEMO参照)
開園時間:昼の部10:00〜15:00・夜の部15:30〜21:00(土日祝日は21:30まで)
入場料:大人300円/子供200円(夜の部 大人900円/子供500円)

2017年12月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/12/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -