塩原温泉随一の白濁湯!「湯荘白樺」で体中から硫黄の香りをまき散らそう!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

塩原温泉随一の白濁湯!「湯荘白樺」で体中から硫黄の香りをまき散らそう!

塩原温泉随一の白濁湯!「湯荘白樺」で体中から硫黄の香りをまき散らそう!

更新日:2016/12/06 15:47

栃木県塩原温泉郷は多種多様なタイプの温泉が湧き出ています。その中でも奥塩原新湯温泉にある「湯荘白樺」では、塩原でも最強クラスの濃度を誇る硫黄泉に入ることができ、温泉マニアの間では有名な宿となっています。この宿の真っ白なにごり湯に浸かると、2、3日は体中から硫黄のたまご臭が香ってきます。宿泊すれば付近の3軒の共同浴場を無料で利用することもでき、極上の湯を思う存分堪能できますよ。

塩原有数の秘湯宿「湯荘白樺」

塩原有数の秘湯宿「湯荘白樺」
地図を見る

多くの温泉宿が立ち並ぶ塩原温泉ですが、「湯荘白樺」のある奥塩原新湯温泉はわずかに数軒の旅館が営業しているだけの秘湯情緒香る温泉地となっています。バスなどの公共交通機関は一切なく、自家用車かタクシー、宿の送迎バスでしか行くことができない場所でもあります。

「湯荘白樺」は日塩もみじライン沿いにあるため迷うことなく到着できます。日塩もみじラインは有料道路ですが、塩原側から進むとこの新湯温泉までは無料で通行できるようになっています。鬼怒川方面からですと料金がかかるので注意してください!

宿の隣が早速すごい

宿の隣が早速すごい
地図を見る

到着後まず驚かされるのが宿の建物の真横に広がっている荒々しい光景です。ここは「新湯爆裂噴火跡」と名付けられており、今なお温泉が湧き続けたくさんの湯煙が見られます。噴火跡の見学用に駐車場やトイレも用意されおり、わざわざここを目当てに来る観光客も多いです。

ここから湧き出ている温泉は濃度の高い硫黄泉のため、街中が硫黄の香りに包まれています。この地では硫黄の香りから逃げることはほぼ不可能なくらい強烈です。では早速その硫黄泉に入りに行きましょう!

美しい白濁湯!

美しい白濁湯!
地図を見る

「湯荘白樺」のお風呂は男女別の内湯が一カ所ずつと混浴の露天が一カ所となっています。風情香る木造の内湯には、神秘的なほどに美しく白濁した硫黄泉が掛け流されています。宿のすぐそばから自然湧出したばかりの超新鮮な源泉が、加水や循環なしにそのまま使用されており、これが温泉マニアの間で大変な人気となっています。

塩原には他にも硫黄泉に入れる場所はありますが、ここ新湯温泉の湯はその中でも最も酸性が強い湯になっており、舐めるとピリリとレモン味がします。金属類は黒く錆びてしまうので、指輪などは外してから入浴してください。

この内湯には源泉から汲みだした天然の泥が、バケツの中に用意されており、自分で泥パックをして楽しむこともできるようになっています。美肌効果が非常に高いのでぜひ試してみてください!

露天風呂は混浴

露天風呂は混浴
地図を見る

内湯とは別の場所に混浴の露天風呂が設けられています。混浴ですが脱衣場は男女別に用意されており、湯船も真ん中に仕切りがあるので、女性の方でも比較的安心して利用できるかと思います。18時から21時までは女性専用の時間帯も設けられていますよ。

もちろんこちらの露天も100%源泉掛け流し!湧出したばかりの湯が使われているため内湯は湯温が高めですが、露天ですと外の風に浴びながら入れるので長湯もできちゃいます。カランはないので、洗髪などは内湯で済ませてください。

内湯・露天とも24時間いつでも入浴することが可能です。日帰り入浴は10時から20時までで、500円でこの極上の温泉に浸かることができます。

共同浴場も巡ろう!

共同浴場も巡ろう!
地図を見る

さてもちろんこの「湯荘白樺」のお湯は最高なのですが、ぜひあわせて新湯温泉にある三カ所の共同浴場にも足を運んでみてください。どれも宿から徒歩ですぐ行ける距離にあります。

どの共同浴場も入浴料300円がかかるのですが、なんと宿泊者はすべて無料で利用することができるんです!夜18時以降は地元の方しか入れなくなるので、早めにチェックインするか、朝早起きして向かうのがおすすめです。宿とは違う源泉が使用されている場所もあるので、その違いも確かめてみてください。

写真はその一つ「むじなの湯」。浴槽の奥底にある岩から直接60℃程度の源泉が湧き出ており、この地域のシンボル的存在になっています。「日本の共同浴場ベスト10」にも選ばれており、塩原に来たら絶対に外せない温泉となっています。

硫黄に包まれよう!

「湯荘白樺」は昼の12時からチェックイン可能となっており、ほぼ丸一日極上の硫黄泉に入浴することができます。そのため次の日のチェックアウト後も体中から硫黄のたまご臭が立ち込めており、2、3日は消えないかもしれません。ぜひ旅のおみやげとして、その硫黄臭をお家に持ち帰ってください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ