美味しい蟹カレーと本格的タイ料理を優雅に!バンコク「バーンカニタ」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

美味しい蟹カレーと本格的タイ料理を優雅に!バンコク「バーンカニタ」

美味しい蟹カレーと本格的タイ料理を優雅に!バンコク「バーンカニタ」

更新日:2018/07/27 09:29

Fumie McIntyreのプロフィール写真 Fumie McIntyre 留学・ロングスティアドバイザー、添乗員、個人旅行・業務視察のアテンド

最近は日本でもタイ料理ブームで、タイ料理レストランだけでなく、コンビニでもタイ料理のお弁当や缶詰などが買える位市民権を得たタイ料理ですが、一度は本場で本当に美味しいタイ料理を食べてみませんか。
バンコクにある「バーンカニタ」では、本格的なタイ料理が、洗練されたサービスを受けながら召し上がることができます。店内に飾られたスコタイ王朝時代の骨董品のコレクションも素晴らしく、きっと満足なさると思います。

美味しい蟹カレーが食べたい!

美味しい蟹カレーが食べたい!

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

プーパッポンカレーをご存知ですか。蟹とココナツミルク、唐辛子を炒め、卵とじにしたカレーです。タイ料理というと辛い・・・というイメージですが、こちらはエスニックに慣れていない方でも安心して食べられるタイ料理です。

プーパッポンカレーは「ソンブーンシーフード」というレストランが有名で、観光客だけでなく、地元のタイ人もよく利用します。でもこちら「バーンカニタ」も蟹カレーの美味しさでは引けを取りません。上品な味に、一度召し上がったら病み付きになるはずです。見た目もとても美しいですね。

豪華な気分も味わいたい。

豪華な気分も味わいたい。

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

非日常気分を味わうのも旅の醍醐味のひとつですね。特に東南アジアは、会社の近所でランチを食べるのと同じ位の予算で贅沢ができるので、利用しない手はないですね。

「バーンカニタ」はBTSアソーク駅から徒歩およそ10分。スクンビット通りを東にすすんだソイ23にある一軒家レストランです。お庭の手入れもよく行き届いているので、天気のいい日は屋外でのランチもお勧めです。

セレブのタイ人や西洋人観光客、日本人の接待でも人気のお店なので、車が何台も駐車できるスペースもあります。お店のトゥクトゥクもあるので、スクンビット通りまで送迎もしてもらえます。

豪華な気分も味わいたい。

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

「バーンカニタ」はタイシルクデザイナーのカニタさんがプロデュースしたレストラン。センス良く装飾された緑の多いお庭や、スコタイ王朝などの骨董品が各部屋に飾られており趣向が凝らされており、まるで美術館の中にいるような気分になります。

豪華な気分も味わいたい。

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

店内は昔ながらのタイの家を意識した店構えですが、清潔で、スタッフの接客も行き届いています。タイのレストランとしてはワインの品揃えも豊富なのでいつも多くのお客様でにぎわっていますが、客層も良いので、気分よくお食事ができます。

一般的なタイ料理レストランに較べるとお値段は少々高めですが、お食事だけでなく、この雰囲気も含まれていると思えば納得できます。

北タイ料理を中心に、初心者にも優しい工夫されたタイ料理

北タイ料理を中心に、初心者にも優しい工夫されたタイ料理

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

オーダーが済むと、ドリンクと一緒に「ミアンカム」という前菜が出てきます。これはオニオンやココナツ、唐辛子、生姜、ライム、ピーナッツ、乾燥海老などを味噌のようなソースにつけて葉っぱで包んでいただく北タイの伝統料理です。口に入れると、甘酸っぱさとともにハーブがほのかに香ります。

北タイ料理を中心に、初心者にも優しい工夫されたタイ料理

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

他には、揚げ春巻きやさつま揚げ、海老のすり身に衣を付けて揚げたものなどいろいろなアペタイザーの盛り合わせ、「アハーンリアックナムヨイルアムミット」や、東北地方イサーン名物青パパイヤのサラダ「ソムタム」もビールのお供にお勧めです。

北タイ料理を中心に、初心者にも優しい工夫されたタイ料理

写真:Fumie McIntyre

地図を見る

メインは蟹カレーの他に、世界で一番美味しいといわれる「マッサマンカレー」やタイに行くなら外せない「トムヤムクン」など、どれを食べても工夫されていて感動ものの美味しさです。

店舗ごとに工夫が凝らされ、どこも訪れてみたい気分に

今回はスクンビット23にあるアソーク店をご紹介させていただきました。他には、結婚式でも利用できそうな素敵なお庭と立派な絵画が壁を埋め尽くすサトーン店、豪華でありながらモダンなスクンビット53のトンロー店、リバーサイドのアジアティーク店などありますので、ご宿泊先やお買い物のプランとあわせてお店が選べます。

タイ料理を食べなれていない日本人でも、スパイスは効いているものの辛すぎず、いい素材を使っていることを実感させられる味で、きれいな盛り付けも楽しめます。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -