岡山にお伊勢さん!?伊勢神宮ゆかりの伊勢神社で新年を迎えよう

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

岡山にお伊勢さん!?伊勢神宮ゆかりの伊勢神社で新年を迎えよう

岡山にお伊勢さん!?伊勢神宮ゆかりの伊勢神社で新年を迎えよう

更新日:2016/12/10 08:46

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員

新年はお伊勢さんで。そんな合い言葉のもと、三重県の伊勢神宮で新年を迎える人も多いのではないでしょうか。しかし、そんな「お伊勢さん」の名を持つ神社が伊勢神宮から遠く離れた岡山市にあること、ご存知ですか?しかも、その名のとおり、そこは伊勢神宮とも深いつながりを持っているのです。今回は伊勢神宮の源流にある岡山の「お伊勢さん」こと伊勢神社の初詣の様子をご紹介しましょう。

伊勢神宮の源流の一つ!岡山市北区の伊勢神社

伊勢神宮の源流の一つ!岡山市北区の伊勢神社

写真:乾口 達司

地図を見る

伊勢神社は岡山県岡山市北区の旭川西岸沿いに建つ神社。「伊勢」の名を冠しているだけあり、主祭神として、伊勢神宮と同様、天照皇大神と豊受大神がまつられています。

伊勢神宮の歴史に詳しい人なら、「元伊勢」という言葉を耳にした人もいらっしゃるでしょう。第十代・崇神天皇の時代、伊勢神宮の祭神である天照大神は宮中にまつられていました。しかし、神威があまりに強く、宮中にまつることに支障が生じたため、豊鋤入姫命によって大和国笠縫の地に遷されたのを皮切りに、天照大神は各地を転々とします。そして、最終的に鎮座したのが現在の伊勢の地でした。

「元伊勢」とは、天照大神が伊勢の地に鎮座するまでのあいだに滞在した各地の神地を指し示していますが、実は天照大神は現在の岡山県に当たる吉備国にも4年鎮座しており、伊勢神社はその鎮座したところであると伝えられているのです。岡山に「伊勢」の名を持つ神社があるのは、こういった理由からなのですね。

伊勢神宮との深い結びつきを示す本殿の構造

伊勢神宮との深い結びつきを示す本殿の構造

写真:乾口 達司

地図を見る

したがって、本殿は伊勢神宮と共通する構造や意匠が認められます。たとえば、本殿は古代の高床式倉庫をイメージさせる神明造(しんめいづくり)と呼ばれる構造となっていますが、この神明造は伊勢神宮の本殿と同じ。

さらに注目していただきたいのは、屋根の部分。屋根の両端にとりつけられた建築部材の「千木」(ちぎ)は左側が内宮、右側が外宮とそれぞれ同じ構造をしており、伊勢神社の本殿が伊勢神宮と深いつながりを持っていることが、その建築様式からもうかがえます。参拝の折はそのあたりもしっかりご覧下さい。

ここにも伊勢神宮とのつながりが!摂社の十五末社

ここにも伊勢神宮とのつながりが!摂社の十五末社

写真:乾口 達司

地図を見る

伊勢神宮とのつながりは、本殿の裏手にある摂社の「十五末社」からもうかがえます。その名のとおり、十五末社には15の神さまが合祀されていますが、その内訳は次のとおり。「御門神」「風神」「多賀宮」「荒祭宮」「熱田神社」「春日神社」「五元神社」「斎宮」「興玉神社」「鈿女神社」「伊雑宮」「荒宮神社」「戸隠神社」「今村神社」「会魂神社」。「多賀宮」「熱田神社」「春日神社」など、各地に鎮座する特定の神社の名前に混じって「斎宮」や「伊雑宮」など、伊勢神宮と関わりを持つ神さまもまつられていることに注目してください。さすがは「元伊勢」ですよね。

初詣の記念に御札はいかが?社務所で授与される伊勢神社の御札

初詣の記念に御札はいかが?社務所で授与される伊勢神社の御札

写真:乾口 達司

地図を見る

もちろん、初詣の参拝者の数は伊勢神宮とは比べものになりません。参拝者の大半が地元の人たちですが、混雑するほどではないので、ゆったりした気持ちで参拝することが出来ますよ。

普段は無人の社務所も正月は開けられており、当社特製の御札も授与していただけます。ここでしかいただけない貴重なものゆえ、旅の思い出として、ぜひ御札を求めましょう。

新春らしさを演出!寒い季節に嬉しい甘酒の授与

新春らしさを演出!寒い季節に嬉しい甘酒の授与

写真:乾口 達司

地図を見る

境内には、新春ならではの華やいだ雰囲気も満ちています。拝殿前では甘酒の授与もおこなわれており、日中でも寒さの厳しいこの時期には嬉しい限り。有り難くいただきましょう。体も心もあたたまりますよ。

おわりに

伊勢神社の魅力、おわかりいただけたでしょうか。普段は無人の境内も正月だけは初詣客で賑わうため、参拝は初詣の時期をお勧めします。伊勢神宮ならぬ伊勢神社で新春を寿いで下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ