雪に咲く桜、白雪の額縁庭園 京都、大原の美しい銀世界を訪ねて

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雪に咲く桜、白雪の額縁庭園 京都、大原の美しい銀世界を訪ねて

雪に咲く桜、白雪の額縁庭園 京都、大原の美しい銀世界を訪ねて

更新日:2014/02/04 16:28

LUIのプロフィール写真 LUI アマチュア写真家

観光シーズンの秋の紅葉を終え、静かさを取り戻していく京都の冬。
そんな冬の京都で見たい景色といえば雪化粧された神社仏閣、庭園ではないでしょうか?しかし、実際には天候に左右されるもので、訪れるタイミングに雪が積もるのは限られたものになります。
それでも限りある機会を逃したくない方には大原がオススメです!
大原は山里ということもあり雪も残りやすくより雪景色に出会える可能性が高いオススメのスポットです。

白銀の三千院

白銀の三千院

写真:LUI

地図を見る

大原といえば一番有名なのは三千院です。
創建は最澄上人が比叡山延暦寺建立の際に結んだ草庵に始まり、皇子、皇族が住職を勤めた宮門跡です。
池泉鑑賞式の庭園、聚碧園・有清園、国宝「阿弥陀三尊像」を納めた往生極楽院、わらべ地蔵が雪化粧した姿をカメラに収める観光客の姿が多く見られます。
写真は宸殿から見た有清園と往生極楽院です。
雪の降った杉木立の中に佇む往生極楽院で阿弥陀様に手を合わせれば清々しい気持ちになれます。
三千院は冬の雪景色以外も秋の紅葉、梅雨の紫陽花が有名です。

白雪の絵画、宝泉院

白雪の絵画、宝泉院

写真:LUI

地図を見る

額縁庭園で有名な宝泉院は勝林院住職の坊として平安末期頃よりの歴史を持ちます。
宝泉院の額縁庭園は立ち去り難いを意味する盤桓園という名を持つにふさわしい美しさです。冬の寒さの中で力強い五葉松の木が映えます。
拝観料にはお抹茶と茶菓子が含まれておりゆったりと庭園鑑賞を楽しむことができます(特別期間除く、詳しくは詳細は下記MEMO宝泉院HPを参照)。
また、建物内には暖をとる囲炉裏のある部屋もあり外で冷えた体を優しく温めてくれます。

雪に咲く桜、実光院

雪に咲く桜、実光院

写真:LUI

地図を見る

実光院は不断桜という珍しい桜の木で有名なお寺です。
客殿の南には池泉鑑賞式、西側には回遊式の庭園があり、不断桜は西側の庭園に咲いています。
不断桜とは季節を問わず花を咲かせる桜の木のことで秋の紅葉、冬の雪といった本来では見ることのできない風景を作り出してくれます。

美しい彫刻の寺 勝林院

美しい彫刻の寺 勝林院

写真:LUI

地図を見る

勝林院は1023年に開かれた大原の天台声明発祥の寺です。
歴史あるお寺ですが、私が着目したい点はその彫刻にあります。
勝林院の柱などには鳥や花、龍といった美しい彫刻がなされています。訪れた際には是非見上げて、この彫刻を楽しんでいただきたいです。

おわりに

京都の市街地から少し山に入った大原の里。
京都駅からバスで1時間ほどのここは街の喧騒とは離れた静かなところ。冬には雪が積もることもあり、銀世界のなかでまわる寺社旧跡巡りはいつも以上に心が洗われる、そんな気持ちになれます。
大原の名所はコンパクトにまとまっており一日で回ることができますので、雪が降ったら是非綺麗な風景を楽しみに足を運んでみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -