アート!歴史!世界遺産!メキシコ国立自治大学 徹底ガイド

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アート!歴史!世界遺産!メキシコ国立自治大学 徹底ガイド

アート!歴史!世界遺産!メキシコ国立自治大学 徹底ガイド

更新日:2016/12/13 17:29

miyoshi yucaのプロフィール写真 miyoshi yuca

メキシコシティの南に位置するメキシコ国立自治大学(略称UNAM)は、1551年に創立されたアメリカ大陸で二番目の歴史を持つ大学で、キャンパスの一部が世界遺産になっていることでも有名。現在約35万人の学生の学び舎となっているUNAMは世界最大級の大学施設です。
メキシコで最も重要な大学で、各研究分野での著しい功績が知られるだけでなく、その広大な敷地内には数多くの文化施設がありたくさんの人が訪れます。

キャンパスが世界遺産!

キャンパスが世界遺産!

写真:miyoshi yuca

地図を見る

1952年に完成した大学のメインキャンパスはシウダ・ウニベルシタリア(C.U.)と呼ばれ、60人以上の建築家や芸術家が総動員で作り上げられました。大規模な都市計画としてメキシコ革命後の近代化運動を象徴し、その歴史的・文化的価値が認められ2007年に世界遺産に登録されました。大学創立時からある哲学学科や建築学科などの校舎に囲まれた芝生で覆われた広場はLas Islas(島々)と呼ばれ、アクティビティが催されるなど、学生たちの憩いの場として親しまれるだけでなく、休日は家族連れが多く訪れる人気のピクニックスポットでもあります。

また、メキシコ国立自治大学は著名人を多く輩出する大学としても知られています。メキシコ歴代の大統領はもちろん、2007年に世界一の大富豪に認定された実業家カルロス・スリムや、ノーベル文学賞受賞者オクタビオ・パス、さらにはSF大作「ゼロ・グラビティ」でアカデミー賞監督賞を受賞したアルフォンソ・キュアロンなど多岐にわたる分野にて活躍する著名人がかつてUNAMで学びました。

メキシコアート!巨匠たちの壁画を堪能

メキシコアート!巨匠たちの壁画を堪能

写真:miyoshi yuca

地図を見る

メキシコといえば、1920年代に生まれた壁画運動が有名。この壁画運動はメキシコ芸術の巨匠ディエゴ・リベラなどを中心に欧米志向脱出を図り、メキシコのアイデンティティーを見直すため大衆芸術を伝えようとした芸術運動です。富裕層を対象としたいわゆるハイ・アートとは対象的に、大衆向けの芸術であることから、壁画は公共の場で誰でも自由に見学できるのが一般的。とにかくスケールが大きい壁画は、その文化的背景を知らずしても見る人を圧倒させます。そしてそんな壁画が数多く見られるのがメキシコ国立自治大学なのです。

メキシコ三大壁画のディエゴ・リベラとシケイロスによる力強い壁画が設置されています。大学のスタジアムを飾るのがディエゴ・リベラの壁画です。大学の校章のモチーフにもなっている鷲やコンドルなどが描かれており、メキシコのスポーツ発展を表した壁画は見応えありです。

そして、大学の顔として日々学生や訪問者を迎えるのが、壁画三大巨匠の一人、ダビッド・アルファロ・シケイロスの「民衆から大学へ、大学から民衆へ」という壁画。メインキャンパス本館の側面に位置し、題名の通りペンなどを持った人物が力強く前進しているかのような様子が描かれています。

メキシコの歴史がつまったモザイク画

メキシコの歴史がつまったモザイク画

写真:miyoshi yuca

地図を見る

また、メキシコ国立自治大学の象徴とも言える中央図書館のモザイク画は必見!世界最大規模の壁画と言われるだけあってとにかくでかい!メキシコ人アーティストであり建築家のフアン・オゴールマン制作によるメキシコの歴史、文化を色とりどりの石で表現したメキシコらしい色彩豊かな作品です。図書館の外観全体を覆うように描かれた作品はまさに圧巻!古代文化の神々からコロニアル時代の様子、そして現代のメキシコまでを描いたストーリー性あふれるデザインは何度見ても新しい発見がありいくら見ても飽きません。

最前線アートを堪能「MUAC」

最前線アートを堪能「MUAC」

写真:miyoshi yuca

地図を見る

現代アート美術館(Museo Universitario Arte Contemporáneo、通称MUAC)はUNAMを訪れた際には見逃せないポイントです。メキシコ国内外の現代アーティストによる展示が行われるメキシコアートの最前線を行く美術館です。エントランスエリアにはメキシコを代表する現代アーティスト、ルフィノ・タマヨによる彫刻作品「La Espiga」が置かれています。

全体がガラス張りで自然光を取り込む建築が印象的なMUACの他にも、大学敷地内には世界的に有名な建築家リカルド・レゴレッタによる建物など、数多くのユニークな建築を楽しむこともできます。

メキシコ国立自治大学は見所満載!

見所たくさんのメキシコ国立自治大学にはビジターセンターがあり(大学本館の隣の建物内)、メインキャンパス内のツアーが開催されており、大学の歴史などより詳しい説明を聞くことができます。

また、ご紹介したほかにも研究施設はもちろん、博物館や植物園など多くの文化施設を抱えるUNAMは、学園都市という名もふさわしく、とにかく敷地が広大で移動が大変!敷地内はタクシーも頻繁に通っていますが、無料のバスが定期的に出ているのでご利用をお勧めします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ