不動の上位!一度は訪れたい人気の世界遺産・アンコールワット!

| カンボジア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

不動の上位!一度は訪れたい人気の世界遺産・アンコールワット!

不動の上位!一度は訪れたい人気の世界遺産・アンコールワット!

更新日:2017/01/19 09:14

吉野 友梨のプロフィール写真 吉野 友梨 トラベルライター

カンボジアではアンコールワットをはじめとするシェムリアップの遺跡群が1992年、アンコール遺跡群として、まとめて世界遺産に登録されました。有名な中央祠堂の外観は、遺跡群の「顔」として常に主役をはっています。映画のロケ地にもなったこの古都には遺跡を一目見ようと世界中から押し寄せる観光客で一年中にぎわっており、アジアの世界遺産ランキングでは常に上位に輝く、一度は訪れたいと言われる人気の世界遺産です。

アジア三大仏教遺跡!カンボジア人の誇り・アンコールワット!

アジア三大仏教遺跡!カンボジア人の誇り・アンコールワット!

写真:吉野 友梨

地図を見る

アジアには、一度は訪れたい世界三大仏教遺跡が三つあります。インドネシアのボロブドゥル寺院遺跡群、ミャンマーのパガン遺跡、そしてここ、カンボジアのアンコール遺跡群です。

隣国であるアユタヤの侵攻の結果、放棄され忘れられて、密林の中で長い間眠っていましたが、1860年、フランス人によって発見されると一躍有名になりました。その後の過酷な内戦の時代を過ぎ、平和になった今、アンコール遺跡は世界も注目する人気の世界遺産になっています。

現在のカンボジアの国旗にはアンコールワットが中央に白く描かれています。カンボジアの国旗は何回かデザインが変更されていますが、アンコールワットは常に国旗に使用されてきました。カンボジアの顔・象徴ともいうべき建造物なのです。

ぐるっと壁画!気の遠くなるような量!

ぐるっと壁画!気の遠くなるような量!

写真:吉野 友梨

地図を見る

アンコールワットの中の第一回廊の壁は「ラーマーヤナ」「天国と地獄」「乳海撹拌」などの説話や叙事詩の壁画で埋め尽くされています。事前にガイドブックなどで壁画に彫られた物語のあらすじを知っておけば、より楽しいのではないでしょうか。歩きながら絵を読んでいくと、物語が完成します。

ぐるっと壁画!気の遠くなるような量!

写真:吉野 友梨

アンコールワットのことは江戸時代の日本でも知られていて、右近太夫一房という日本人がここを訪れました。消されていて読み取りにくくはなっていますが、落書きを残しています。当時、カンボジアには日本人街があったため、他にも多くの日本人が訪れています。

登るのが怖い!ありえない急階段!

登るのが怖い!ありえない急階段!

写真:吉野 友梨

地図を見る

この写真は第三回廊を下から眺めたものです。第三回廊にはアンコールワットの象徴である中央祠堂がありますが、そこまで行くには急階段を登らなければなりません。あまりの急角度に、この階段登れるの!?と思うかもしれません。この急な階段はそもそも人間用に作ったものではなく、神様用の階段なのです。この写真の階段は以前は登ることができましたが、事故が起きてしまったため、ここからは登ることはできなくなりました。

この写真の階段とは別のところに第三回廊に登る階段があります。同じような傾斜の急な階段ですが、登りやすいように整備されており、時間と人数限定、服装制限がありますが登ることができます。

アンコールワットで美人女官&踊り子の面影を探せ!

アンコールワットで美人女官&踊り子の面影を探せ!

写真:吉野 友梨

地図を見る

アンコールワットに行ったら、建物の壁もじっくり眺めて下さい。そこかしこに「デヴァター」といわれる女性のレリーフがあるのがわかります。このデヴァター、女神像なのですが、彫りも細かく衣装や装身具も凝ったものです。女神の顔は、実際に王宮に仕えていた女官や踊り子をモデルにしたと言われています。王宮にいる女官や踊り子はさぞ容姿端麗だったことでしょう。

巨大なアンコールワットの中にはあちこちに、美女のデヴァターが存在します。中には歯をむきだした、「美人…?」というには微妙なものも。

アンコールワットでも人気映画『トゥームレイダー』の撮影が!

アンコールワットでも人気映画『トゥームレイダー』の撮影が!

写真:吉野 友梨

地図を見る

アンジェリーナ・ジョリー主演の映画『トゥームレイダー』のロケ地といえば、密林の遺跡「タ・プローム」が有名ですが、ここアンコールワットでも正面左側の池から見た風景を、水上市場に見立てて使用されました。アンジェリーナ・ジョリー演じるララ・クロフトが小舟に乗って水上を移動する場面です。

実際のアンコールワット前の池はさほど広いわけではありませんが、映画では奥行きのある異国情緒あふれるにぎやかな場面に仕上がっています。

映画内で使用された密林の遺跡「タ・プローム」の紹介をたびねす内でしていますので、よろしければ関連MEMOにいれた記事も併せてご覧下さい。

おわりに

アンコールワットは西向きに建てられている為、逆光になる午前中の見学よりも午後からの見学が一般的です。電車やバスなどの公共交通機関がないのでトゥクトゥクやレンタサイクル、ツアー参加でまわることになります。カンボジアは一年中暑く、涼しい季節でも24〜30度はありますので、暑さ対策を万全に!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ