パッション炸裂!メキシコ国立芸術院・大迫力の壁画がスゴイ!

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

パッション炸裂!メキシコ国立芸術院・大迫力の壁画がスゴイ!

パッション炸裂!メキシコ国立芸術院・大迫力の壁画がスゴイ!

更新日:2018/08/01 14:55

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

タコスとテキーラの国・メキシコに行くなら「壁画」の見学も忘れずに!壁画は、文字が読めない人にもメキシコの革命の歴史がわかるように、誰もが見ることができるように壁に描いたもの。メキシコシティの国立芸術院に行けば、巨匠が描いた壁画を見学することができます。その大きさと迫力たるや、超ド級!ド肝を抜かれます!大理石をふんだんに使った建物も必見です。

壁がキャンバス!

壁がキャンバス!

写真:さと しほ

地図を見る

メキシコには、ド肝を抜かれるような大迫力の壁画が各地にあります。その中から今回は、壁画も建物も必見!メキシコシティ「国立芸術院(べジャス・アルテス宮殿)」をご紹介します。

有名な絵画を鑑賞するとしたら、「空調管理された監視つきの美術館にある、額縁に入ったものを見る」のが普通ですよね。ところが、メキシコを代表する絵画は、額縁におさまるような小さなものではありません。それらは、キャンバスではなく「壁」に描かれているんです。

インディオ文明に始まり、コロンブスの新大陸発見、スペイン人による侵略、独立、内乱、メキシコ革命。メキシコには占領、独立、革命という激動の歴史があります。

メキシコの壁画は、1920年代にはじまった「メキシコ壁画運動」の際に描かれたもの。文字が読めない人にも革命の意義、メキシコの文化や歴史を広く理解してもらうため、絵で表現する手法をとりました。多くの人に見てもらうために壁に描くことになったんです。

壁がキャンバス!

写真:さと しほ

「国立芸術院(べジャス・アルテス宮殿)」は、メキシコシティの中心にあります。1階からドーム型の天井までが吹き抜けになっていて、思わず歓声をあげそうになるほど開放的なんです。大理石がふんだんに使われている素敵な建物なので、ぜひ中に入ってみてくださいね。

見よ!この迫力を!これがメキシコの芸術だ!

見よ!この迫力を!これがメキシコの芸術だ!

写真:さと しほ

地図を見る

壁画は回廊の壁に描かれています。ド肝を抜かれる大迫力のこの壁画は、3大巨匠のひとり「シケイロス」の作品です。
カメラのフレームにおさまらない大きさなので、近寄ったり離れたりして全体を堪能しましょう。壁画の前に立っている人とくらべれば、壁画がどれだけ大きいか、どれだけ強烈なインパクトを持っているかが、わかります。握りしめた拳や腕の力強さ、表情にも注目してください。壁画から飛び出してきそうな臨場感のある絵です。

見よ!この迫力を!これがメキシコの芸術だ!

写真:さと しほ

地図を見る

3大巨匠、全員の作品がそろってます!

3大巨匠、全員の作品がそろってます!

写真:さと しほ

地図を見る

回廊をぐるっと一周してみましょう。ここでは、壁画の3大巨匠「ディエゴ・リベラ、シケイロス、オロスコ」の作品をまとめて見ることができるんです。壁画の巨匠たちは、題材や絵のスタイルがそれぞれ違うので、見くらべてくださいね。

上の写真の作品は、巨匠ディエゴ・リベラのもの。シケイロスの作品にくらべると、とても緻密で細かく描写されています。この作品は「宇宙を支配する者」というタイトル。社会主義者であるレーニンやトロツキーが描かれていたり、ガスマスクをしている集団がいたりと、不気味な感じがする絵です。

3大巨匠、全員の作品がそろってます!

写真:さと しほ

地図を見る

上の写真の作品は、巨匠オロスコが描いたもの。インパクトがある大きな壁画で、半裸の女性に目が釘付けになってしまいます。後ろには拳をふりあげている民衆と炎が描かれています。
「国立芸術院(べジャス・アルテス宮殿)」にある壁画はどれも、鎖につながれていたり半裸だったりで「公共の場にこんな絵が?」と衝撃をうけるものばかりなんです。

メキシコ国立芸術院の壁画は必見!

メキシコ国立芸術院(べジャス・アルテス宮殿)の壁画、いかがでしたか?サイズも大きいし、絵の題材も激しいし、とにかくビックリするようなものばかり。メキシコシティの中心地にあるので、ぜひお出かけください!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -