新品種いちご「紅い雫」のパフェ!グラッシェル表参道店で冬ならではの贅沢スイーツ!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

新品種いちご「紅い雫」のパフェ!グラッシェル表参道店で冬ならではの贅沢スイーツ!

新品種いちご「紅い雫」のパフェ!グラッシェル表参道店で冬ならではの贅沢スイーツ!

更新日:2016/12/20 14:12

野山 苺摘のプロフィール写真 野山 苺摘 グルメライター、覆面調査員、謎作家

冬から春にむけて旬を迎える果実といえばイチゴ!東京や横浜ではいちごビュッフェの予約が激戦になっており、続々といちごパフェも登場。そんな中、トレンドスイーツの聖地である表参道・原宿エリアにゆっくりと珍しい品種のいちごパフェを楽しめる店が!生グラス専門店として、表参道の人気スイーツスポットの1つとなっているグラッシェルでは愛媛県産の「紅い雫」という新品種いちごを使用した贅沢なパフェを体験できるのです!

苺タルトをイメージした美しいいちごパフェ!

苺タルトをイメージした美しいいちごパフェ!

写真:野山 苺摘

地図を見る

表参道にある生グラス専門店「グラッシェル」。
旬のフルーツを使用した新鮮なアイスクリーム作りの技術をいかしたパフェメニューがとても人気で、2016年冬の新シリーズとして新たに3種のパフェが登場。そのうちの1つが写真の「いちごのパフェ(1,600円)」です。

今回のいちごのパフェに使用しているイチゴは、愛媛県産の新品種「紅い雫」。壇蜜さんがイメージキャラクターで、甘味と香りの後に程よい酸味が迫るオトナ味のイチゴです。

このパフェは苺タルトをイメージして作られており、グラスの中にはアーモンドクリームと一緒に焼き上げた丸形のタルトが入っています。タルト生地に紅い雫を合わせて食べれば、パフェとしてだけでなく苺タルトとしても楽しむことができるのです。

さらに、苺のコンポート入りチーズアイスものせられており、イチゴのチーズケーキのような味わいも堪能できます。グラスには他にも砂糖がけしたアーモンドやそぼろ状のクッキー、苺のシャーベットにカスタードクリームも!1つのグラスの中でたくさんの味をハーモニーを楽しめるスペシャルなパフェなのです。

愛媛県のフルーツがたっぷり詰まったプリンパフェも!

愛媛県のフルーツがたっぷり詰まったプリンパフェも!

写真:野山 苺摘

地図を見る

紅い雫といういちごの味を楽しめるパフェはもう1つあります。冬のパフェとして登場した「プリンパフェ」には、愛媛県産のフルーツがどっさり!愛媛県はしもと農園の紅い雫をはじめ、愛媛県高橋農園の「レインボーキウイ」や、愛媛県幸盛園の「紅まどんな」を使用しています。

トップにはなめらか食感のプリン、その下にはバニラアイス。さらに底のようには爽やかなジュレと共にフルーツが入っています。プリンはコクがあり濃厚で、子どもから大人までどの年代にも親しまれそうな味わいです。

まるでホールケーキのようなアイスクリームベースのスイーツ!

まるでホールケーキのようなアイスクリームベースのスイーツ!

写真:野山 苺摘

地図を見る

このお店では、パティスリーとグラシエがコラボして創り出したアントルメグラッセ・生グラスを堪能することができます。パフェの他にも美しく彩られたアイスクリームを食べることができるのです。

ショーケースにはまるでホールケーキのようなスイーツがズラリ。実はこれらはすべてアイスケーキなのです!いちご好きにはピンク色の「オーバル グラッセ フレーズ ヴァニーユ」がおすすめ!苺シロップをしみこませたアーモンド生地に、まろやかなイチゴバニラアイスと、イチゴとマスカルポーネのシャーベットを合わせた逸品です。

この他に、ハート型の「パステル」も野いちごのゼリーや苺のソルベなどいちごづくし!栃木産とちおとめもトッピングされています。

ハリネズミ姿のキュートなチョコレートスイーツも!

ハリネズミ姿のキュートなチョコレートスイーツも!

写真:野山 苺摘

地図を見る

アイスクリームをベースとしたスイーツは、他にもキュートな動物型の商品も!ハリネズミ姿の「エリソン」はチョコレートテイスト、赤いてんとう虫の「コクシネル」は木苺とイチゴのシャーベットと、マダガスカル産バニラアイスが、赤いベリーのゼリーでコーティングされています。

お土産にはフランスの郷土菓子「ヴィジタンティーヌ」

お土産にはフランスの郷土菓子「ヴィジタンティーヌ」

写真:野山 苺摘

地図を見る

パフェやアイスケーキだけでなく、持ち帰り用の焼菓子のラインナップも充実。中でも是非試していただきたいのが「ヴィジタンディーヌ」という焼菓子。フランス・ロレーヌ地方のナンシーで生まれた郷土菓子で、アーモンドと焦がしバターの香りが漂うしっとり食感の生地です。

他にもフールモワルーやシュトロイゼルといった伝統菓子なども購入可能!どの焼菓子も旅のお土産におすすめです。

2階ではランチ、1階では手軽に食べられるカップ入りの生グラスも!

11時から15時の間は2階のカフェでランチメニューも登場。タルティーヌやどろぶたソーセージが味わえます。

1階ではカップやコーンで手軽に食べられる生グラスも販売。ジェラートともソルベとも違う、とてもクリーミーで滑らかな生グラスは食べ歩きにもおすすめ!常時10種以上のフレーバーが用意されているので、是非ダブルをオーダーして2種の味を食べ比べてしてみてはいかでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/12/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ