小浜温泉「ほっとふっと105」は日本一長い足湯!その楽しみ方とは?

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小浜温泉「ほっとふっと105」は日本一長い足湯!その楽しみ方とは?

小浜温泉「ほっとふっと105」は日本一長い足湯!その楽しみ方とは?

更新日:2017/09/25 18:14

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

島原半島、雲仙岳の西麓に位置する小浜温泉は多くの温泉旅館が軒を連ねる長崎を代表する温泉地の一つです。その小浜温泉には日本一の長さを誇る足湯「ほっとふっと105」があることをご存知でしょうか?夕陽の名所でもある橘湾を眼前に眺めながら入れる、絶景足湯の楽しみ方をご紹介します。

名湯・小浜温泉にある日本一の足湯

名湯・小浜温泉にある日本一の足湯

写真:bow

地図を見る

小浜温泉の足湯の長さはァァァァァァァァアアア
日本一ィィィイイイイ!

のっけから宣言してしまいましたが、長崎県雲仙市にある小浜温泉。奈良時代初期に編纂されたという『肥前国風土記』にその存在が記載されているという古湯であり、九州を代表する名湯の一つでもあります。

そんな小浜温泉には105mという日本一の長さを誇る「ほっとふっと105」という足湯があるのです!豊富な湯量は「湯棚」と呼ばれる源泉から次々と流れ出るお湯を見れば一目瞭然。ちなみに湯棚の上からあふれ出るお湯は下に降りていく間に適温となり、そのまま足湯へと流れ込んでいます。まずは「湯棚」から溢れ出る、圧倒的な湯量と熱気を味わってみましょう。

名湯・小浜温泉にある日本一の足湯

写真:bow

地図を見る

小浜温泉の源泉温度はァァァァァァァァアアア
日本一ィィィイイイイ!

なんと、この小浜温泉。もう一つの日本一があるとされています。それは源泉温度!なんとここ小浜温泉は最高で105度という、極めて高温の源泉を誇っています。そして源泉は約30ヶ所もあり、1日湧出量は15000tともされています。源泉温度×湧出量で算出される「熱量」も日本一!「ほっとふっと105」の105mという中途半端な長さは高い源泉温度にちなんだものだったのです。

また、火山や温泉が多いにもかかわらず日本では導入が遅れている地熱発電。ここ小浜温泉ではこの高温の源泉をいかした地熱発電が実用化されていて注目を集めているのです。

ホントに長い足湯!「ほっとふっと105」

ホントに長い足湯!「ほっとふっと105」

写真:bow

地図を見る

そして”ようこそ日本一の足湯 ほっとふっと105”という横断幕が出迎える「ほっとふっと105」。湯棚から流れ落ちたお湯は海沿いの遊歩道沿いに続く「ほっとふっと105」の細長い足湯へと流れていきます。

やや湯温が高く感じる方もいるかと思いますが、少し我慢すればすぐに気持ちよくなってきます。下流に行けば行くほど湯温は下がっていきますので熱いのが苦手な方は下流へと行きましょう。

ホントに長い足湯!「ほっとふっと105」

写真:bow

地図を見る

とにかく長い!日本一長い足湯はダテじゃあありません。端から端まで視界におさめるのは困難なほど。延々と続く足湯には観光客のみならず、地元の方々も気軽に利用しています。

雨が降った日でも安心して入れるように「ほっとふっと105」は屋根付きになっている部分も長く、たくさんの人が利用しやすいように配慮されています。とにかく長い足湯、景色のいいところを見つけてじっくり楽しんでみましょう。

ホントに長い足湯!「ほっとふっと105」

写真:bow

地図を見る

また「ほっとふっと105」にはペットと一緒に入浴できるペット足湯のスペースもありますので愛犬と共に入浴できるという嬉しい足湯でもあるのです。

さらに長い足湯を利用したウォーキング足湯のゾーンも!ウォーキング足湯のゾーンでは足湯の底に足の裏のツボを刺激する小石が埋め込まれており、温浴効果に加えてツボを刺激するというダブルの効果が!

このように「ほっとふっと105」はただ長いというわけではなく、いろいろな足湯利用法があって様々なニーズにこたえる足湯なのです。

入浴以外も楽しめる「ほっとふっと105」

入浴以外も楽しめる「ほっとふっと105」

写真:bow

地図を見る

そして「ほっとふっと105」のお楽しみは何も足湯だけではありません。お湯が湧出している「湯棚」の裏には高温の源泉を利用した「蒸し釜」があり、気軽にスチームフードを楽しむことができるのです。

スチームフードはヘルシーで素材の味をより味わうことができるので近年人気となっていますが、この「ほっとふっと105」では自然の力を利用した本格的なスチームフードを味わえるのです!

入浴以外も楽しめる「ほっとふっと105」

提供元:ながさき旅ネッ ト

http://www.nagasaki-tabinet.com/

食材は持ち込みも可能ですが、食材を持って行かなくても現地で海の幸から卵にいたるまでいろいろ販売していますのでご安心なく。「蒸し釜」はセルフサービスで、食材を竹かごに入れ「蒸し釜」の中に入れて蓋を閉めます。

食材ごとにそれぞれ蒸す目安の時間は「蒸し釜」など事細かに記されていますのでここはぜひ挑戦っ!比較的早く出来上がる卵で8分〜10分程度です。

入浴以外も楽しめる「ほっとふっと105」

提供元:ながさき旅ネッ ト

http://www.nagasaki-tabinet.com/

出来上がった食材は温泉の蒸気で蒸され、ほのかに硫黄の香りが漂っています。アツアツの状態をほお張ってしまいましょう!

この「蒸し釜」が楽しめるのは高温で豊富な湯量を誇る小浜温泉ならでは!足湯に入る前に出来上がり時間を計算して「蒸し釜」に食材をセットしておき、湯上りに小腹を満たすのが賢い使い方です。

橘湾に沈む夕陽を眺めながら入りたい!

橘湾に沈む夕陽を眺めながら入りたい!

提供元:ながさき旅ネッ ト

http://www.nagasaki-tabinet.com/

西に開いた橘湾に面する小浜温泉。そしてその海岸線沿いにある「ほっとふっと105」は夕陽の名所としても知られています。足湯からも海を眺めることができますので、夕暮れ時の「ほっとふっと105」はまさに特等席!その旅情感に満ちた光景はあなたを日常の喧騒から遠い世界へと導いてくれることでしょう。

夕陽を眺めながら足湯で癒しのひととき。なんとも贅沢なシチュエーションを味わえることも「ほっとふっと105」の人気を支える一つの要因であるのです。

日本一長い足湯「ほっとふっと105」へ行ってみよう!

小浜温泉「ほっとふっと105」の利用は無料!営業時間は4〜10月が10:00〜19:00(蒸し釜は18:30)まで、11月〜3月は10:00〜18:00(蒸し釜は17:30)までとなっています。「ほっとふっと105」は小浜マリンパークと呼ばれる広い園地内にあります。

足湯だけじゃ満足できないという方には近くに海を眺めながら入れる「海上露天風呂 波の湯 茜」があります。満潮時には海面との差が20cmほどになるという、ダイナミックな自然を目前に入れる露天風呂です。時間があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -