南カリフォルニアの陽気な街「サンディエゴ」へ行こう!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

南カリフォルニアの陽気な街「サンディエゴ」へ行こう!

南カリフォルニアの陽気な街「サンディエゴ」へ行こう!

更新日:2016/12/23 20:31

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

米・カリフォルニア州南部、メキシコとの国境も近い場所にある「サンディエゴ」の街は、知る人ぞ知るアトラクションの宝庫。バス・トラム・フェリーといった公共交通機関を使って、効率良く1日でいくつものアトラクションやテーマパークをはしごすることができるのも嬉しいところ。更には、一年中温暖で過ごしやすく、海辺でリゾート気分を楽しむこともできるという、魅力一杯のサンディエゴの街をご紹介します。

様々な文化が集まるコスモポリタンな街「サンディエゴ」

様々な文化が集まるコスモポリタンな街「サンディエゴ」

写真:高田 真美

地図を見る

「サンディエゴ (San Diego)」は、カリフォルニア州の南端に位置する街。19世紀中頃までメキシコ領だったサンディエゴの街には、現代のモダンな高層ビルとメキシコ時代を彷彿させる歴史ある建物がうまく調和した街並みが広がっています。

様々な文化が集まるコスモポリタンな街「サンディエゴ」

写真:高田 真美

地図を見る

サンディエゴのダウンタウンには、19世紀のレトロな街並みに各国料理のレストランがひしめく「ガスランプ地区 (Gaslamp Quarter)」や、イタリアンレストランがずらりと軒を並べる「リトルイタリー地区 (Little Italy)」など、移民の国ならではのコスモポリタンな雰囲気を楽しむことができる魅力的な場所がたくさんあります。

サンディエゴはアトラクションの宝庫!

サンディエゴはアトラクションの宝庫!

写真:高田 真美

地図を見る

スペイン植民地時代を彷彿させる美しい「バルボアパーク」、メキシコ領時代を再現した「オールドサンディエゴ」、海洋生物のショーや乗り物が楽しい「シーワールド」、世界でも有数の動物園として知られる「サンディエゴ動物園」など、サンディエゴは、知る人ぞ知るアトラクションの宝庫。

更に嬉しいのは、これらのアトラクションが地理的にコンパクトに纏まっており、1日でいくつものアトラクションやテーマパークをはしごすることができちゃうんです!たった数日の滞在でも、内容の濃い充実した日々を過ごすことができるのが、サンディエゴの魅力です。

米軍基地の町サンディエゴで「ミッドウェイ博物館」を訪れよう!

米軍基地の町サンディエゴで「ミッドウェイ博物館」を訪れよう!

写真:高田 真美

地図を見る

映画『トップガン』の舞台となったミラマー基地、ロマ岬やコロナド島周辺の海軍基地など、サンディエゴ周辺には数多くの米軍基地があります。そんな「基地の町」サンディエゴの一面を見たいなら、是非「ミッドウェイ博物館 (USS Midway Museum)」を訪れてみましょう。

ミッドウェイ博物館は、サンディエゴのウォーターフロントに停泊する本物の航空母艦「ミッドウェイ (USS Midway)」の内部を博物館にしたものです。巨大な空母の内部は見所たっぷり!戦闘機が離着陸するフライトデック甲板には、数多くの戦闘機や軍用ヘリコプターなども展示されています。

白砂のビーチが美しい「コロナド島」へ

白砂のビーチが美しい「コロナド島」へ

写真:高田 真美

地図を見る

海に面したサンディエゴの町では、是非海辺でリゾート気分も味わいたいものです。サンディエゴのダウンタウンから簡単にアクセスできるビーチとしておすすめなのが「コロナド島 (Coronad Island)」です。

コロナド島は「島」という名前が付いていますが、実際には砂州で本土と陸続きになっています。ただし、サンディエゴのダウンタウンからは、陸経由で行くと遠回りになりますので、フェリーで海を渡るか、車(バス)で橋を渡って行くのが近道です。

サンディエゴのダウンタウンからコロナド島へは、ウォーターフロント(もしくはコンベンションセンター)からフェリーで約15分、もしくは、サンディエゴのダウンタウンから路線バスで約30分。路線バスは、サンディエゴのダウンタウンとコロナドを繋ぐ巨大な橋を通って海を渡ります。フェリー、バス、双方で違った景色が楽しめますので、片道はフェリー、片道はバスを利用すると楽しいですよ!

白砂のビーチが美しい「コロナド島」へ

写真:高田 真美

地図を見る

コロナド島で見逃してはならないのが、マリリンモンローの映画『お熱いのがお好き』の舞台となった「ホテル デル コロナド (Hotel Del Coronado)」。19世紀に建てられたレトロでゴージャスな木造のリゾートホテル「ホテル デル コロナド」は、古くからハリウッドスターたちの遊び場として知られてきました。ホテルの宿泊客でなくても、レストランやカフェを利用することができますので、美しいビーチを見ながら食事をして、セレブ気分を味わってみてはいかが?

サンディエゴの宝石「ラ・ホヤ」まで足を伸ばしてみよう!

サンディエゴの宝石「ラ・ホヤ」まで足を伸ばしてみよう!

写真:高田 真美

地図を見る

更にのんびりとリゾート気分を味わいたいなら、サンディエゴのダウンタウンから20キロほど北にある「ラ・ホヤ (La Jolla)」がおすすめです。

「サンディエゴの宝石」とも呼ばれるラ・ホヤは、カリフォルニア州でも屈指の高級リゾート地。海沿いには、美しいビーチや海辺の遊歩道が続き、街には洗練されたブティックやレストラン・カフェなどが並びます。

サンディエゴのダウンタウンから「ラ・ホヤ」まではレンタカーで約20分(路線バスを利用する場合は約1時間)。日帰りも充分可能ですが、素敵なホテルもたくさんありますし、マリンスポーツやゴルフなどを楽しむこともできますので、のんびりとリゾート気分を楽しみたいなら是非1泊してみると良いでしょう。

最後に

サンディエゴは、見所がコンパクトに纏まっているので、とても観光しやすい街です。トラムやバス、フェリーなど、公共交通機関も整っているので、車の運転ができなくても不自由ありません。サンディエゴ市内で、1日に3回以上トラムやバスを利用するなら、One Day Pass を購入するのがオススメ。One Day Pass(5ドル)を買えば、フェリーは別料金ですが、トラムやバスは1日乗り放題です。

東京(成田)からは、日本航空がサンディエゴまで直行便を運行しています。サンディエゴ空港は比較的小さな空港ですので、ロサンゼルスやサンフランシスコといった大都市の国際空港に比べると、入国審査や税関検査なども驚くほど楽チンです。また、空港からダウンタウンまで約5キロと近いのも嬉しいところ。空港からタクシーでわずか10分ほどで、ダウンタウンのホテルに到着できちゃうんです!アメリカへの入国地点としてもオススメの街です。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -