生まれ変わる「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」でワールドクラスの体験を!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

生まれ変わる「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」でワールドクラスの体験を!

生まれ変わる「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」でワールドクラスの体験を!

更新日:2016/12/27 17:21

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

横浜駅には鉄道6社8路線が乗り入れ、1日延べ 約200 万人の乗降客を数えます。駅周辺では整備が進められており、2020年横浜駅西口開発ビル(仮称)が開業予定など進化を続けています。国内外を問わず注目が高まるエリアにあるデラックスホテルが「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」。大規模なリニューアルも進められているワールドクラスのクオリティホテルです。客室からグルメまでその魅力を紹介します。

横浜駅前のデラックスホテル

横浜駅前のデラックスホテル

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

観光都市横浜には多彩なホテルがあります。みなとみらいや山下地区が有名なエリアですが、横浜駅周辺では、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズが唯一のデラックスホテルと言えます。

周囲に多くの商業施設を有し、観光スポットへも至便なロケーションにあるホテルなので、ショッピング、観光やビジネスの拠点として様々なシーンで利用価値の高いホテルと言えそうです。398室の客室、7つのレストラン&バー、バンケットルームなど充実の施設を備えています。

2016 年は開業18年目。節目となる20周年を契機とし、2020年までの4か年計画という大規模なリニューアルが進められています。秀逸なロケーションを活かしたシェラトンブランドの価値向上を体現するリニューアルに期待が高まります。

ワールドクラスのベイシェラトン

ワールドクラスのベイシェラトン

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

シェラトンは外資系チェーン「スターウッド」のブランドですが、会員プログラムであるスターウッドプリファードゲストの会員(SPG 会員)は、世界で2100万人以上。実際、ホテルへ出向くと世界各国からのゲストを見受けます。更に、スターウッドとマリオット・インターナショナルの合併によって会員数が増大、さらにワールドワイドなホテルチェーンとして拡充していくことてでしょう。

2014年3月に拡張された国際線ターミナルをはじめ、2020年に向けて更なる拡張が予定されている羽田空港は横浜ベイエリアに好アクセス。国際港に発着するクルーズ需要も高まりが期待されるなど、国際都市にあるホテルとして更に注目されています。

また、成田空港とホテルをつなぐ「One Stop Access Voucher(ワン ストップ アクセス バウチャー)」にも注目です。これは成田空港⇔リムジンバスの利用料金と、YCAT(横浜シティエアターミナル)⇔ホテルのタクシー代金を定額料金でパッケージにしたもので、ホテルへ事前に申込むことでお得に利用できます。YCATはホテルのある横浜駅西口とは反対側の東口ですので、大きな荷物がある時など便利です。

クオリティを感じる客室

クオリティを感じる客室

提供元:横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

https://www.yokohamabay-sheraton.co.jp/

センスあるインテリア、寝心地の良いベッドや余裕のある浴室など、快適なステイを約束する客室も横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズの魅力。横浜で泊まるならベイシェラトンというファンも多くいます。

ホテルステイの要である客室ですが、2018年9月に開業20周年を迎える中、2020年までの4か年で全客室のリニューアルが進められ、更なる魅力的な空間へ変貌します。2017年1月〜3月に実施される第一期のリニューアルでは、これまで26F、27Fの2フロアであった特別フロア(タワーズ)を24F〜27Fに拡充、シェラトンブランドの最高峰に位置する「シェラトンクラブ」としての改装が施されます。

シェラトンクラブとは、専任スタッフによるパーソナルなサービスが魅力。客室は更なる快適性と高級感を訴求した空間レイアウトを意識。従来のシングルルームを統合し46平方m〜50平方mのゆとりある客室も新設されます。国内外のラグジュアリー層や、中・長期滞在客にとっても魅力あるホテルが期待されます。

シェラトンクラブラウンジにも注目!

シェラトンクラブラウンジにも注目!

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

これまでのクラブラウンジが、シェラトンクラブ宿泊者専用ラウンジ「シェラトンクラブラウンジ」としてリニューアルされます。ラウンジはシェラトンクラブに宿泊するゲスト、スターウッドプリファードゲストの上級会員が無料で利用できるスペースです。横浜駅からみなとみらい、遠くは都内まで見渡せるパノラマビューが楽しめます。

今回のリニューアルでは、従来103平方mだったスペースが231平方mへ拡張、ゾーン分けにより用途に合ったレイアウトが意識されています。ワークステーションも2か所に分けて設置され、ひとり場合に利用しやすいカウンター席も。軽食やドリンクが楽しめるブッフェコーナーも併設、イブニングタイムにはアペタイザーとドリンクも無料で提供されます。

※写真はリニューアル前のもの

充実のグルメ

充実のグルメ

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

多彩なグルメもベイシェラトンの魅力ですが、中でもおすすめは中国料理「彩龍」。岩澤シェフが本場・香港で習得した最新の広東料理が横浜で楽しめます。中華街とはひと味違った中国料理が堪能できます。

味の研究、アップデートに余念がない岩澤シェフが、本場の最旬グルメをアレンジした魅力有る味の数々。中国料理「彩龍」で秀逸なホスピタリティと共に味わってみてはいかがでしょうか。

おわりに

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは、横浜駅前の喧騒から離れた快適なホテルです。利便性と快適性を併せ持つホテルが、リニューアルにより更なる滞在価値の向上が図られています。ワールドクラスホテルの魅力がますます増していくことでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/09/27−2016/09/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ