ズワイガニが100円から!魚介類の宝庫・寺泊「魚のアメ横」は食べ歩きが楽しい

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ズワイガニが100円から!魚介類の宝庫・寺泊「魚のアメ横」は食べ歩きが楽しい

ズワイガニが100円から!魚介類の宝庫・寺泊「魚のアメ横」は食べ歩きが楽しい

更新日:2017/02/21 15:11

K RINTOのプロフィール写真 K RINTO グルメライター

新潟県の寺泊港や出雲崎港から水揚げされた鮮魚が集まる市場通り通称「魚のアメ横」。鮮魚店が軒を連ね、店頭には魚介類はもちろん、食べ歩きグルメも豊富に並んでいます。また、寺泊名物の紅ズワイガニは安い物でなんと百円からととってもお買い得!買って、見て、食べて楽しい「魚のアメ横」。海沿いをドライブしながら、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

カラフルな建物が立ち並ぶ魚のアメ横!

カラフルな建物が立ち並ぶ魚のアメ横!

写真:K RINTO

地図を見る

通称「魚のアメ横」は、新潟県長岡市寺泊の日本海に面した402号線沿いにあります。北陸自動車道中之島見附ICから車で約30分。電車の場合は、最寄りの寺泊駅からバスに乗って約20分の距離です。
道路を挟んだすぐ向かい側に、車を停められる大きな無料駐車場があります。

カラフルな建物が立ち並ぶ魚のアメ横!

写真:K RINTO

地図を見る

競い合うかのようにカラフルで目立つ外観の鮮魚店が立ち並ぶ魚のアメ横。新鮮な魚介類の買い物や食べ歩きを楽しみに、休日ともなると観光バスに乗った団体客が大勢押し寄せて来ます。

営業時間は朝8時30分(日曜日8時)から17時まで。海水浴シーズンになると、駐車場が満車になるほど混雑しますので、午前中早い時間に行くことをオススメします。

食べ歩きグルメがとっても豊富!

食べ歩きグルメがとっても豊富!

写真:K RINTO

地図を見る

魚のアメ横はなんといっても食べ歩きが楽しい!各お店の店頭には、魚介類の浜焼きや、揚げ物、生牡蠣、カニ汁、笹団子とその場ですぐ食べられるグルメが豊富に並んでいます。きっとあれもこれもと食べたくなるので、お腹を空かして来るのがオススメです。

食べ歩きグルメがとっても豊富!

写真:K RINTO

地図を見る

食べ歩きグルメがとっても豊富!

写真:K RINTO

地図を見る

魚のアメ横で一番人気の角上魚類!本店はここ寺泊

魚のアメ横で一番人気の角上魚類!本店はここ寺泊

写真:K RINTO

地図を見る

魚のアメ横で最も賑わっているのが、関東にも出店している鮮魚店「角上魚類」。ここ寺泊が発祥の地です。

広い店内には、のどぐろのような高級魚からスーパーでは見かけないような珍しい魚まで、寺泊港や出雲崎港から揚がった新鮮な魚介類が豊富に並んでいます。もちろん市場価格なのでお買い得です。魚介類のお持ち帰り用に、氷は無料でもらえますので、保冷バックだけは忘れずに持っていきましょう。

魚のアメ横で一番人気の角上魚類!本店はここ寺泊

写真:K RINTO

地図を見る

魚のアメ横で一番人気の角上魚類!本店はここ寺泊

写真:K RINTO

地図を見る

寺泊は紅ズワイガニのメッカ!角上魚類は試食も出来る

寺泊は紅ズワイガニのメッカ!角上魚類は試食も出来る

写真:K RINTO

地図を見る

寺泊は紅ズワイガニのメッカ!どの鮮魚店にも真っ赤に茹であがった紅ズワイガニが大量に積まれています。紅ズワイガニは本ズワイガニよりも漁の期間が長く、数も多く獲れるため大体2,000円〜3,000円ほどと安く売られています。基本的に通年売られていて、朝茹での新鮮なものがほとんどです。漁が不作だったり、禁漁の時期には冷凍の場合もあるので、気になる方は店員さんに確認してみましょう。

寺泊は紅ズワイガニのメッカ!角上魚類は試食も出来る

写真:K RINTO

地図を見る

足が折れたB級品も販売しています。角上魚類ではなんと一杯百円からと驚きの価格!B級品とは言えインパクトは絶大です。

寺泊は紅ズワイガニのメッカ!角上魚類は試食も出来る

写真:K RINTO

地図を見る

百円なんて身も味噌もスカスカなのでは?と疑ってしまうかもしれませんが、販売員さんがいれば、売り場に並んだカニをその場で剥いて足の身やカニ味噌を試食させてくれるので安心です。百円、二百円、三百円と身や味噌の入り具合で値段が変わってきますので、納得の行くカニを探しましょう。何はともあれ、こんな価格で買えるのは、魚のアメ横ならではなので気軽に買って帰りましょう。もしかしたらおまけもしてくれるかも知れませんよ!

魚のアメ横で食べ歩き!紅ズワイガニのお土産も忘れずに

いかがでしたでしょうか。
魚のアメ横は、活気があってとっても賑わっています。食べ歩きがとにかく豊富なのでお腹を空かしてきたほうが確実に楽しめます。また、寺泊は紅ズワイガニのメッカでもありますので、お土産に買って帰りましょう。保冷バックはお忘れなく!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -