初めてのザルツブルグ観光!抑えておきたい街歩きスポット

| オーストリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初めてのザルツブルグ観光!抑えておきたい街歩きスポット

初めてのザルツブルグ観光!抑えておきたい街歩きスポット

更新日:2017/01/16 09:16

カジヤマ シオリのプロフィール写真 カジヤマ シオリ ヨーロッパ女子ひとり旅専門家、アートライター

ドイツとの国境近くに位置する、オーストリアの都市・ザルツブルグ。音楽家のモーツァルトの出身地であり、かつ映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地でもあることから、「音楽の都」として有名です。

音楽好きには堪らないこの場所は、歩いているだけでも楽しくなるような街並みがあります。初めてのザルツブルグでも、滞在時間が限られていてもしっかり楽しみたい!そんな人におすすめのスポットを選びました。

マカルト橋から観光を始める

マカルト橋から観光を始める

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

ザルツブルグの旧市街と歴史的建造物は、1996年に世界遺産に登録されています。現在も中世の建物が残っており、歩いているだけでも心が躍る街です。

街を流れるザルツァハ川に架かるマカルト橋には、無数のカギがかけられています。旧市街と新市街を結んでおり、街歩きの拠点にするには最適です。恋人たちが愛を誓ってカギをかけに来るだけでなく、橋からザルツァハ川の写真を撮りに来る人も多くいます。

まずはマカルト橋を訪れて、ザルツブルグ観光の気分を盛り上げましょう。

街のメインストリート「ゲトライデ通り」

街のメインストリート「ゲトライデ通り」

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

マカルト橋から旧市街側へ歩いてすぐに、街のメイン通りともいえるゲトライデ通りがあります。ザルツブルグ土産を取り扱うお店やファストファッションのお店など、幅広いジャンルのお店が密集している通りです。道幅は広くありませんが、観光客に人気があります。

その秘密は、お店の軒先にかけられている看板にあります。どのお店もひとつとして同じデザインはなく、個性的です。看板を一目みただけで、そのお店が何を取り扱っているか分かるようになっています。

世界的に有名なチェーン店の看板も、ここではアンティーク調の豪華なつくりになっています。お土産探しがてら、お気に入りの看板を探して歩くのも楽しみ方のひとつです。

街のシンボル・ホーエンザルツブルグ城

街のシンボル・ホーエンザルツブルグ城

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

11世紀、小高い丘の上に要塞として建てられ、現在は街のシンボル的存在として親しまれているホーエンザルツブルグ城。その見た目はとてもがっしりとしており、少し近寄りがたさを感じるほど。

ザルツブルグの街からはどこでもその姿を目にできますが、特におすすめの撮影スポットは「カピテルプラッツ」という広場です。現代アートや中世風の噴水がある広場で、ホーエンザルツブルグ城を中心に入れて撮影しやすい場所となっています。

また、外から見上げるだけでなく城内見学も可能です。その外観の迫力に圧倒されたあとは、城内からザルツブルグの街を眺めるのがおすすめです。

あの映画のロケ地「ミラベル宮殿」でのんびりお散歩

あの映画のロケ地「ミラベル宮殿」でのんびりお散歩

写真:カジヤマ シオリ

地図を見る

映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地として、言わずと知れたミラベル宮殿。マカルト橋を渡り、旧市街の反対側にあります。

映画では、修道女見習いの主人公・マリアが、家庭教師をしている子どもたちに「ドレミの歌」を教えるシーンの舞台となっています。1606年に、独裁政治をおしすすめていた大司教が、美しいユダヤ人の町娘のためにつくった小城が元となっています。

真っ白で美しいバロック建築の前に広がるのは、とても広々とした庭園。映画の主人公が子どもたちと歌いながら駆け抜けた、緑のトンネルも健在です。ところどころにギリシャ神話をモチーフにした彫刻があります。庭園内は無料で散策できます。

まるで映画の1シーンのように、ルンルン気分でドレミの歌を歌いながら散策したくなるスポットです。

ザルツブルグでの街歩きを楽しもう!

オーストリアを訪れるなら、ザルツブルグは外すことができない街です。首都のウィーンからは電車で約3時間のところにあり、日帰りでも訪れることができます。また、隣国ドイツのミュンヘンからは、電車で約2時間です。ドイツからのアクセスも便利です。

世界遺産の街、ザルツブルグをぜひ歩いてみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/02/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -