JR名古屋駅の大人気立ち食いきしめん「住よし」徹底解剖!!

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

JR名古屋駅の大人気立ち食いきしめん「住よし」徹底解剖!!

JR名古屋駅の大人気立ち食いきしめん「住よし」徹底解剖!!

更新日:2017/01/11 15:16

小谷 雅緒のプロフィール写真 小谷 雅緒 ツアーコーディネーター&ガイド

テレビや雑誌でも度々取り上げられる「住よし」は、JR名古屋駅の各ホームにある立ち食いきしめんの有名店です。名古屋方面へ行く出張者の密かな楽しみ、途中下車してでも食べたいと、古くから定評があります。しかし、いざ名古屋駅に降り立てば、各ホームにきしめん屋があり、一体どれが「住よし」なのか、ちょっと焦ったり。新幹線ホームと在来線ホームで、展開内容がちょっぴり異なる「住よし」を比べてみましょう。

きしめん屋がありすぎる名古屋駅

きしめん屋がありすぎる名古屋駅

写真:小谷 雅緒

地図を見る

名古屋名物きしめん!名古屋駅構内には、改札内外に計15店舗以上もあります。特に、立ち食いの店は名古屋駅の各ホームに、1店舗以上あるというから驚きです。しかし、すべての立ち食いきしめん店が「住よし」ではありません。

「住よし」を運営するのはジャパン・トラベル・サーヴィスという会社で、2017年1月現在、名古屋駅には9店舗を構えます。テレビや雑誌の影響で、きしめん店としては抜群の知名度を誇る「住よし」。主に新幹線ホームの店舗(写真は下りホーム)のことを指す場合が多いですが、在来線ホームにもあります。しかも、各ホームに。

常連さんには何番ホームの「住よし」がイイ!と好みがあるようですが、基本として新幹線ホームと在来線でスタイルが若干異なります。

速い!速すぎる!スピード勝負の新幹線ホーム店

速い!速すぎる!スピード勝負の新幹線ホーム店

写真:小谷 雅緒

地図を見る

新幹線ホーム店は、上り・下りも新大阪寄りにあります。常に混雑、店外に行列しているときもありますが、大変な回転の速さのため、すぐに入店できます。なぜにこんなに速いかというと、メニューが絞られているからです。(詳細は、後述する在来線ホーム店と比較してください。)大盛や特盛はあるものの、とにかく基本はきしめんなので、お客の顔を見た瞬間、麺をゆで始めています。早ければ食券を渡して30秒、遅くとも1分以内に完成です。

写真は新幹線下りホーム店の様子。基本はツーオペレーションですが、見事な手際で途切れないお客に対応しています。

速い!速すぎる!スピード勝負の新幹線ホーム店

写真:小谷 雅緒

地図を見る

写真は定番の「きしめん」350円です。要は「かけ」ですが、かつお節がふわっとたっぷり乗っかり、お揚げが半分入っているので、丼はけっこうにぎやか。満足度が高く、なんだか得した気分になります。つゆはしっかりとした濃いめ、麺は冷凍麺ですが、冷凍技術の進歩を実感します。これはウマい!

アルコールや一品料理も!メニュー豊富な在来線ホーム店

アルコールや一品料理も!メニュー豊富な在来線ホーム店

写真:小谷 雅緒

地図を見る

在来線のすべてのホームに出店している住よしですが、まずは印象として、新幹線ホーム店よりものんびりしていることでしょうか。これは、住よしに限らず、他の在来線ホームのきしめん店でも言えます。確かに、新幹線利用者の方が、時間にシビアですよね。

同じメニューの場合、季節限定メニューも含め価格は同じです。しかし、メニューは断然、在来線ホームの店の方が豊富です。麺はきしめん、またはそばから選べます。アルコールの提供があり、つまみメニューもいろいろ。各種フライや豆腐、枝豆なども。夕方以降は、きしめんを食べず、ビールとつまみだけを楽しんでいるお客も見られます。そして、なんといっても天ぷらが揚げたてなのです。

アルコールや一品料理も!メニュー豊富な在来線ホーム店

写真:小谷 雅緒

地図を見る

写真は揚げたての「かき揚げきしめん」520円。もちろん、新幹線ホーム店でも同様のものが同価格で食べられますが、違いは揚げたてのかき揚げであること!やはり揚げたてはおいしいです。その分、少しだけ待ち時間を要します。なお、新幹線ホーム店で供される天ぷら類は、在来線ホーム店で作られています。

個人的調査では、人気は「きしめん」と「かき揚げきしめん」の他に、「玉子入り」の各きしめんのようです。在来線ホーム店限定の「ワンコインきしめん・そば」は、海老天と玉子が入っているお得版です。

ちょいとトリッキー!店名は「住よし」以外にもある!

ちょいとトリッキー!店名は「住よし」以外にもある!

写真:小谷 雅緒

地図を見る

「住よし」をネット検索したり、あるいは現地に行ってみると、「どれが住よし?」と迷うことがあります。名古屋駅構内にあるきしめん店すべてが「住よし」の運営ではないことは先述していますが、ちょっとややこしいです。別名義の店舗があるからです。

写真は東海道線のホームである5・6番ホームのお店、名前は「憩」で運営されています。ちなみに、5・6番線ホームには「住よし」名義の店もあるのです。店舗の外観は異なりますが、値段と内容は同じです。

また、新幹線上りホームには大阪寄りに「住よし」、東京寄りに「グル麺」名義のお店があります。両方「住よし」運営で、内容も同じ。なお、新幹線下りホームにも「グル麺」がありますが、こちらは別会社による運営です。

詳細は下記リンクにてご確認ください。

あなたは何番ホーム店が好み?

店名がややこしいですが、外観から分からなければ、「住よし」の名は店外ポスターなどでも発見できます。また、「住よし」運営店のスタッフは、背中に「住よし」と書かれたオレンジ色のシャツを着ていることも目印です。

お客の大半がサラリーマンですが、女性ひとりでも入りやすい、きれいで明るい店舗です。

新幹線ホーム店は朝6時から、在来線ホーム店は7時から、3・4番線ホーム店以外は21時30分まで時間しています。重たいモノではないので、朝にサクッと、おやつにササッと、小腹が空いていたら気軽に試してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/11/09−2016/11/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ